• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • PMCエグゾに各種武装を施した『OBSOLETE』ディオラマ「EP4 LOEWNER」【コジマ大隊長】PMCエグゾに各種武装を施した『OBSOLETE』ディオラマ「EP4 LOEWNER」【コジマ大隊長】PMCエグゾに各種武装を施した『OBSOLETE』ディオラマ「...

PMCエグゾに各種武装を施した『OBSOLETE』ディオラマ「EP4 LOEWNER」【コジマ大隊長】

2021.09.08

EP4 LOEWNER 【グッドスマイルカンパニー 1/35】 月刊ホビージャパン2021年10月号(8月25日発売)

EP4LOEWNERディオラマ

 民間軍事会社サーベラス警備保障が運用する、セキュリティー用特殊装備エグゾフレームが、2021年5月に1/35スケールでMODEROID化。外装を新規金型で再現した、この最新キットにスクラッチによるガトリング装備を加えた機体とともにディオラマ化。EP4「LOEWNER」をもとに迎撃戦後のワンシーンを切り取っている。

エグゾ背面
EP4LOEWNERディオラマ全体
▲テロリストの潜水用エグゾフレームに襲撃を受けた中東沿岸の石油関連施設。その護衛任務に就く民間軍事会社(PMC)サーベラス警備保障のエグゾフレームとの激闘を描いたEP4「LOEWNER」をイメージした作品。ディオラマサイズはおよそ横26×縦21×高さ22cmほどとなっている
ベースをカット
バリケードはブロックに
茶封筒と網戸巻き

▲ベースはスタイロフォームの積層をスチロールカッターでカットして形作り、バリケードはスタイロフォームのブロックに、網戸の補修材と細く切った茶封筒を巻き付け、網戸の帯でぐるっと巻いて仕上げている

ベースの木枠組み
▲ベースは板材を組み合わせた木枠で囲み、木枠はオイルステインのマホガニーで着色し、しっとりした色合いに
ガトリング砲M61A1
給弾ベルト3D出力
給弾ベルト
バルカンはフロントアーマーのダボを利用して接続している

▲20mmガトリング砲「M61A1」はアカデミーのM163バルカン対空自走砲を使用。給弾ベルトは3D CADで設計し、約70コマを3D出力。タミヤのパイピングケーブルを通して繋げている。バルカンはフロントアーマーのダボを利用して接続している

エグゾ横
ドラム弾倉

▲背部のドラム弾倉は、MGボールVer.Kaの腕の付け根パーツに樹脂製の計量スプーンで蓋をして製作した

EP4LOEWNERディオラマ横
エグゾ横2
省略されている赤いケーブルを追加
ふくらはぎの穴をプラ板で埋める

▲各エグゾフレームはフック類をピアノ線に作り替え、省略されている赤いケーブルを追加、ふくらはぎの穴をプラ板で埋めるなどの定番工作を行っている

手持ちの重機関銃はタミヤの武器セットから
ゴーグルのフレーム

▲ゴーグルのフレームは一部キットのものを活かしつつ前面はプラパイプやプラ棒でスクラッチ。レンズ部分は市販パーツでそれらしく作っている。手持ちの重機関銃はタミヤの武器セットから弾帯を流用して貼り付けた

フィギュアはマスターボックスの傭兵フィギュア
フィギュアはマスターボックスの傭兵フィギュア2

▲フィギュアはマスターボックスの傭兵フィギュアを使用。若手のほうはキット付属のパイロットフィギュアの頭部を移植。もうひとりはパテでノースリーブからTシャツ姿に小改造している

散らばった薬莢
薬莢は3Dモデル
倒れエグゾ

▲各所に散らばった薬莢は3Dモデルで、12.7mmと30mmの2種類を量産。2種を混ぜて散りばめている

 サーベラス社のPMC仕様エグゾフレームは、さまざまな追加装備の展開が魅力的なアイテム。ヘリからの吊り下げやホバー装備なども含め、どのシーンを再現するか検討した結果、ガトリング装備のバング3と近接警備のバング1と8を仮設陣地に配し、上陸してきたテロリスト迎撃戦がもっともこの機体が活躍する場面であると考えて選択しました。

■バング3
 アカデミーのM163バルカン対空自走砲を使用。砲塔部分はM61バルカン砲が剥き出しのためそのまま流用。さすがにサイズ感も設定にピッタリで一気にテンションが上がります。 背部のドラム弾倉はMGボールVer.Kaから腕の付け根パーツがちょうどいい直径なので流用。樹脂製の計量スプーンの曲面で蓋をして製作しました。課題は給弾ベルトなのですが、今回は3D CADで1ブロック分を設計し、約70コマ出力したものをタミヤのパイピングケーブルを通して繋げ、柔軟な給弾ベルトの完成です。また、派手に巻き散らかされた30mm弾の薬莢も3D出力。約400発使って激戦の痕跡を再現しています。

■バング1、8
 フック類のモールドはいったん削り落としてピアノ線で再生。ゴーグルのレンズは支持棒だけ使ってプラパイプでスクラッチ、合わせ目が見えない造形に修正しています。
 露出している素体には省略されている赤いケーブルを追加し、ふくらはぎの穴もプラ板で塞ぐなどの定番改修を行っています。

■その他
 潜水用エグゾフレームは基本改修は一通り行ったうえで、バルカンで被弾したコクピット付近にリューターで弾痕を入れています。プラパイプやジャンクパーツで持ってきた粗製爆弾のタンクを転がして、無念なポーズで寝かせています。
 マスターボックスの傭兵フィギュアを使用。若手のほうはキット付属のパイロットフィギュアの頭部を移植。髭のほうがたぶん隊長なので、パテでノースリーブからTシャツ姿に小改造しています。

■バリケードと地面
 ホームセンターで売っている網戸の補修材を金網に見立てて、スタイロフォームのブロックに茶封筒をカットした紙を巻き付け、網戸の帯でぐるっと巻いて仕上げています。中身の砂利は水槽に入れるゼオライトという小石を、そのままほぼ無塗装で使いました。地面はスタイロフォームで、大まかな起伏を造形して表面に着色したシーナリープラスターを塗布。変化づけのためサンドカラーやグリーン系のパウダーを所々撒いています。

EP4 LOEWNER

グッドスマイルカンパニー 1/35スケール プラスチックキット“MODEROID”PMCサーベラス社エグゾフレーム使用

EP4 LOEWNER

ディオラマ製作・文/コジマ大隊長

MODEROID PMCサーベラス社エグゾフレーム
●発売元/グッドスマイルカンパニー●2300円、発売中●1/35、約8.5cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⒸPROJECT OBSOLETE

コジマ大隊長(コジマダイタイチョウ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年10月号

ご購入はこちら

OBSOLETE モデリングマニュアル

ご購入はこちら

OBSOLETE研究報告書

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー