• HOME
  • 記事
  • 工具・マテリアル
  • お手軽~プロ級な写真まで「ホビー用LED撮影スタジオ」を使って撮影してみよう!【月刊工具】お手軽~プロ級な写真まで「ホビー用LED撮影スタジオ」を使って撮影してみよう!【月刊...お手軽~プロ級な写真まで「ホビー用LED撮影スタジオ」...

お手軽~プロ級な写真まで「ホビー用LED撮影スタジオ」を使って撮影してみよう!【月刊工具】

2022.12.09

月刊工具 模型の入り口はいつの時代も工具から。 月刊ホビージャパン2023年1月号(11月25日発売)

お手軽~プロ級な写真まで“凄!”スタジオで撮影!

凄!ホビー用LED撮影スタジオSのBasicとS、M、LのPremiumとスタジオプロがならんでいる画像

 毎回工具&マテリアルをピックアップしてお届けする好評連載「月刊工具」。今回は童友社の「ホビー用LED撮影スタジオ」シリーズをピックアップ。スマホカメラの進歩とSNSの発達で誰もが情報発信できる昨今、“キレイな写真”の撮り方は常に研究されています。模型シーンにおいても同様で完成させた模型を“キレイに撮影する”までが模型製作であると言っても過言ではないでしょう。そんななか童友社からホビー向けに撮影設備がワンパッケージになった「ホビー用LED撮影スタジオ」が登場しました。これらのアイテムを使用して実際に撮影を行ってみましょう。

084 Product_name LED Photo Stadio
解説/けんたろう、月刊工具スタッフ

凄!ホビー用LED撮影スタジオS(Basic)
凄!ホビー用LED撮影スタジオS、M、L(Premium)
凄!ホビー用LED撮影スタジオプロ

●発売元/童友社●1628円(Basic)、2728円(S)、5478円(M)、7128円(L)、21780円(プロ)、発売中


お好みのサイズで手軽に模型撮影

impression

凄!ホビー用LED撮影スタジオS、M、LのPremiumの商品画像
▲ 立方体のボックスタイプになる撮影ブースで、各辺がSで約20cm、Mで約30cm、Lで約40cmと大きくなっていきます。Sサイズはコレクションフィギュアやミニスケールのアイテムに向いており、Mサイズでは15cm程度のキャラクターキットや1/35スケールのスケールキットといった単体の模型作品に向いているでしょう。Lサイズになると航空機や細長い艦船キット、ディオラマ作品なども撮れるような大きさになります
凄!ホビー用LED撮影スタジオSのBasicとSのPremiumの商品画像
▲ Sサイズは背景布が5色付属しLEDのスイッチがあるプレミアム(2728円)と、背景布が白のみで照明もシンプルなベーシック(1628円)の2種があります
凄!ホビー用LED撮影スタジオのセット内容の画像
▲ セットは折りたたみ式の撮影ブース本体、背景布(白、黒、緑、赤、青の5色 ※ベーシック除く)、USBケーブルのみとシンプルな構成。どのサイズもピッタリな収納ケースがついているので持ち運びも簡単です
組み立てたLED撮影スタジオのライトをスイッチでつけている画像
▲ 組み立てた天面にはUSB給電のLEDライトが付いています。こちらはスイッチつきで調光も可能(ベーシックは除く)。付属の背景布は奥のフック部分に取り付けます。撮影に必要なものがすべてこの中に揃っているわけです

How to use

 Sサイズ(プレミアム)を使って、1/900スケール「かんたんプラモデル 大阪城」(2178円、発売中)を撮影してみました。LEDの光が当たるように撮影ブースの中央に配置したら、あとは撮影すればOK。天面の2ヵ所からLEDで照らされているので 細部まではっきり映っています。 スマホでの撮影の際はスマホを逆さにすることでとレンズをより模型に近づけて撮影できます。

大阪城の商品画像
組み立てた大阪城をスタジオにおいてスマホで撮影している画像
▲ スマホで撮影
撮影した大阪城の写真

撮影を徹底的に楽しむ“プロモデル”

 さらに本格的な撮影を楽しめるのが「凄!ホビー用LED撮影スタジオプロ」。こちらのブースは各辺50cmとLサイズよりも大きくなり、LEDライトも大型化、ボックス内も銀色の反射素材になってより光が回るようになっています。背景もPVC製のシートが5色(スカイ、アース、ホワイト、ブラック、グレー)付属しています。

凄!ホビー用LED撮影スタジオプロの画像

impression

LEDライトをブースに取り付けている画像
▲ LEDライトは強力な面光源がふたつ付属。両端にクリップがついていてブースの好きな位置に取り付けることができます
光量調整スイッチで明るさを調整している画像
▲ 光量調整のスイッチはハンドル式で無段階に明るさを調整できます
ベルクロ式のフタを剥がして姫路城をスマホで撮影している画像
▲ 前面を塞ぎ、ベルクロ式のフタを剥がすことで前方からも光を反射させた撮影も可能です

How to use

 1/380「デラックス版 姫路城」(6050円、発売中)を撮影をしてみます。長辺が約30cmあるキットですが、余裕をもってスペースに収まります。なんといってもこのスタジオ は各辺50cm。大スケールのキャラクタープラモも収まってしまいます。スマホ(今回はiPhone11)で撮影した姫路城ですが、 背景も明るい白でバッチリ決まっていますね。

姫路城をスマホで撮影している画像
▲ スマホで撮影
撮影した姫路城の写真

まとめ

 誰もがカメラ性能のよいスマホを持っている現在、撮影に必要な設備、スペースが揃った「ホビー用LED 撮影スタジオ」はとても魅力的です。撮影ブースとしての性能はもちろんのこと、照明、背景と合わせて折りたたんでしまって置ける収納性もうれしいところです。あとは撮るべき模型を製作するだけ!ですね。

折りたたんだ状態のLED撮影スタジオの画像

「城パチコンテスト」
開催中!
イベント詳細は
こちらからチェック!

この記事が気に入ったらシェアしてください!

関連書籍

月刊ホビージャパン2023年1月号

ご購入はこちら

模型作りが楽しくなる工具&マテリアルガイド

ご購入はこちら

水性塗料筆塗りの教科書

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー