• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 『水星の魔女』第1話のエアリアル対ディランザの決闘をディオラマで再現【機動戦士ガンダム 水星の魔女 もっと楽しむガンプラ!】『水星の魔女』第1話のエアリアル対ディランザの決闘をディオラマで再現【機動戦士ガンダム 水星の魔女 もっと楽しむガンプラ!】『水星の魔女』第1話のエアリアル対ディランザの決闘をディオラマで再現【機動戦士ガンダム 水星の魔女 もっと楽しむガンプラ!】

『水星の魔女』第1話のエアリアル対ディランザの決闘をディオラマで再現【機動戦士ガンダム 水星の魔女 もっと楽しむガンプラ!】

2023.06.18

“魔女と花嫁”【BANDAI SPIRITS 1/144】 月刊ホビージャパン2023年7月号(5月25日発売)

『水星の魔女』第1話のエアリアル対ディランザの決闘をディオラマで再現【機動戦士ガンダム 水星の魔女 もっと楽しむガンプラ!】
水星の魔女第1話のエアリアル対ディランザの決闘を再現したディオラマ“魔女と花嫁”のイメージカット

“動かない”から“動かせる”!? 名シーンをディオラマで再現!

1シーンを切り取る「ディオラマ」で第1話の魅せ場を立体化!

 今回お届けするのは、複数のモチーフとベースで構成される「ディオラマ」の作例。『水星の魔女』第1話より、ラストの決闘決着シーンを再現した。基本的にガンプラは各関節が可動し、さまざまなポージングが取れるように設計されているが、この作例ではそれを敢えて固定して製作。破壊され四散したディランザや、ビームサーベルを一閃させたエアリアルなど、固定モデルだからこその躍動感や臨場感を表現している。アニメ劇中のシーンをそのまま再現するには、ディオラマはもっとも適した手法と言えるだろう。ベースの製作やダメージ加工も合わせて解説しているので、ぜひ製作にチャレンジしてみていただきたい。

“魔女と花嫁”全体画像
▲ディオラマ全景。サイズは幅35cm×奥行き26cm×高さ(ディランザ頭部まで)19cmほど。第1話の描写を観察し、ディランザにダメージ加工を施して配置。エアリアルもほぼ固定だが、首などは可動を残しており、アングルに応じて微調整できるようにしてある
“魔女と花嫁” ディランザ方向からの画像1
“魔女と花嫁” ディランザ方向からの画像2

▲ディランザをより立体的に魅せるため、ベースに起伏を付け、斜面に各パーツを拡散させるように配置。パーツ同士が被らず、多くの要素が目に映るよう計算している。アングルによって見え方が大きく変わり、作品としてもより魅力的に

ガンダムエアリアルの全体画像
▲エアリアルはほぼストレート組み。左手はHGガンダムAGE-1の平手を流用。手首の軸を切り離して角度を変更し、ビームサーベルを振りぬいたあとの添え手にしている。こういった細かな演技も固定モデルだからできる表現だ
太モモ、ヒザアーマー、肩アーマーなどのパーツ1
太モモ、ヒザアーマー、肩アーマーなどのパーツ2
太モモ、ヒザアーマー、肩アーマーなどのパーツ3
太モモ、ヒザアーマー、肩アーマーなどのパーツ4

▲太モモ、ヒザアーマー、肩アーマーなどは合わせ目を消し、塗装のために後ハメ加工。グレーのガンビットは肉抜きを埋めた

ディランザのツノと羽飾り
ディランザの羽飾り用の羽

▲ディランザの羽飾りは100円ショップの素材を使用して再現した。劇中ではほぼすべて千切れ飛んでしまうが、印象深い要素のため敢えて残すアレンジに。半分ほど切り落として劇中描写も盛り込んでいる

 キミにもできる!? ベース製作法

製作途中の“魔女と花嫁”
▲今回のベースの製作手順。主要素材はホームセンター等で買える断熱材のスタイロフォームを使う。まず2体を仮置きしてレイアウトとポーズを検討しつつ、ディオラマのサイズや起伏を決定
“魔女と花嫁”の土台となる発砲スチロール
発砲スチロールを削りディランザとエアリアルを乗せた画像

▲起伏を付けるところはスタイロフォームを積み上げて接着。これを発泡スチロールの加工などに使うニクロムカッターで削って岩肌にしていく。随時MSを配置して様子を見ながら凹凸を付ける

削った発砲スチロール(ベース)
▲ベースの土台が形成できたら、ワイヤーブラシなどで表面を擦って雰囲気をつけ、さらにヒートガンを当てて表面を軽く溶かすとより地面らしくなる
ベースに塗る塗料
塗料を塗ったベース

▲鉄道模型素材のシーナリープラスターに、水と木工用ボンドを加え、水性塗料で地面のベース色に着色したものを塗布。乾燥させたら基本部分は完成だ。雪原や砂肌が表現できるディオラマ用塗料も売られているので、それらを活用するのもアリ

ドライブラシで塗装したベース
▲今回はシーナリープラスターの乾燥後、水で薄めた灰色の水性塗料でウォッシング。さらにドライブラシでメリハリをつけている
エアリアルの足元にマイクロファイバーの綿を付け、土煙を表現した画像
▲エアリアルの足元の土煙は、手芸用のマイクロファイバーをほぐし、着色して使用。普通のガンプラ製作では使わないような素材を活用するのも、ディオラマ製作の醍醐味だ

 ディランザのダメージ加工

破壊されたディランザの全体画像
破壊された足パーツ画像
破壊された肩、腕パーツ画像
破壊された股関節の付け根パーツ画像
破壊された手パーツ画像
切断面に着色している画像
▲本編作画では断面に内部フレームのようなものが見える。近い形状のパーツを見繕い、切断部分に埋め込んでこれを再現。断面はハンダごてで溶かしている。本体色を塗ったあとにオレンジの塗料をスポンジで断面に塗れば、ガンビットに溶断されたダメージ痕が完成!
完成したディオラマの画像

 第1話でグエルのディランザを瞬く間に倒したエアリアルの姿は、『水星の魔女』ファンの皆様がこの作品に没入するきっかけとなった名シーンではないでしょうか?
 今回はHGの2体を使って、このシーンの作例を担当させていただきました。以下製作解説となります。

■ガンダム・エアリアル
 キットが秀逸で関節もよく動くためポージングの自由度が高く、いい演技をしてくれます。太モモの裏側や肩の一部に合わせ目が出てしまうため、これら消して後ハメ加工。ガンビットの接続用の穴や肉抜きを丁寧に埋めてやることで固定ポーズでの見映えを整えました。
 ビームサーベルに添えている左手はHGガンダムAGE-1ノーマルから平手を拝借し、甲のディテールをエアリアルのそれに合わせています。

■ディランザ(グエル専用機)
 合わせ目等の基本的な処理を行ったのち(罪悪感に苛まれながら)、レザーソーで四肢をカット。太モモやフロントアーマーにはフレームと思しきブロックを流用パーツで仕込み、電気コテで切断面を溶かして表現しました。印象的な羽根飾りは100円ショップで見つけた実際の羽に置き換えています。
 基本色を塗装後、フラットブラックで切断面内部を塗りつぶしてから、オレンジに蛍光オレンジを混ぜた塗料をスポンジに含ませてポンポンと塗っていくと、溶けたディテールの表面にだけ鮮やかなオレンジが残り、高温の熱で溶けた断面が表現できます。
 各パーツは死角となる部分を選んで0.5mm~1mmの真鍮線を刺し、ベースに設置しています

■ベース
 材料は定番のスタイロフォーム、これを二クロムカッターで削り取り大まかな起伏を作ります、特にディランザ側には支柱の真鍮線が見えにくくなるよう、細かな嶺を意図的に作って目隠しとしておきます。表面にはKATOのシーナリープラスターに水と木工用ボンドを加え、水性塗料で地面のベース色をつけたものをハケでペタペタと塗り、乾燥後にニュートラルグレー→バフでドライブラシをかけて荒々しい表情を強調しています。
 エアリアルの足元には土煙の表現で、ぬいぐるみの中に詰めるマイクロファイバーという綿状の繊維を適宜ほぐして軽くバフで着色、スプレーのりを噴霧して地面に固定しています。

■カラーレシピ
[エアリアル]
白=ニュートラルホワイト
青=アイスコバルトブルー→ミリオンブルー
黄=橙黄色→マイルドオレンジ
赤=マホガニー+ブライトレッド
関節=メカサフ ヘヴィ
[ディランザ]
紫=焔小豆+純色マゼンタ+ライラックピンク
グレー=ブラックグリーン
緑=オーラグリーン
白=ニュートラルグレー1

BANDAI SPIRITS 1/144スケール プラスチックキット “ハイグレード”ガンダムエアリアル & ディランザ(グエル専用機) 使用

“魔女と花嫁”

ディオラマ製作・文/コジマ大隊長


この記事が気に入ったらシェアしてください!

©︎創通・サンライズ・MBS

コジマ大隊長(コジマダイタイチョウ)

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2023年7月号

ご購入はこちら

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』ガンプラビギナーズガイド

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.9

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー