• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 『ガン×ソード』の主役機「ダン・オブ・サーズデイ」が初のプラキット化! クリアーパーツ接着を目立たなくする攻略法も!『ガン×ソード』の主役機「ダン・オブ・サーズデイ」が初のプラキット化! クリアーパ...『ガン×ソード』の主役機「ダン・オブ・サーズデイ」...

『ガン×ソード』の主役機「ダン・オブ・サーズデイ」が初のプラキット化! クリアーパーツ接着を目立たなくする攻略法も!

2023.01.18

ダン・オブ・サーズデイ【グッドスマイルカンパニー】 月刊ホビージャパン2023年2月号(12月23日発売)

クリアーパーツを生かした美しい仕上がりを目指す

 TVアニメ『ガン×ソード』に登場する、主人公のヴァンが操るヨロイ「ダン・オブ・サーズデイ」がMODEROIDから初のプラキット化! 蛮刀の分離ギミックや、一部パーツの差し替えによる刀状態への変形など、プレイバリュー満載のキットとなっている。かいんによる作例では、クリアーパーツの接着や塗装、後ハメ化を丁寧に行うことで完成度を高めて製作している。

▲惑星EIにおいてもっとも初期に作られた7体のヨロイ「オリジナル7」の1機。立ち姿もバッチリ決まる
▲G-ER流体制御システムを再現するため各所に採用されたクリアーパーツが美しい。頭頂部の縦長いセンサーのような部分は「ラピーテープ青+偏向シート+UVレジン」を使用し、見る角度によって色に表情が付くように製作
▲キットに付属する接続用パーツを使うことで刀を腕部にマウントすることが可能。作例ではネオジム磁石で接続ができるよう工作している
▲腕部は写真のようにクリアーパーツを切断することで後ハメ化している。参考にする際は割れたりヒビが入らないように注意!
▲クリアーパーツの接着は、接着面が密着すると目立ちにくい。今回はクリアーランナーを流し込み系接着剤で溶かしたものを自作して、接着に使用した
▲ケーブルと本体をつなぐ接続部分の露出をパテで埋め、同じく足首パーツもパテで埋めつつ見映えを向上させた
▲特徴的なスラっとした後ろ姿が見事に再現されたキットとなっている
▲THEシンプルスタンドを使えば空を舞うようなアクロバティックな動きも再現できる
▲ウェイクアップ…ダン!の掛け声で空から降ってくる際に印象的だった大剣形態にも差し替えパーツを使用することで再現できる。頭部と胸部のパーツを差し替え、大きい刀パーツを足で挟み込むかたちで変形する
▲軟質素材のケーブルがつながった装甲は腕と連動して動くため、このように大きく腕を曲げたポーズも楽しめる
▲蛮刀は差し替えパーツを使用することで、刀を2本に分離して装備することができる

■はじめに
 今回はわたし自身が大ファンである『ガン×ソード』の主役機である「ダン・オブ・サーズデイ」を製作させて頂きました。17年の時を経て、ダンのプラモが手に入るようになったのはファンとして胸熱です。
 首が長めでなで肩のスラリとした劇中のイメージが再現されていて、非常にカッコイイ! パーツの付け替えなどがあるものの、大剣モードにも変形できます! ただ塗装をして完成させるとなると、挟み込みやマスキングをしたまま工作を進める必要があったりして、なかなか頭を使うことになりました(泣)。そして、G-ER流体制御システムを見事に再現したクリアーパーツは嬉しくも、さらに頭を悩ませることに…。

■工作
 前腕のクリアーパーツは後ハメ化。ヒジ関節とヒザ裏のクリアーパーツはマスキングして挟み込んで処理しました。ヒザ前方のパーツは軸を切ることで簡単に後ハメが可能になりました。太モモの合わせ目はディテールとして仕上げました。刀は肉抜き穴にギターの弦を埋めることでディテールアップをしました。クリアーパーツの合わせ目は、完全に消すのは不可能に近いので、より目立ちにくくするための工作と塗装を施しました。

■クリアーパーツの接着
 クリアーパーツの接着は、普通の合わせ目よりもしっかり隙間無く密着させる必要があり、かつ隙間はキットと同じ色味の樹脂で満たされることが理想でした。そこで今回は、キットのクリアーランナーを流し込み系接着剤で溶かしたもので接着しました。上手くいけばこれでほぼ合わせ目は見えなくなるのですが、どうしても上手く行かない部分も出てきます。その際はその部分を再び削り、先ほどの接着剤をパテ代わりに使用し、再度整形します(厚塗りせず、乾燥させながら薄く何回かに分けます)。

■クリアーパーツの塗装
 まずは最終着地点とする色味に近い色をクリアーカラーで調色します。今回はGSIクレオスのGXディープクリアブルーおよび同レッドで暗いクリアーの紫を用意しました。これをカラー1とし、これに普通のクリアーを加えて色味を薄くしたものをカラー2とします。合わせ目付近には色の濃いカラー1を吹きつけ、合わせ目の違和感を隠すように境界をボカしながら塗装します。その後、全体のクリアー感を残しつつツヤを与えるようカラー2で塗装します。これにより隠したいところを隠蔽しつつ、クリアーパーツの透け感を維持して塗装ができます。手首の軸や肩内部の関節パーツはソリッド成形ですが、カラー1を少し厚めに吹くことで、他のクリアーパーツと違和感の無いように仕上げました。

■塗装レシピ
白=アルティメットホワイト+グランプリホワイト
グレー=ミディアムブルー+黒
刀身=グラファイトブラック
刃=チタンシルバー

グッドスマイルカンパニー ノンスケール プラスチックキット
“MODEROID”

ダン・オブ・サーズデイ

製作・文/かいん(firstAge)

MODEROID ダン・オブ・サーズデイ
●発売元/グッドスマイルカンパニー●6500円、2023年1月予定●約19cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ

かいん(カイン)

関連書籍

ホビージャパン23年2月号

ご購入はこちら

MODEROID メカモデリングカンパニー

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2023年1月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー