• HOME
  • 記事
  • 工具・マテリアル
  • 話題の食玩!ガンダムアーティファクト第2弾 「ジム(サンダーボルト版)」を水性塗料でサクっと塗ってみよう! 【水性塗料ペイ...話題の食玩!ガンダムアーティファクト第2弾 「ジム(サンダーボルト版)」を水性塗料...話題の食玩!ガンダムアーティファクト第2弾 「ジム(...

話題の食玩!ガンダムアーティファクト第2弾 「ジム(サンダーボルト版)」を水性塗料でサクっと塗ってみよう! 【水性塗料ペインティングLAB.】

2022.03.16

水性塗料ペインティングLAB. 月刊ホビージャパン2022年4月号(2月25日発売)

話題の食玩!ガンダムアーティファクト第2弾 「ジム(サンダーボルト版)」を水性塗料でサクっと塗ってみよう! 【水性塗料ペインティングLAB.】

製作・文/むっちょ

 安全、安心、環境にも優しくて高性能だけどまだまだ認知度が低く使っている人も少ない「水性塗料」の可能性をお届けするコーナー。水性塗料に熟知した“水性アクリルボーイ”むっちょがさまざまなジャンルのキットを水性塗料で仕上げます。
 今回は2022年1月発売となった「ガンダムアーティファクト第2弾」からジム(サンダーボルト版)をチョイス。普段からゲームミニチュアのペイントをしているむっちょにピッタリなサイズ感のアイテムをどう料理していくのか。シタデルの発色や塗分け方法に注目して見ていきましょう。

今回使用している塗料・材料

ホワイト=マットホワイト(アーミーペインター)
ブルー=ステガドン・スケール・グリーン、アーリマン・ブルー、フェンリシアン・グレイ(シタデルカラー)
イエロー=ユリエル・イエロー、ドルン・イエロー(シタデルカラー)
グレー、スミ入れ=コルヴス・ブラック(シタデルカラー)

 みなさんこんにちは! 水性アクリルボーイのむっちょです!
 今回はガンダムアーティファクト ジム(サンダーボルト版)のペイントにチャレンジしてみます! 全長約5cmほどのプラキットとなれば、ちょっと今まで慣れ親しんだミニチュアのサイズ感だぞ、って感じなので、ノリノリのペイント工程をご紹介いたします!

■驚きの超精密キット
 50パーツほどが手のひらに収まるくらいのランナーにギュッと詰まったプラ製ミニキットで、新解釈のフォルムも相まって、工作が苦手な僕はかなり腰が引けていましたが、意外とサクッと気持ちよく組み立てが出来ました。小さいパーツを細かくたくさんペイントする覚悟…みたいになっていましたが全然そんなことはなくて安心です。

■導入、新レンジ
 サンダーボルト版のジムのメインカラーは白。約5cmほどといっても、筆塗りでいい白を出すのはかなり根気と労力が必要なので、白のベタ塗りはエアブラシで行うことにしました。2021年末に登場した、アーミーペインター、ウォーペイントエアスターターセットのマットホワイトを使用しています。
 エアブラシ用に販売されている水性エマルション塗料のホワイトは実は苦手意識があり、かなりおっかなびっくりでしたが、塗料の食いつきとミストの細かさのバランスが優れていてかなりイイ感じでした。

■白以外は筆塗りで
「ここから先はミニチュアペインターの出番だぞ」とか言われた気がしたので、コツコツと筆で塗り分け、塗り込みをすることにしました。手のひらサイズよりももう少し小さい、握った手にすっぽり収まるくらいのサイズ感のモビルスーツのペイントは実際しっくりくるもんで、最後までかなり楽しくペイント出来ました!

▲グレイシーアスプレーを下地に、はみ出さないように注意しつつステガドン・スケール・グリーンをベタ塗り。4度塗りくらいできれいに発色した
▲発色しにくそうなユリエル・イエローだが、下地がホワイトなので2度塗りくらいでとてもきれいに発色
▲フチみたいなところと関節をコルヴス・ブラックで塗り分けして、だいたいの塗り分けは終了。4色で塗り分けしただけでもかなりいい感じに
▲スミ入れもコルヴス・ブラックで行った。パレットが透けるくらいにシャバシャバに薄めて使用すれば、コントロールと流し込みの間くらいの感覚でスミ入れ出来る
▲せっかくの超精密キットなので、エッジは際立たせたい。同系統の明るいカラーを使ってエッジングを行い、ディテールを目立たせた。筆の腹を使ってなぞるように、同じ角度を保って色を付けていくときれいな線が描ける
▲スミ入れも塗り分けもイイ感じに出来上がった状態をパシャリ
▲今回のこだわりポイント。頭部カメラ部分の塗装へ
▲肩と同じ青をベースで塗装
▲エッジングで使用した明るいブルーを使い、3段のレンズをイメージして描き込む
▲最後にシタデルコントラストを最上段に置いてレンズのハイライトを作った

ガンダムアーティファクト 第2弾

●販売元/バンダイキャンディ事業部●495円、発売中●約5.5cm●全5種●プラキット●ガム1個付属

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ創通・サンライズ

むっちょ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年4月号

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.14

ご購入はこちら

ガンプラが絶対にうまくなる10の製作テクニック

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー