• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 「ロングレンジ・フィン・ファンネル」をスクラッチ製作!「RG νガンダム」で“福岡νガンダム”を作る!「ロングレンジ・フィン・ファンネル」をスクラッチ製作!「RG νガンダム」で“福岡ν...「ロングレンジ・フィン・ファンネル」をスクラッチ製...

「ロングレンジ・フィン・ファンネル」をスクラッチ製作!「RG νガンダム」で“福岡νガンダム”を作る!

2022.06.25

ガンダムフォワード Vol.8

RX-93ff νガンダム CG

RGキットベースで「RX-93ff νガンダム」を製作

 数あるνガンダムプラキットの中で、もっとも実物大νガンダム立像のイメージに近いRG νガンダム。本キットを使用して田中康貴が「RX-93f f νガンダム」を製作。RGベースのものはガンダムパーク福岡内の「GUNDAM SIDE-F」にて限定ガンプラが販売されているが、遠方だとなかなか入手が難しいということもあり、今回はRG νガンダムをベースに塗装と別途製作したマーキングデカールでカラーリングを再現。ロングレンジ・フィン・ファンネルはプラ板工作でスクラッチ。

ロングレンジ・フィン・ファンネルをスクラッチで再現

RX-93ff νガンダム ロングレンジフィンファンネル 製作途中
RX-93ff νガンダム ロングレンジフィンファンネル 製作途中2

▲4枚のフィンで構成された先端部。砲身展開時の可動部は製作途中ではコトブキヤM.S.G「ジョイントセットD」を使用して可動仕様にしていたが、可動部の収納スペース確保が難しかったので最終的には市販のジョイントパーツで無可動・形状重視のものを製作し、差し替え式にした

RX-93ff νガンダム ロングレンジフィンファンネル
▲完成したロングレンジ・フィン・ファンネル。形状も配色もかなり複雑な構成になっているのがお分かりいただけるだろう
RX-93ff νガンダム 立ち正面
▲青基調となったことで全体的に明るい印象のRX-93ff νガンダム。目を惹く肩とスネのアムロマークは資料画像を元に水転写式デカールを作成して貼り付けた。ほかマーキングはキットのものも活かしつつ、一部市販のものも使用してアレンジしている
RX-93ff νガンダム 立ち後ろ
▲作例のロングレンジ・フィン・ファンネルは約20cm。立ち姿時は資料画像を参考に、下部に2本のジャッキを立てて安定させている
RX-93ff νガンダム フル装備
▲ロングレンジ・フィン・ファンネル以外の武装も取り付けたフル装備状態。特別映像『RX-93ff νGUNDAM from SIDE-F』ではニュー・ハイパー・バズーカを装備していないが、こちらのほうが立像よりも映像のイメージに近くなる
RX-93ff νガンダム 
RX-93ff νガンダム フル装備 立ち後ろ
RX-93ff νガンダム 大型ビームサーベル
▲特別映像中に登場する、サザビーと切り結ぶときに使用する大型ビーム・サーベル形態は、ビーム刃にMGダブルオーライザーのGNソードⅡ用ビーム刃パーツを使用。腕部に装着するためのホルダーはプラ板の箱組みで製作。ビーム刃はプレートで挟みつつ、磁石で固定している

BANDAI SPIRITS 1/144スケール プラスチックキット “リアルグレード”νガンダム 使用

RX-93ff νガンダム

製作・文/田中康貴


 もっと詳しく見たいところですが、ホビージャパンウェブではここまで!
 詳しくは好評発売中の「ガンダムフォワード Vol.8」に掲載されております。特別映像『RX-93f f νGUNDAM from SIDE-F』で観ることができるギミックなども再現しているので“自作したい!”という方はぜひご参考までにご覧ください!
 福岡に実物大立像が建造されたことでも注目の「νガンダム」をフィーチャーした「ガンダムフォワード Vol.8」ぜひお手に取ってご覧になってみてください!

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒ 創通・サンライズ ⓒ 創通・サンライズ・MBS

田中康貴(タナカヤスタカ)

関連記事

関連書籍

ガンダムフォワードVol.8

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.5

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2021年6月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー