HOME記事工具・マテリアル水性塗料でソフビキットを塗装できる!?アクリルガッシュ&U-35アクリリックスの上手な使い方【ターナーアクリル通信】

水性塗料でソフビキットを塗装できる!?アクリルガッシュ&U-35アクリリックスの上手な使い方【ターナーアクリル通信】

2024.01.17

ターナーアクリル通信#006 月刊ホビージャパン2024年2月号(12月25日発売)

 最近話題の塗料「アクリルガッシュ」について、塗り方からプラモへの使い方まで教えてくれるコーナー。アクリルガッシュのメーカー、ターナー色彩協力のもと、基本的な使い方、模型への活用方法をご紹介しましょう。今回はソフビキットへの塗装を行います。ソフビキットには塗料の相性があり、エナメル塗料などを使うと時間経過で表面がベタついてしまうなど、プラモデルとは違った注意点があります。ソフビ専用の「ブイ・カラー」もありますが、アクリルガッシュをはじめとした一部水性塗料でもプラモデルと同じように塗装可能です。ここではアクリルガッシュ、U-35 アクリリックスを使い、発色の高さと透過性の特徴を利用したワンポイントのテクニックも織り交ぜて塗装してみました。

\ 教えてくれる人 /

むっちょ

 水性アクリルボーイこと、モデラーのむっちょがアクリルガッシュについて教えてくれました。連載「水性ペインティングLAB」でも活躍中!

アクリル絵の具「U-35 アクリリックス」とは?

U-35の画像

 本連載のアクリルガッシュと同様にターナーが発売するアクリル絵の具です。アクリルガッシュとの違いは透明度の高い塗料で、下地に影響される発色となる点。その都度応じて各種のメディウムを加えることで、マットや光沢などさまざまな表現が可能です。

●発売元/ターナー色彩●297円〜、発売中


ニホンザルの画像
▲ 海洋堂ホビーラウンドで発売中のニホンザルのソフビキットを使用。今回はエアブラシでのベース塗装と筆のレタッチで仕上げてみます
ニホンザルをU-35で塗装している画像 その1
▲ 全体にニュートラルグレー7を塗布し、顔周りと手足の影にU-35のグラファイトグレーを塗装し立体感を出します
ニホンザルをU-35で塗装している画像 その2
▲ ニホンザルなので、顔は赤で。U-35のライトマゼンタで基本塗装
ニホンザルをU-35で塗装している画像 その3
▲ 顔の影になる部分はより赤くなる印象だったので紫色が入ったU-35のキナクリドンマゼンダを奥の部分に塗装します
ニホンザルをU-35で塗装している画像 その4
▲ サルの茶色い毛は水気多めのU-35イエローオーカーにてウォッシングのようにざっくりと塗装。モールドへ自然と塗料が溜まります
ニホンザルをU-35で塗装している画像 その5
▲ 毛並みのハイライトを出す塗装テクニック。はじめにアルコール系シンナーを軽くスプレーします
ニホンザルをU-35で塗装している画像 その6
▲ スプレーした部分をキッチンペーパーで軽く拭き取ります
ニホンザルをU-35で塗装している画像 その7
▲ モールド部分に残った塗料はそのままで、凸部分のみ下地のグレーが見えてきます
ニホンザルをU-35で塗装している画像 その8
▲ 拭きすぎてしまった部分や、影の部分は適宜塗料を乗せて陰影を作ります
ニホンザルをU-35で塗装している画像 その9
▲ 最後に目を描き込んで完成です
ニホンザルをU-35で塗装した画像
▲ アクリルガッシュとU-35アクリリックスでもソフビキットに塗装できました。ツヤ消しの水性トップコートを最後に吹けば塗膜も丈夫に仕上がります

四万十ファクトリー ニホンザル ソフビキット

●発売元/海洋堂●3000円、発売中●約30cm●ソフビキット


▼ 関連記事はこちら

©️ KAIYODO

このイベントが気に入ったらシェアしてください!

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2024年2月号

ご購入はこちら

水性塗料筆塗りの教科書

ご購入はこちら

凄腕モデラーのプラモ筆塗りスタイル

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー