• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • MODEROIDのマドックスを隅々までディテールアップ! 傑作キットをさらに作り込んで最高の仕上がりに【メタルスキンパニック MADO...MODEROIDのマドックスを隅々までディテールアップ! 傑作キットをさらに作り込んで最高...MODEROIDのマドックスを隅々までディテールアップ! 傑...

MODEROIDのマドックスを隅々までディテールアップ! 傑作キットをさらに作り込んで最高の仕上がりに【メタルスキンパニック MADOX-01】

2022.10.07

MADOX-01【グッドスマイルカンパニー】 月刊ホビージャパン2022年11月号(9月24日発売)

ファン待望のキットを細部にわたりディテールアップ!

 1987年OVA作品『メタルスキンパニック MADOX-01』より、主人公・杉本紘二が、ひょんなことから乗り込んでしまう、対戦車用新型陸上兵器スレイヴ・トルーパー「MADOX-01」がMODEROIDで初のプラキット化! 頭部ハッチや背部ユニットの開閉、パーツ差し替えによるホバー形態の再現、豊富な各種武装など、初にして決定版といえる傑作。アニメ未見の模型ファンにもぜひ手に取ってほしい好印象キットを、ドンピシャ世代の野田啓之が製作。各部の金属パーツへの置き換えや細部ディテールアップで、さらにキットを引き締めている。

■カラーリングデータ

本体色=ガイアカラーVRフレッシュグリーン+ブルー21
内部フレーム等=グラファイトブラック→シリンダーやパイプ類はカッパー、シルバー、ゴールドなどで塗り分け
武器類=ガイアカラーガンメタル
バックパック給弾弾倉=ガイアカラースターブライトアイアン

▲頭部ハッチは開閉可能。専用ヘルメットを被ったパイロットフィギュアは丁寧に塗り分けた。ハッチ内部はプラ板などでディテールアップ。肩にあたる部分の前後分割ラインは変更し目立たないようにしている

▲背部ユニットも開閉可能。パイロットがパワードスーツを着込んでいる様が確認できる造形。内部メカは丁寧に塗り分けた

▲右腕に対戦車ミサイル、12.7mm機関砲を差し替えで装備可能。クローは開閉状態の選択式。作例は細部のディテールアップと機関砲の砲身をプラ棒で作り直し、より立体的に見えるようにした

▲大型ガトリング砲はグリップ裏の肉抜きをエポパテで埋め、砲身の一部をプラ棒に置き換えた
▲大型ガトリング砲は劇中通りに背部接続状態から射撃体勢に以降可能。弾帯は軟質樹脂でガトリングの動きを妨げない。ただし、塗装の際はメタルプライマーなどを先にコートしておこう
▲エアインテークは劇中の映像からメッシュを追加。背部も排気孔のフラップを切り取り、メッシュを貼った後にプラ板でフラップを作り直している
▲飛行ユニットは前方のチェーンソーを金属パーツで再現。パイプも3mm径のアルミ線に置き換えている
▲足首は挟み込みだったので、市販ボールジョイントでの接続に変更。ふくらはぎはプラ材で新造した
▲腰後ろにディスプレイベース用コネクトパーツを差し込む穴が用意されており、「THE シンプルスタンド」で飛行ポーズも楽しめる

■はじめに
 物語は軍の最高機密パワードスーツを着て彼女に逢いに行くといった、ちょっと強引な内容の懐かしいアニメですが(笑)、前半のパワードスーツの構築シーンや戦闘シーンは、なかなか見応えあり楽しいです♪
さて、キットはこの複雑な内容のパワードスーツをとても丁寧にキット化しており、オプションパーツも豊富で大変好感の持てる内容となってます。
 額のカメラとバイザーが透明パーツで一体化されてますが、表面の揺らぎが気になったので、いったん切り離し紙ヤスリとコンパウンドで磨き上げ、クリアーグリーンにて仕上げました。正面に見えるピンクのセンサー類はすべてH・アイズに変更。
 背部ユニットはとても良く再現されておりますが、インジェクションキットの性で抜きの関係から、流れてしまったモールドを彫り起こしつつ、隙間をジャンクパーツにてデコレートしディテールアップ。また、今回はエアインテーク部分にはアニメを参考にメッシュカバーを取り付けました。後方排気用のフラップも切り離してプラ板にてシャープ化しました。
 両肩に付く飛行ユニットは、パイプ部分を3mmのアルミ線に変更。正面にはアニメで痛車の屋根を切り飛ばしたチェーンソーを再現してます。取り付け位置もキットのままでは気持ち肩から離れすぎてる印象を受けたので、受けのジョイントを逆に取り付け密着させてます。               
 腕、武器に関してはオプションパーツも豊富なので、自分専用の仕上がりにも幅ができて良いですね。気になったのはヒジの関節で、キットのままでは腕を真っすぐに伸ばせないのでポリパーツを追加加工しました。
 首の挟み込みをポリパーツによる接続方法に変更。ふくらはぎ部分は一番気になった箇所でもあったので、キットから切り離しプラ板等にて作り替えました。ヒザはキットのままでは腰を据えた立ちポーズしか取れないので、切り込みつつ、干渉するヒザパーツ裏を削り込んでシャキッとした立ち姿が再現できるようにしました。

■あとがき
 いろいろとディテールアップもしましたが、サクッと作っても手応えと満足感は充分にあり見映えのする優秀キットですので、興味のある方はぜひ! 私個人的には『宇宙の戦士』のパワードスーツに並ぶお気に入りの一品となりました。

グッドスマイルカンパニー ノンスケール プラスチックキット “MODEROID”

MADOX-01

製作・文/野田啓之

MODEROID MADOX-01
●発売元/グッドスマイルスマイルカンパニー●7900円、発売中●約12cm●原型/リキッドストーン、制作協力/瑞穂町デザインチーム、宮内利尚

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒAIC ライツ・AMG・ポニーキャニオン

野田啓之(ノダヒロユキ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年11月号

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2022年4月号

ご購入はこちら

OBSOLETE モデリングマニュアル

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー