• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 「MGインフィニットジャスティスガンダム」をMGEXに並び立てるようアップデート!「MGインフィニットジャスティスガンダム」をMGEXに並び立てるようアップデート!「MGインフィニットジャスティスガンダム」をMGEXに並...

「MGインフィニットジャスティスガンダム」をMGEXに並び立てるようアップデート!

2023.01.21

ZGMF-X19A インフィニットジャスティスガンダム【BANDAI SPIRITS 1/100】●TONKA 月刊ホビージャパン2023年2月号(12月23日発売)

「MGインフィニットジャスティスガンダム」をMGEXに並び立てるようアップデート!

MGEXに並び立てるアップデートを施した“無限の正義”

インフィニジャスティスガンダム特撮

 ストライクフリーダムガンダムに続いて登場するのは、作中で同機と双璧を成すアスランの機体「インフィニットジャスティスガンダム」。MGは2008年発売というベテランの域に入りつつあるアイテムだが、劇中のヒロイックな印象を再現できる可動と造形を併せ持つ名キットである。TONKAによる作例では、MGEXストライクフリーダム(以下MGEX)のディテールに合わせたアップデートを敢行。違和感のない並び立ちが実現できるよう、全身にわたってハイディテール化を行っている。一方で関節構造はほぼ無改造となっており、ベースキットの高い底力も感じられる作例となっている。


インフィニジャスティスガンダム
▲プラントで設計されたデータを「ファクトリー」が奪取して建造した機体で、アスラン・ザラの搭乗とストライクフリーダムとの連携が前提となっている。背面に背負ったリフター「ファトゥム-01」は機首部と主翼にビーム刃を形成、突撃させることで戦艦すら撃沈できる
インフィニジャスティスガンダム後ろ
インフィニジャスティスガンダムグリフォンビームブレイド
▲ファトゥム-01と並んで本機の代名詞とも言えるのが脚部のグリフォン ビームブレイド。ビーム刃を発しながらの蹴りで相手を両断する。MGもこの蹴りの再現を命題にしており、股関節だけでなくサイドアーマーも独自の構造とすることで脚を大きく跳ね上げることが可能となっている。そのアクション性能は15年近く前のキットであることをまったく感じさせない
インフィニジャスティスガンダムビームシールド
インフィニジャスティスガンダムグラップルスティンガー

▲シュペールラケルタ ビームサーベルは連結が可能。盾はビームシールドを発するほか、そのままビームサーベルにもなるシャイニングエッジ ビームブーメラン、敵機を捕縛するグラップルスティンガーを搭載した複合兵装である。ファトゥム-01も含むその武装の多彩さは、まさしく全身これ武器といった趣き

インフィニジャスティスガンダムbeforeafter
▲素組みとの本体比較。肩アーマーやフロントアーマーが目に見えて変化しているが、よくよく見比べれば凹凸ディテール追加や金属パーツの導入、フィニッシュシートの貼り込みなど、手が入っていない箇所がほとんどないことがおわかりいただけるだろう
インフィニジャスティスガンダムファトゥム01

■SEEDのMGはスゴイ出来!
 今回のお題はMGインフィニットジャスティスガンダム。キット発売の2008年10月から14年が経っており、作例もたくさんあるかと思いますが、今回はMGEXストライクフリーダムガンダムのプロポーションやディテールに近づけるという内容となっております。
 キットはスタイリッシュなフォルムが印象的ですが、作例は頭身の短縮と脚部周辺のアウトラインにボリュームを持たせてグラマラスな印象へ変えています。
■頭部
 後頭部を横幅で1.5mm、後方へ1mmそれぞれ延長。頬を内部よりスリットを入れて角度を調整しています。
■腕部
 腕付け根を1mm短縮し、上腕のボリュームアップで力強い印象へ。肩のダクトを形状変更して分割装甲を表現しています。
■胸部
 胸先端パーツを丸みのある形状からエッジの立った形状へ変更。胸を1mm前方へボリュームアップして、特徴的なグリーンのパーツを大型化しあえて光沢仕上げとしています。
■腰部
 大型化も兼ねてフロントアーマーを分割して内部装甲を追加、股間のダクトをスクラッチにて形状変更しました。
■脚部
 すらっとした足周りを大きく変更するため、ふくらはぎをくさび状に切り開いてラインを変更、空いた隙間をプラ板で補強し、隙間にシアノンを充填して整形しています。この加工に伴って太モモの股関節側を1.5mm短縮しつつボリュームアップ。つま先を角度変更とともに短縮してバランスを調整しました。内部フレームは1度切り離し角度を変更して白いパーツにメリハリを持たせています。アンクルアーマーは後部をスクラッチして大型化。
■塗装
 フレーム色はMGEXに合わせて3色になるよう①暖色のチタンシルバー②寒色のフレームメタリック2 ③アクセントとしてメタルパーツ等のメッキ色で構成しています。
 メインカラーの赤は彩度を落として重厚感ある色合いにしました。
 赤1=MSシャアレッド+ホワイト+蛍光レッド少々
 赤2=MSシャアレッド+マゼンタ+ローズディープレッド
 白1=クールホワイト
 白2=ニュートラルグレーⅠ
 黒1=ストームブラックブルー
 黒2=ニュートラルグレーⅤ
 紫=マルーン+パープル+ホワイト+蛍光レッド少々
 黄=らいとおれんじ
 銀=シルバー
 グリーン部=下地 スターブライトジュラルミン
 上塗=蛍光イエローグリーン
 フレーム1=チタンシルバー
 フレーム2=フレームメタリック2

BANDAI SPIRITS 1/100スケール プラスチックキット “マスターグレード”

ZGMF-X19A インフィニットジャスティスガンダム

製作・文/TONKA

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒ創通・サンライズ

TONKA(トンカ)

関連書籍

ホビージャパン23年2月号

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.17

ご購入はこちら

ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムSEED編

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー