• HOME
  • 記事
  • 工具・マテリアル
  • モデラー視点で作られた“即戦力”アイテム!「HJモデラーズカラー」新色&「ディティールプレート」で「イクスレア」をカスタム...モデラー視点で作られた“即戦力”アイテム!「HJモデラーズカラー」新色&「ディティ...モデラー視点で作られた“即戦力”アイテム!「HJモデ...

モデラー視点で作られた“即戦力”アイテム!「HJモデラーズカラー」新色&「ディティールプレート」で「イクスレア」をカスタム!【月刊工具】

2022.10.10

月刊工具 模型の入り口はいつの時代も工具から。 月刊ホビージャパン2022年11月号(9月24日発売)

イクスクレアとHJモデラーズカラーとディティールプレートがならんでいる画像

モデラー視点で作られた“即戦力”マテリアル!

 今回は、モデラー視点で役に立つ工具・マテリアルを多く開発している「ホビージャパンモデラーズ」のアイテムをピックアップ。プロモデラーが調色した塗料の色を再現する「HJモデラーズカラー」シリーズの新色、セイラマスオ氏がデザインした「HJモデラーズパーツ ディテールプレート」の最新アイテムふたつを使って、キャラクターモデルを楽しんでみましょう!

082 Product_name HJ modeler’s color
解説/けんたろう、月刊工具スタッフ


ホビージャパンモデラーズのロゴ

「ホビージャパンモデラーズ」とは?

「ホビージャパンモデラーズ」はホビージャパンが贈るオリジナルホビーブランドです。オリジナルのロボットキットからヤスリなどの工具、デカールなどのディテールアップアイテムまで、モデラーが求める“ほしい”アイテムを続々と開発しています。その中でも「ガイアノーツ」協力のもと、掲載誌で活躍するプロモデラーが使用している塗料の色を再現した「HJモデラーズカラー」はホビージャパンならではのスペシャルな塗料になっています。

HJモデラーズカラー基本情報をチェック!

HJモデラーズカラーマイスターレッドの画像

HJモデラーズカラー(ラッカー塗料)

 「ガイアカラー」シリーズと同じく高性能なラッカー塗料シリーズ。各色がプロモデラー監修のもと、キャラクターキットに最適な色に調整されており、そのまま使用できる汎用性の高い色が多くラインナップされています。現在は手に入りやすい単品のシリーズを続々と展開中。テーマごとのカラーセットも発売されているのでそちらもチェックしてみましょう

【ラインナップ】
01 マイスターレッド、02 マイスターブルー
03 マイスターイエロー、04 マイスターウォームグレー
05 HJVヴァイオレット、06 HJVダークブルー
07 HJVオレンジ、08 HJVパープルグレー

HJモデラーズカラー

●発売元/ホビージャパン●発売中●各440円(15ml)

HJモデラーズエナメルカラーの画像

HJモデラーズエナメルカラー(エナメル塗料)

 キャラクターキットのスミ入れに最適な「リアルロボット専用カラーエナメル4色セット」(1980円)、装甲の影色各種が揃った「アンダーアーマーカラーエナメル4色セット」(2200円)の2セット計8色がラインナップ。キャラクターキットに向けて調色をされたエナメル塗料はとても貴重で、スミ入れ、部分塗装の作業時に持っておくと活躍すること間違いなしです

【ラインナップ】
リアルロボット専用カラーエナメルセット
1.HJグレーS、2.HJレッドS、3.HJブルーS、4.HJオレンジS

アンダーアーマーカラーエナメルセット
1.UAブラウン、2.UAグリーン、3.UAグレーホワイト4.UAパープル

HJモデラーズエナメルカラーセット

●発売元/ホビージャパン●発売中●1980円(リ)、2200円(ア)(各15ml×4本)

新色もどんどん登場!

HJモデラーズカラーのマイスターオレンジとマイスターグリーンとナイトメアパープルとヘヴィコバルトブルーの画像

HJモデラーズカラー
マイスターオレンジ、マイスターグリーン、ナイトメアパープル、へビィコバルトブルー

●発売元/ホビージャパン●発売中●各440円

impression

HJモデラーズカラーのマイスターオレンジとマイスターグリーンとナイトメアパープルとヘヴィコバルトブルーの色見本の画像

 今回新しく加わった4色は、シンプルで王道な色合い。「マイスターオレンジ」は赤といえるような絶妙なオレンジ、「マイスターグリーン」は少し青い緑で、どちらも木村直貴氏の作例の色を再現しています。ビビッドすぎず落ち着いた色調で広い面にも向いていますし、差し色としても悪目立ちしない汎用性の高い色となっています。「ヘビィコバルトブルー」も同じように落ち着いた色で、発色も安定したコバルブルーになっています。一方「ナイトメアパープル」は黒っぽい紫で、調色が難しい紫と黒の境目の色合い。撮影したときに黒くなりすぎないこの色は、ヴィラン的キャラクターの全体色や重たい関節色としても使え、持っていて損はない一本となっています

「ナイトメアパープル」は下地にも良い!

ナイトメアパープルの下地にマイスターオレンジを塗布している画像
ナイトメアパープルの下地にマイスターオレンジ、マイスターグリーン、ヘヴィコバルトブルーをそれぞれ塗布した画像

 黒くなりすぎず紫の色合いを持った「ナイトメアパープル」は実は下地にも向いています。しっかりと色の重さを持ちながら上塗りの色となじみやすい影色になるため鮮やかかつ重厚な塗装にピッタリです。赤、青色の下地にはもってこいでしょう

「HJモデラーズ」アイテムをふんだんに使って模型製作!

組み立てたイクスクレアとパッケージの画像

イクスクレア ロールアウト ホワイトVer.

●発売元/ホビージャパン●2750円、発売中●約14cm●プラキット

イクスクレアの画像

 同じくホビージャパンより発売されているプラキット「イクスクレア ロールアウト ホワイトVer.」を製作。「HJモデラーズカラー」 はもちろん、新発売のプラキット「HJモデラーズパーツ ディテールプレート」を使用してオリジナルカスタムにしていきます。

How to use

Step.1 セイラマスオデザインのディテールアップパーツを使用!

ディティールプレートアルファーとベータの画像

HJモデラーズパーツ ディテールプレートα、β

●発売元/ホビージャパン●発売中●各660円

ディティールプレートをペンチで切り離している画像
▲ 「HJモデラーズパーツ ディテールプレート」はプロモデラー・セイラマスオによるデザインを元に開発されたプラパーツ。汎用性の高いデザインで使用方法もランナーから切り離して貼るだけのシンプルなアイテムになっています
切り離したパーツの画像
▲ パーツは大小の2種類でパーツ裏は接着しやすい平面になっています。1セット(ランナー2枚)で小サイズ10枚、大サイズ8枚が使用できます
ディティールプレートの線に沿って切り出した画像
▲ パーツ自体の加工ももちろんOK。ディテールの線に沿って切ることで複数のパーツを同じサイズに切ることもできます
切り出したディテールパーツをキットに貼り付けている画像
▲ 切り出したらあとはキットに貼り付けていきましょう。程よいディテールを持った台形プレートでどの部分にもなじみやすい優れものです

Step.2 HJモデラーズカラー新色で塗装!

イクスクレアにナイトメアパープルを塗布している画像
▲ まずは全体の下地にナイトメアパープルを塗布して、全体のトーンを暗めにしてスタートします。フレームはこのままナイトメアパープルで進めるので塗り残しのないようしっかりと塗布しておきます
ナイトメアパープルの上にマイスターオレンジを塗布している画像
▲ 全体のメインカラーはマイスターオレンジ。オレンジといいつつ、今回はフレーム色が暗い紫色なので赤みが目立ち、赤色としてナイトメアパープルとよくマッチします
塗料皿の中でヘビィコバルトブルーとホワイトを混ぜてスカイブルーにした画像
スカイブルーを塗布している画像

▲ ラッカー系塗料なので混色もOK。 ヘビィコバルトブルーはそのまま使うとさすがにオレンジと争ってしまうので、ホワイトに混ぜてスカイブルーにしてみました

綿棒を使用してUAブラウンをスミ入れをしている画像
▲ 基本塗装ができたらエナメルカラーのアンダーアーマーセットでスミ入れと部分塗装をしていきます。メインの赤色には同系色でぴったりなUAブラウンでスミ入れします
UAグレーホワイトでスミ入れと部分塗装をしている画像
▲ 紫部分にはUAグレーホワイトでスミ入れと部分塗装。塗装した色より明るい色を使用することでディテールを目立たせます
フチを綿棒で拭っている画像
▲ ダクトの内側などはエアブラシで塗料をしっかり吹き付けてから、フチ部分を溶剤 を含ませた綿棒で拭えば塗り分けもばっちりです

完成!

イクスクレア(HJモデラーズ)

製作/けんたろう

オリジナルカスタムのイクスクレアの画像
▲ 完成! HJモデラーズカラー新色の組み合わせで特別機っぽいカラーリングになったのではないでしょうか。ディテールアップパーツも各部でなじみつつ形の変化をつけてくれていますね

まとめ

 モデラーの“技術”は工具に留まらず、塗料の色合いやマテリアルにも反映されて多くのツール・マテリアルとして発売されています。HJモデラーズでは熟練のプロモデラーたちが開発に参加しており、その技術を誰でも使用できるアイテムに落とし込んでいます。特にカラーやディテールアップパーツは完成時の見映えに直結するので、プロの助けを借りて模型製作のクオリティアップを目指してみてはいかがでしょうか

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©あまとき ASSORT ASSEMBLY

けんたろう、月刊工具スタッフ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年11月号

ご購入はこちら

模型作りが楽しくなる工具&マテリアルガイド

ご購入はこちら

セイラマスオの気まぐれガンプラ製作記

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー