HOME記事ガンダム全塗装しないクリアカラー版「MG ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka」秘儀“ゲート跡隠し”&デカールの綺麗な貼り方を伝授!

全塗装しないクリアカラー版「MG ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka」秘儀“ゲート跡隠し”&デカールの綺麗な貼り方を伝授!

2023.03.01

クリアーのプラモはデカールでもっと美しくなる!/ガンダムベース限定 ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka[クリアカラー]【BANDAI SPIRITS 1/100】 月刊ホビージャパン2023年4月号(2月25日発売)

全塗装しないクリアカラー版「MG ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka」秘儀“ゲート跡隠し”&デカールの綺麗な貼り方を伝授!

 前回は、フレームを金属色で塗るところまで解説

 透け感を最大限に活かした全塗装しない仕上げ方 

クリアカラー版「MG ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka」を“全塗装しない”で美しく作る!

  クリアーカラーの透け感を活かしながら艶やかさと情報量をUP!! 今回のお題は「クリアーカラー」のプラキット。組み立てるだけで透明感[…]


クリアーカラーの透け感を活かしながら艶やかさと情報量をUP!!

 今回のお題は「クリアーカラー」のプラキット。組み立てるだけで透明感のある美しい仕上がりになり、MGやRGとなれば外装越しに透ける内部フレームが特に魅力的なプラキット。限定品をお土産として買ったことがある人も多いのではないだろうか。今回はクリアーカラーの透け感を最大限に活かした、全塗装しない仕上げ方をご紹介する。製作は、月刊ホビージャパン連載「月刊工具」でも活躍中のけんたろうが担当。ゲートカットからデカールのきれいな貼り方まで今日から真似したくなる技をたくさん解説してもらった。

製作・解説/けんたろう

◎ゲートの処理はいつも以上に丁寧に!
◎パールコートで一気に質感UP!
◎デカール貼りで、ゲート跡隠しと情報量UPの一石二鳥!


⑪ゲート跡をごまかす方法

▲ゲートの処理に失敗はつきもの。写真のように、目立つ部分で失敗してしまうことも…。ここではそんな失敗のリカバリー方法を教えよう
▲激しい白化のタッチアップは、同じ色のクリアーカラーを塗ることで多少軽減できる。エナメル塗料のクリアーブルーを塗布してみよう
▲適量を上から塗ったことで白化をごまかすことができた。これとは別に、フィニッシュシートやデカールを貼ることで白化をごまかす手段がある
▲デカールは箔押し加工のものを使用する。模型店では、こうした箔押しの特別感あふれるデカールを販売している。すでに持っている皆さんは、いまこそ使うべきときだ
▲白化した箇所にデカールを貼ってうまくごまかしが成功した。ゲート跡にデカールを貼ることで、情報量を増やしながら見せたくない部分を隠すという二重の役割を一気に果たすことができる

⑫水転写式デカールのきれいな貼り方

▲まず台紙から使いたいデカールを切り離しておく。貼りたいパーツと貼りたい場所を決めたら、デカールを水に浸けよう
▲デカールを水にくぐらせてデカールの部分が台紙から浮くのを待つ間、貼りたい場所に「デカールのり」をつけておく
▲デカールが台紙から浮いて動くようになったら、デカールのりを塗った場所にピンセットなどを使って台紙から移動する
▲少し水を含ませた綿棒で余分な水分を取る。綿棒を擦るとデカールが動いてしまうため、強い力をかけないように転がすのがポイントだ
▲いい感じにデカールが貼れた! 慣れるまでどんどん作業を繰り返し、貼っていこう。ほどよいところで完成とするのもよいだろう
▲パーツの表面の状態やデカールの硬さによっては、デカールが表面で浮いている状態になることがある。浮いたデカールは光の反射でギラッと光るため、これをシルバリングなどと呼ぶが、これも対処する方法がある
▲「マークセッター」はデカール自体を軟化し、さらにのり成分を足してデカールを密着させるアイテムだ。シルバリングの部分に塗ると、もう一回デカールが動くので、また綿棒を転がして水分を取ろう
▲これでデカールの反射がなくなった。マークセッターを使えばデカールが柔らかくなるが、そのぶん弱くなるため、扱いには注意が必要。最後に、保護のためにクリアーを吹くとよい

XXXG-00W0 WING GUNDAM ZERO

▲ネオバード形態の大気圏内モード。乳白色のクリアーと、追加で簡単に吹いたパールコートがよく映えている
▲蛍光塗料でスミ入れを行ったため、ブラックライトで照らすと有機的な羽のシルエットが幻想的に浮かび上がる
▲もちろんコクピットハッチもオープンする。クリアーカラーのヒイロがチラリと覗く
▲各所にデカールを配置することで自分なりに密度感を調整できるため、よりプラキットらしい自分だけの作品を仕上げることができる

 ガンプラのスペシャルな限定版アイテムの定番といえば? そう、クリアーカラーキット。内部が見えるスケルトンな姿もよし、麗しいクリスタル感もよし。メッキのキットも定番ですが、MGのクリスタルバージョンを食べて育った身なので私はクリアーのほうが好きです。
 クリアーカラーキットは、なんなら組んだだけで完成、全身塗らなくていいという観点で見ると実に「完成させやすい」キットです。手を入れる場合でも、プラキット製作の中盤をスキップして、いきなりクライマックスを楽しめます。
 やりたいことだけやる、そんな美味しいアイテムとして選んだのはガンダムベースでおなじみクリアーカラーキットの「MG ウイングガンダムゼロ EW Ver.Ka」。ガンダムベースのお土産として買った、あの日の思い出を強化しようではありませんか。
 基本的な工作は途中写真をご覧いただくとして、やはり基本に忠実、丁寧に作業することが一番ゲート跡の白化を防ぎます。あとは切れ味が良いニッパーがあると助かります。スミ入れをしすぎると透明感を損なうことがあるので、あえて翼だけに施してあとはデカールに託します。デカールもほどほどで貼りたい部分だけ。とにかくやりたいことだけやり尽くす、それだけでもクリアーカラーキットはどんどん輝きを増していきます…!
 今回の作り方はもちろんメッキのキットでも有効です。デカールの乗りはクリアーカラーキットより良いかも。これらのお土産スペシャルキット、ヘビーな模型の合間にライトな模型を組みたいあなたにまさにオススメしたいアイテムです。

BANDAI SPIRITS 1/100スケール プラスチックキット “マスターグレード”

ガンダムベース限定 ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka[クリアカラー]

製作/けんたろう

Ⓒ創通・サンライズ

このイベントが気に入ったらシェアしてください!

けんたろう

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2023年4月号

ご購入はこちら

ガンダムウェポンズ 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光編

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.6

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー