• HOME
  • 記事
  • スケールモデル
  • バイク模型が少しの手間で出来映えアップ! タミヤの「Honda モンキー125」を楽しく製作バイク模型が少しの手間で出来映えアップ! タミヤの「Honda モンキー125」を楽しく製...バイク模型が少しの手間で出来映えアップ! タミヤの「...

バイク模型が少しの手間で出来映えアップ! タミヤの「Honda モンキー125」を楽しく製作

2022.10.07

バイク模型製作指南書 ~ゼロから教えるバイク模型の作り方~

バイク模型が少しの手間で出来映えアップ! タミヤの「Honda モンキー125」を楽しく製作

ちょっとだけ手間をかけてポイントアップ!

TAMIYA 1/12 Honda モンキー125

Honda モンキー125 作例 たのしがりや作

 タミヤの1/12 モンキー125をほぼ説明書通り+少しだけ手を加えて仕上げてみたこちらの作例。工作としてはキット外部からパーツを足すようなことはせず、ディスクブレーキの開口やちょっとしたパーツの薄型化に留めています。その代わり、バイク模型を製作する上で必要最低限と言える処理は抜かりなく行っており、さながら「教科書通り」の製作手順と、そこに工作・塗装上のプラスアルファを加えたことによりちゃんと手の入った作品に仕上がっております。

▲ 工作ポイント。ディスクブレーキの穴を開口し、さらに塗装も一工夫。マスキングテープを使って2色で塗り分けました
▲ 部分塗装に役立つのがペイントマーカー。ホーンの周りの銀塗装も一発です
▲ シートのフチはアクリジョンのベースホワイト筆塗りで。はみ出したりしてもうすめ液でリカバーできます
▲ モンキーはデカールも少ないので練習に適しています。デカールのりやマークフィットを駆使して貼っていきましょう
バイク模型製作指南書 Honda モンキー125 右
バイク模型製作指南書 Honda モンキー125 左

▲リベットはマーカーや筆塗りで塗装。ワンポイント的に光ります。フロントフォークにはミラーフィニッシュを使用しており、質感もGoodです

バイク模型製作指南書 Honda モンキー125 シートのフチのホワイト塗装
▲シートのフチのホワイト塗装は、正確にキレイなラインを引かなくても見映え充分。とくにこのキットはフチのモールドがハッキリしているので、そこに上手く乗せるように筆を慎重に動かせば気軽に塗ることができます
バイク模型製作指南書 Honda モンキー125 メッキになっているエンジン
▲実車でも一部メッキになっているエンジン。せっかくキットがメッキ仕様になっているので、どんどん活かしていきましょう
バイク模型製作指南書 Honda モンキー125 穴を開け薄く削ったディスクブレーキ
▲ワンポイント工作として、穴を開け薄く削ったディスクブレーキ。塗装でも使用感を表現しました。かなり目立つ部分なのでぜひともトライしてほしい工作です。削るのは裏側のフチの辺りだけでOK!
バイク模型製作指南書 Honda モンキー125 タンク
▲ クリアーコートして表面処理を行うとピカピカのタンクに仕上がります
バイク模型製作指南書 Honda モンキー125 後ろ
▲ キャプション

 バイク模型が難しいと感じるのは、エンジンやフレームなどの部品を個々に塗装まで仕上げながら組み立てるので、塗装・組み立ての工程が前後し、ややこしい上に手間もかかるからだと思います。なので今回は、説明書通りの手順で組み立てつつ、なるべく手間がかからない方法で製作することを心がけました。
 今回のお題はタミヤ製のモンキー125。実車もシンプルな構造で、キットもシンプルかつ高い再現度で作りやすい良キットです。まずは説明書をじっくり読みましょう。すると、一見多く見える使用塗料も、主にボディカラー、金属部用のシルバー系、ゴム、樹脂部品用の黒系の3 系統さえあれば何とかなることが分かります。さらに、組み立て工程をじっくり見ると、エンジン、マフラー、フレーム、タンクなど、最初に組み立てておける部品があることも分かります。なので、これらのパーツは先に組み立てたところで一度仮組みをします。そこで前後タイヤの傾き、部品の干渉、部品の合わせ目やゲート跡の処理がどこまで必要かなどをチェックし、気付いた点を説明書に書き込んでおくと作業がスムーズになります。
 次に下地処理と塗装ですが、今回はサーフェイサーにGSIクレオスのブラックサフ1500を使いました。このサフはとてもきめが細かいので、黒塗装指示の部分はそのまま仕上げちゃってOKですし、シルバー塗装の部分には下地として使えるので塗装工程を減らすことができます。
 そして、バイク模型特有のパイピングの工程ですが、昔とは違い、最近のキットはパイプも細くなり、ピンの太さや長さもよく考えられていて、苦労する作業ではなく、実車に近づく楽しい作業になってきたと思います。
 今回の製作記事で、バイク模型にチャレンジしたくなったり、製作のお役に立てたのならとても嬉しいです。ここから自分なりにカスタムしたり、ディテールアップしたり、フィギュアと一緒に飾ったりと楽しみ方はたくさんあるので、ぜひ作ってみていただければと思います。

タミヤ 1/12スケール プラスチックキット

Honda モンキー125

製作・解説/たのしがりや

Honda モンキー125
●発売元/タミヤ●2750円、2019年6月発売●1/12●プラスチックキット


 いかがでしたか? ほんのひと手間加えることで、グッと実車に近づいたと思いませんか。
 こちらの「Hondo モンキー125」のより詳しい製作方法は、先日発売された「バイク模型製作指南書 ~ゼロから教えるバイク模型の作り方~」にてご覧いただけます。バイク模型をゼロ(素組み)から、段階ごとに分けてプロモデラーたちがレクチャー。製作に必要な工具やエアブラシの基礎はもちろん、バイク各部名称と解説もしているので、バイクに詳しくなくても安心です!
  「バイク模型製作指南書 ~ゼロから教えるバイク模型の作り方~」 で、難しいと思われがちなバイク模型を楽しく製作してみませんか?

この記事が気に入ったらシェアしてください!

たのしがりや

関連記事

関連書籍

バイク模型製作指南書 ~ゼロから教えるバイク模型の作り方~

ご購入はこちら

超バイク模型製作の教科書

ご購入はこちら

ホビージャパン エクストラ vol.11

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー