• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 着ぐるみを徹底再現! キングジョーがレジンキットで痛快娯楽劇場によりキット化!着ぐるみを徹底再現! キングジョーがレジンキットで痛快娯楽劇場によりキット化!着ぐるみを徹底再現! キングジョーがレジンキットで痛...

着ぐるみを徹底再現! キングジョーがレジンキットで痛快娯楽劇場によりキット化!

2022.09.23

ペダン星人のロボット現る! =キングジョー=【レインボウエッグ】 月刊ホビージャパン2022年10月号(8月25日発売)

ペダン星人のロボット現わる!

橋本智の造形で贈る決定版的キングジョー!

 ユートムやクレージーゴン等、これまでも30cmサイズでウルトラセブンのメカ系怪獣を手掛けてきた橋本智(痛快娯楽劇場)が、満を持して最強の宇宙ロボットを立体化! 重厚感溢れるフォルム、着ぐるみならではの質感表現、細部のディテール再現など、あらゆる部分に橋本氏のこだわりが込められた本作は、まさにキングジョーの決定版といっても過言ではないだろう。今回はそんな見どころ満載のキングジョーをレインボウエッグのKATOOO氏による完成見本でじっくりお楽しみいただこう。
 なお、初回生産分についてはすでに完売しており、現在は2022年9月末発売予定の二次生産分の予約を受付中とのこと。詳しくはブログ「怪獣人生」(http://blog.livedoor.jp/g_sakuhin1954/)レインボウエッグ(https://rainbow-egg.co.jp/)をご確認いただきたい。

▲キットは電飾を仕込めるパーツ分割になっているので、がんばればご覧のような劇中さながらの発光状態も再現可能
▲頭部の細い突起状のパーツは本来レジン製だが作例では精度を高めるため、1.3mm真鍮パイプと0.5mmピアノ線で作り直している
▲胸部のハニカム構造のモールドの再現には橋本氏も苦労したとのこと。最終的に電気店で見かけたドライヤーの吸気部分のカバーがサイズ的にぴったりであることを発見し、複製して原型にしたという
▲橋本氏渾身のキングジョーは着ぐるみの細かなテクスチャーやディテールまで徹底再現。そのためパーツ数は、レジンパーツ全56点のほか、0.5mm塩ビ板のバキュームフォームパーツ2個、メッシュパーツ1枚、透明プラ板1枚と見た目以上のボリュームとなった
▲作例はKATOOO氏がすべて筆塗りで塗装。基本色はタミヤのラッカー塗料のフラットアルミにフラットベースとシャンパンゴールドを混ぜたものとのこと

レインボウエッグ レジンキット

ペダン星人のロボット現わる! =キングジョー=

原型製作/橋本智(痛快娯楽劇場)

ペダン星人のロボット現わる! =キングジョー=
●発売元/レインボウエッグ、販売元/痛快娯楽劇場●38500円、9月末予定●約35cm(頭頂部アンテナ除く)●レジンキット●原型/橋本智(痛快娯楽劇場)

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©円谷プロ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年10月号

ご購入はこちら

宇宙船vol.177

ご購入はこちら

ウルトラモデリングワールド

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー