• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 【KYOUKAI SENKI MODELER’S CONVENTION 2022】境界戦機プラモデルコンテスト受賞5作品を解説!審査員コメントも掲載【KYOUKAI SENKI MODELER’S CONVENTION 2022】境界戦機プラモデルコンテスト受賞5作品...【KYOUKAI SENKI MODELER’S CONVENTION 2022】境界戦...

【KYOUKAI SENKI MODELER’S CONVENTION 2022】
境界戦機プラモデルコンテスト受賞5作品を解説!審査員コメントも掲載

2022.05.28

KYOUKAI SENKI MODELER'S CONVENTION 2022 月刊ホビージャパン2022年7月号(5月25日発売)

 2022年2月25日から4月7日までSNS上にて実施された『境界戦機』初のオフィシャルプラモデルコンテスト「KYOUKAI SENKI MODELER’S CONVENTION 2022」。厳正なる審査を終えて、このたびようやく結果をお届けできる運びとなった。たくさんの応募作品の中から各賞に選ばれた栄えある5作品を紹介していこう。
 なお、入賞作を含むほかの応募作品はバンダイホビーサイト内特設ページで見ることができるので、こちらもチェック!!

境界戦機プラモデルコンテスト特設サイト

https://bandai-hobby.net/site/kyoukai-senki/event/2202ksmc/


羽原監督賞ゴースト034

製作/ヨータ(@urgehighhigh)

審査員:羽原信義監督
賞品:羽原監督直筆サイン色紙

 3体のHGキットを使用したミキシングで、ビャクチとジョウガンがゴーストに吸収されたという設定の作品。その姿は太古の地球に存在した王者そのもの。メイレスの胸部シリンダーを目に見立てたり、ジョウガンの靴部3本爪を前足に見立てたりという発想が見事。メイレスの共通関節機構を活かしている点も注目ポイントだ。

羽原監督コメント

 いやもう「凄まじい!」という表現しか思いつきません! 発想と技術力の高さに圧倒!


BANDAI SPIRITS賞指揮官型 【ブレイディハウンド】

製作/リュウナイト静岡HSへ15日 見学いくよ(@ryunight2)

審査員:BANDAI SPIRITS企画担当
賞品:ワクワク!「境界戦機」プラモデル詰め合わせ

 ブレイディハウンド(ブラッド専用機)に一般機のパーツを組み合わせてさらに高機動にしたという設定の作品で、“北欧の蒼き鷹”という異名を持つ。腰まわりを中心に追加したパーツが見た目の説得力を高めている。紫系のツートンにゴールドカラーが差し色になって特別な機体であることを印象付けている。

BANDAI SPIRITS企画担当コメント

 ブラッド機をさらに高機動にするという発想とボリュームアップ箇所、色選択と配色、デカール使用と貼りポイントで、さらにリアティと仕上がり感がぐんと増していてまとまっていると思います!


アモウ賞メイレス ビャクチ・フォートレス

製作/憤怒の田中重工業(@hobbyseidai)

審査員:佐藤元さん(椎葉 アモウ役)
賞品:佐藤元さん直筆サイン入りアニメ台本

 公式外伝『フロストフラワー』から、ビャクチをベースとしたカスタマイズ作品。携行機関砲と誘導弾携行発射機、携行盾を左右に装備することで火力と防御力を高めている。北の大地らしいカラーアレンジやビャクチで使用しない足首関節パーツを肩のマウントラッチに取り付けたりと、少ない労力で効果的に元機体から印象を変えている。

佐藤元さんコメント

 アニメにしたら実際に出てきそうなポージングがとても素敵でした。


ガイ賞1/72メイレスケンブ オープニングダメージバージョン

製作/annkoromoti(@ufjmFR0BF7t5Jq7)

審査員:藤原夏海さん(I-LeSガイ役)
賞品:藤原夏海さんの直筆サイン入りアニメ台本

 立体物なのに平面に見えてしまう、いわゆる“アニメ塗り”で第1部オープニングのボロボロの状態のケンブを再現した作品。細かなダメージ表現によりHGキットであることを忘れてしまうくらい解像度が高められている。本体だけでなく、一瞬しか映らない足元の白い影や背景の赤い光まで再現という、見せ方にもこだわりを感じる。

藤原夏海さんコメント

 傷がすごく細かく描かれていて、プラモデルでここまで再現できるんだ…! と驚きました。あまりにもリアルに再現されていたので、思わずあぁケンブ…! と嘆いてしまいました!(笑) 実物をすごく見てみたいです!


ホビージャパン賞バウンティ・ハウンド

製作/こわ(@kaisokumc10)

審査員:木村学(月刊ホビージャパン副編集長)
賞品:「境界戦機MAGAZINE Vol.1」「月刊ホビージャパン」等
    厳選!境界戦機ブック詰め合わせ

 ブレイディハウンドに単独飛行能力を持たせたという設定の作品。背面にストークキャリーのエンジンを使用した推進装置、腰まわりに装甲強化も兼ねたホバーユニットが装着されている。頭部のシャークマウスマーキングや教導隊のような迷彩塗装など、現用兵器からの流れを想起させるミリタリーアレンジが上手い。

木村学コメント

 細やかな3色迷彩にアクセントのホワイト、シャークマウスマーキングも見事。造形アレンジも境界戦機の世界観を崩すことなく上手くまとめられています!

この記事が気に入ったらシェアしてください!

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年7月号

ご購入はこちら

境界戦機MAGAZINE Vol.1

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2021年12月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー