• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 【水星の魔女】グエル搭乗機「ダリルバルデ」を製作! 劇中で破損した右肩のスクラッチや簡単な部分塗装の方法なども解説!【水星の魔女】グエル搭乗機「ダリルバルデ」を製作! 劇中で破損した右肩のスクラッチ...【水星の魔女】グエル搭乗機「ダリルバルデ」を製作!...

【水星の魔女】グエル搭乗機「ダリルバルデ」を製作! 劇中で破損した右肩のスクラッチや簡単な部分塗装の方法なども解説!

2023.01.01

MD-0064 ダリルバルデ【BANDAI SPIRITS 1/144】 月刊ホビージャパン2023年2月号(12月23日発売)

【水星の魔女】グエル搭乗機「ダリルバルデ」を製作! 劇中で破損した右肩のスクラッチや簡単な部分塗装の方法なども解説!

キットの良さを活かしたディテールアップでメリハリを付ける

 ジェターク社の御曹司、グエル・ジェタークが搭乗するモビルスーツ「ダリルバルデ」がHGに登場。分割可能なビームジャベリンやクロウパーツまでプレイバリューが豊富なこちらのキット。えめす@ifritによる作例では、第3話での決闘で剥き出しになった肩フレームパーツを新造したほか、細部を整えながらキットのよさを最大限活かして製作している。

▲劇中でディランザの次にグエルが乗り込んだ機体。意思拡張AIによって自律行動を行うドローン兵器を装備している

▲頭部ビームバルカンの穴をピンバイスで開口、ブレードアンテナは余ったランナーを接着したあと削り出してアンテナを延長しつつシャープ化した

▲キット素組み(左)との比較。印象的なシルエットはそのまま、部分塗装や合わせ目消しなどで細部を整えメリハリをつけて製作している

のこぎりを使った肉抜き埋め

解説/えめす@ifrit

▲0.5mmのプラ板で台座を作り、それをガイドに模型用ののこぎりで足底を0.5mmの薄さで枠を残してカットします
▲0.3mmのプラ板でフタをするように接着し、先ほど切り離した足底を接着します
▲0.5mmのプラ板を台形などに加工して貼り付けましょう
▲足裏はクロウを展開すると見えやすい部分なので、ここの肉抜きを埋めるだけで一気に見映えがよくなりますよ

部分塗装はシタデルカラーで簡単に!

解説/えめす@ifrit

▲ツヤありの下地に、シタデルのドライアド・バークとアバドン・ブラックを5:5で混色して塗ります
▲はみ出たところをアルカリ性の洗剤を含ませた綿棒で拭き取りましょう。洗剤を使うときは必ず注意書きをよく読んで使用してください
▲有線式の拘束用装備シャクルクロウは、リード線とディスプレイ用の接続パーツが付属するため、各種アクションベースを使うことで宙に浮かせたポージングを楽しむことができる
▲背面にマウントされた、ビームサーベル内蔵の攻撃ユニットは腕に取り付けることが可能
▲決闘の中盤、エアリアルの猛攻で破壊された肩アーマーを再現
▲第3話の決闘シーンを再現するため、HGシリーズのパーツを流用して肩フレームを新造。プラパイプとプラ棒を組み合わせてディテールを追加した
▲後ハメ加工無しでも接着後のパーツの着脱が可能なので、瞬間接着剤で段落ちモールドを埋めた
▲シェルユニットの塗装は下地にシルバーを吹き、上からクリアーグリーンでキャンディー塗装。緑色に濃淡の差が出ないように全体の様子を見ながら薄く塗り重ね、細く切ったマスキングテープを貼り付けて塗り分けた
▲キットには紫色のビームサーベルが付属。作例の緑色のビームサーベルはHGACウイングガンダムゼロのものを使用している
▲ビームアンカーとビームクナイは連結してビームジャベリンとして使用できる。作例ではビーム刃の先端をナイフで削ってシャープ化している
▲特徴的なドローンは接続がすべて3mm軸のため、各種アクションベースを使えば浮かせた状態でディスプレイができる

■はじめに
 今回はHG 1/144ダリルバルデの作例を担当させていただきました! 『水星の魔女』第3話を何度も見返しながら、決闘シーンの肩破損状態の再現や設定画のデザインを参考に全体のモールドを彫り直してメリハリのある作例を目指しました。

■工作
 ブレードアンテナが少し丸いので、短く切ったランナーを接着して3mmほど延長してシャープに削り出し。合わせ目が段落ちモールドになっているところは、設定画のデザインを意識して瞬間接着剤でモールドを埋めました。シールド形状のドローンユニットや頭部ビームバルカンの丸いモールドはピンバイスで開口。足裏の肉抜き部分は、のこぎりで0.5mmの高さで切りとったあと0.3mmのプラ板を接着し、切りとった足底を再接着してディテールアップ。かかとの爪パーツやビームジャベリンの先端は削り込んでシャープ化しました。緑のビームサーベルはHGACウイングガンダムゼロのパーツを流用しています。
 決闘シーンの右肩を再現するために、HGのガンプラの余剰パーツなどを加工し、プラ棒とプラパイプでディテールを追加して製作しました。

■塗装
 赤色はパンツァーレッド(2)を使用、下地にピンクのサーフェイサーを吹いて発色をよくしています。胴体のグレーは土地色を使用し、暖色寄りのグレーで設定画像に近づけてみました。白色はニュートラルグレーIに5%程のエメラルドグリーンを混ぜています。特徴的な肩や太モモにあるセンサー部分は下地にシルバーを塗装し、その上にクリアーグリーンを吹き付けてキャンディー塗装、乾燥後に細く切ったマスキングテープを貼り付けてニュートラルグレーⅤで塗り分けました。顔のセンサーも同じくクリアーイエローとクリアーグリーンでキャンディー塗装しています。ヒザのペレットマインの発射口はシタデルカラーのドライアド・バークとアバドン・ブラックを5:5で混色、はみ出しても良いので筆でザックリ塗り分けたあと、乾燥後に台所用アルカリ性洗剤を綿棒に含ませてはみ出し部分を拭き取りました。

■あとがき
 ランナー数も少なくてサクサク組めるうえに、ディテールも多いので作っていて楽しいキットでした。ヒザ関節が初めから後ハメで塗装に向いていたり、ギミックも多くて遊び甲斐があるキットなのでいろんな人にオススメです! 寮から追放されてキャンプをしていたパイロットのグエル先輩の今後も気になります…。

BANDAI SPIRITS 1/144スケール プラスチックキット “ハイグレード”

MD-0064 ダリルバルデ

製作・文/えめす@ifrit

HG ダリルバルデ
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●2090円、発売中●1/144、約13cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ創通・サンライズ・MBS

えめす@ifrit(エメスイフリート)

関連書籍

ホビージャパン23年2月号

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.9

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2022年12月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー