• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 『トップをねらえ!』 「ガンバスター」 ディオラマ SMP ALTERNATIVE DESTINY 始動【山田卓司】『トップをねらえ!』 「ガンバスター」 ディオラマ SMP ALTERNATIVE DESTINY 始動【...『トップをねらえ!』 「ガンバスター」 ディオラマ ...

『トップをねらえ!』 「ガンバスター」 ディオラマ 
SMP ALTERNATIVE DESTINY 始動【山田卓司】

2021.10.28

「合体したガンバスターを、ただのマシンと思わないでよ!!」【バンダイキャンディ事業部】 月刊ホビージャパン2021年12月号(10月25日発売)

ガンバスターディオラマ

SMP新ブランドついに発売! ビジュアル重視のディオラマ仕上げ

 SMPの派生ブランドとして始動するSMP ALTERNATIVE DESTINY。その第1弾となるガンバスターが2021年11月にいよいよリリースとなる。ハイディテールかつヒロイックなアレンジの造形、部分塗装の多用により、組み立てるだけで圧巻の立体物が完成するブランドだ。それゆえ普通に組んで塗装するだけでは、作例としては弱い…。ということで、大型のディオラマとして製作した。担当は情景王・山田卓司。良好な造形を引き立てる手法のひとつとして(容易ではないものの)、参考としてみてほしい。

ガンバスターディオラマ全体
▲作例は縦50cm×横25cm×高さ47cmほど。『トップをねらえ』第5話、初めての合体を完了させ、スーパーイナズマキックで宇宙怪獣の一軍を一閃、ヱクセリヲンに着地、仁王立ちしたガンバスターを再現した
ガンバスターが跨いでいるブリッジ
▲ガンバスターが跨いでいるブリッジ。後方の水滴型の部分はスタイロフォームで基本形状を作り、エポパテを薄く伸ばして表面を覆っている。前部分はプラ板の箱組みを基本に削り込んで製作。スリットなどは市販のプラ材、アンテナ類は金属線と金属パイプの組み合わせで再現した
シリコンバリアーによる剥げ表現
▲シリコンバリアーによる剥げ表現。宇宙怪獣の攻撃に晒され続けていたことを想定して派手目にしている
ヱクセリヲンは穂先のみの再現
断面部分は内部構造、もしくは破損し傷ついたイメージを彷彿させる積層構造
▲さすがにヱクセリヲンは穂先のみの再現だが、断面部分は内部構造、もしくは破損し傷ついたイメージを彷彿させる積層構造とし、単調にならないようにしている
ガンバスターディオラマ煽り
▲塗装は全体的に青味がかったものとし、堂々と宇宙を往くイメージを強めている。猛攻に晒されたヱクセリヲンはダメージ表現を強め、合体完了直後のガンバスターは無傷の状態で仕上げている
 激戦により損傷した箇所
 激戦により損傷した箇所2
ガンバスターの足元の装甲板のめくれ

▲ 激戦により損傷した箇所はベースの二等辺三角形を切り欠き、複数の厚みのプラ板を積層したものを取り付け、その後で外装を貼ることで再現している。ガンバスターの足元の装甲板のめくれもプラ板を使っているため容易に表現できる

ガンバスターディオラマ
▲ ヱクセリヲン本体は概ねプラ板工作で製作。真上からのシルエットにあたる巨大な二等辺三角形をプラ板で切り出して、真横からのシルエットになるよう上下に直角三角形を貼り付けてベースとし、プラ板で覆うようにして外装を作った
ガンバスター後ろ
ガンバスターはほぼ素組み
▲ガンバスターはほぼ素組み。カラーモジュレーションとスミ入れにより、キットのディテールがさらに映える。変形や合体などギミック面が注目されるイメージのSMPだが、ALTERNATIVE DESTINYはこのような模型らしい仕上げもよく似合う

 今回はバンダイキャンディ事業部の「SMP ALTERNATIVE DESTINY 『トップをねらえ!』 ガンバスター」作例を作らせていただきました。
 精度の高いスナップフィット、アレンジされたシャープなディテールとモールド、良好なプロポーション、可動部も豊富でよく動く。令和の時代に相応しい内容だと思います。さらにガンバスターならではの腕組みパーツも差し替えで用意され、文句の付けようがありません。
 さて作例ですが、当初はスーパーイナズマキックで宇宙怪獣をベースに、とも考えたのですが、せっかくの腕組みパーツを活用したい、ということでエクセリヲン艦上に立つ姿を製作しました。劇中カットは艦後方まで見える真正面からの絵。作例は模型としてのバランスを考えて、ヱクセリヲン先端部にズームした形にしました。

■工作
 ヱクセリヲン船体はすべてプラ板工作。劇中ではカットごとで見え方が違うので、先端角度の調節は悩ませられました。最終的には作画よりも設定画形状を優先しています。全体は偏平な四角錐なので、まず水平部分の二等辺三角形を切り出してから直交する峰に当たる直角三角形を接着。そこに梁となる三角形を接着してから、左右船体表面パーツを貼り付けるという手順で作りました。
 破損部分は船体表面パーツを貼り付ける前に板厚の違うプラ板を積層して仕込んでおきます。
 ガンバスターは目にアクリルストーンを貼りディテールアップした以外はストレート組みです。可動の軸にアルミ線を通して固定しました。

■塗装
 ヱクセリヲンはサーフェイサーで下地塗装の後、まず全体をシルバーで塗装します。シリコーンバリアーを筆塗りしてからブルーの船体色で全体塗装し、ダメージ部分を引っ掻いて塗装剥げを表現。部分的にツヤ消しブラックで変化を付けて仕上げました。
 ガンバスターはキャラクターブルーをベースに数色混色してブルーパープルを自作して塗装。カラーモジュレーションによるグラデーション仕上げです。
 指定色が黄色の部分はガイアカラーのスターブライトゴールドを使いました。

ガンバスターディオラマ

バンダイ ノンスケール プラスチックキット SMPオルタナティブデスティニー 『トップをねらえ!』ガンバスター 使用

「合体したガンバスターを、ただのマシンと思わないでよ!!」

ディオラマ製作・文/山田卓司

SMP ALTERNATIVE DESTINY 『トップをねらえ!』ガンバスター
●販売元/バンダイキャンディ事業部●8250円、11月予定●約24cm●プラキット●ガム1個付属

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒBANDAIVISUAL・FlyingDog・GAINAX

山田卓司(ヤマダタクジ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年12月号

ご購入はこちら

スーパーミニプラ大全

ご購入はこちら

スーパーミニプラ大全2

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー