• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 透明感のある白い肌!ミリオネを繊細な仕上がり&温室のプランター付きで製作【Figure-rise Standardミオリネ・レンブラン】透明感のある白い肌!ミリオネを繊細な仕上がり&温室のプランター付きで製作【Figure-...透明感のある白い肌!ミリオネを繊細な仕上がり&温室の...

透明感のある白い肌!ミリオネを繊細な仕上がり&温室のプランター付きで製作【Figure-rise Standardミオリネ・レンブラン】

2022.12.18

ミオリネ・レンブラン【BANDAI SPIRITS】 月刊ホビージャパン2023年1月号(11月25日発売)

繊細な工作で女の子プラモデルらしさを際立たせる

 スレッタに続いて、ミオリネ・レンブランもFigure-rise Standardにてリリース。スレッタよりもやや低めの身長と透明感のある白い肌をイメージ通りに再現。シャベルやジョウロなどのガーデニング道具もオプションパーツとして付属しており、スレッタとマストで並べたくなるアイテムだ。えめす@ifritによる作例は、髪の毛のシャープ化やパーティングラインの丁寧な処理でミオリネらしい繊細な仕上げとしつつ、劇中でも印象的な温室のプランターをイメージしたベースを合わせて製作している。

▲ミオリネの性格を反映してか、フェイスパーツもやや冷たさを感じる視線のものが多い印象。ショートパンツによる脚線美や特徴的なヘアースタイルの再現度も注目ポイントだ
▲アゴはスポンジヤスリで1mm削って短縮。合わせて首の長さも短縮して設定画の印象に近づけた

▲ガーデニング道具であるジョウロとシャベルが付属。シャベルは刃部分を薄くシャープ化し、劇中を参考に塗り分け。ジョウロはグリップをいったんカットして後ハメ化している

髪の毛のシャープ化工作

解説/えめす@ifrit

▲髪の毛をシャープ化していきます。デザインナイフと特殊形状三角ヤスリで整えます
▲気になるのは束の分かれ目が成型の都合で丸くなっているところです。まずはデザインナイフでざっくりと切り取ります
▲切り取った部分をヤスリで整えていきます。束の段差を彫り込んだり、毛先をとがらせてさらにシャープに見えるようにしていきます
▲頭頂部のアホ毛はやや厚みが気になったので曲面に合わせてリューターで削りシャープ化しています

パーティングラインの整形

解説/えめす@ifrit

▲ブーツを履いていない状態の足パーツにヤスリがけだけでは消えなかったパーティングラインがあります
▲まずはデザインナイフでカンナがけしておおまかに削ります
▲ある程度削れたらスポンジヤスリで曲面に馴染むように削り込んで整えます
▲キットにはブーツを脱いだ状態の足パーツも付属
▲キット素組み(左)との比較。スレッタ同様に女の子プラモデルとして見ても、とても完成度が高く、ポイントを絞った工作でさらに精度を高めることができる

▲プランターの土部分は基部天面を開口し、内部に盛ったパテの表面を荒らすことで表現している

▲トマトはエポパテで製作。ある程度硬化してきたらスパチュラで表面の凹凸を再現。ヘタもエポパテで造形し、塗装後に取り付け。スレッタにひとつあげた際のハンカチも薄いプラ板にくせを付けて再現した

▲ミオリネといえば温室、ということでトマトのプランターをイメージしたベースを製作。本体部分は主に1mmプラ板を使用し、トマトの木はディオラマ用素材を組み合わせて製作。収穫したトマトも用意した

■製作
 Figure-rise Standardミオリネ・レンブランの作例を担当させていただきました。そのまま組み立ててもストレスフリーで再現度も高くとてもよいキットですが、さらにミオリネらしく見せるために塗り分けや表面処理、劇中で描かれているトマトのプランターをイメージしたベースも作りました。

■改造点
 全身の合わせ目消しやパーティングラインを消し、可動部分のクリアランスを確保するためにヤスリがけして調整。髪の毛をシャープに整形し、シャベルは刃部分の厚みが気になったので薄く加工してみました。顔は少し大人びた印象だったので、アゴと首を1mmほど削り、アニメの雰囲気に合わせています。

■塗装
 髪の毛は少し青みがかった銀髪だったので薄くグラデーションをかけてみました。タイツもグラデーション塗装を行いますが、髪の毛の滑らかなグラデーションとは別に塗料の希釈を少し濃いめにして砂吹きしてタイツの布地感を出してみました。制服は内側が赤色なのでマスキングしながらエアブラシで塗装し、細かい部分は筆で塗り分けました。肌はミオリネの白い透明感をそのまま出したかったので、成型色のままツヤ消しでフィニッシュ。顔の特徴的な目尻の赤らみはタミヤウェザリングマスターGのサーモン色を使用して強調してみました。

■トマトとプランター
 トマトはエポパテで製作。丸く練り指紋が付かなくなるぐらい硬化が始まってからスパチュラでトマトの凹凸を造形し、ヘタもエポパテを小さく練り塗装後に後付けしました。プランターは主に1mmプラ板を使用してスクラッチ。キット付属のスタンドを付けられるように4mm穴をディテールに合わせて加工してみました。

■塗料
制服青=コバルトブルー(2)(70%)+ダークグリーン(20%)+ヘキサダークグリーン(10%)
制服赤=名鉄スカーレット(50%)+ヘキサレッド(50%)
制服黒=ミッドナイトブルー
タイツ=土地色+ダークイエロー2
髪の毛=ジョイントグレー+ニュートラルグレー1+Ex-ホワイト
靴とジョウロ=フロストマットブラック
トマト=ミディアムレッド+クリームイエロー+グリーン+ライトグリーン

■あとがき
 これを書いている頃はグエルがスレッタに2度目の敗北をして求婚していましたが、彼は今どうなっているんでしょうか…。

BANDAI SPIRITS ノンスケール プラスチックキット “フィギュアライズスタンダード”

ミオリネ・レンブラン

製作・文/えめす@ifrit

Figure-rise Standard ミオリネ・レンブラン
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●3520円、11月26日予定●約14cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ創通・サンライズ・MBS

えめす@ifrit(エメスイフリート)

関連書籍

月刊ホビージャパン2023年1月号

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.9

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2022年12月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー