• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • ミライト&LEDで旧キット「1/550ビグ・ザム」をお手軽ライトアップしたヴィネットに仕立てるミライト&LEDで旧キット「1/550ビグ・ザム」をお手軽ライトアップしたヴィネットに仕...ミライト&LEDで旧キット「1/550ビグ・ザム」をお手軽...

ミライト&LEDで旧キット「1/550ビグ・ザム」をお手軽ライトアップしたヴィネットに仕立てる

2022.05.24

MA-08 ビグ・ザム【BANDAI SPIRITS 1/550】 月刊ホビージャパン2022年6月号(4月25日発売)

ミライト&LEDで旧キット「1/550ビグ・ザム」をお手軽ライトアップしたヴィネットに仕立てる

 今回は、1981年後半からリリースが始まったモビルアーマー(MA)ラインナップから、1/550ビグ・ザムの作例をお届けしよう。TVシリーズの中では後半ラインナップということもあり、どれも秀作揃いといえるMAの中でも、劇中での活躍シーンと圧倒的な戦闘力から人気の高い機動兵器ビグ・ザム。作例は良好なスタイリングはそのままに、SFメカ風ディテールの追加による巨大感の演出と、ミライト&LEDのお手軽ライトアップで仕上げている。

▲頭頂部にはピンクLEDによる“ボヤっと光る”モノアイも追加した
▲外装表面はモールドラインとプラ材、0.3mm真鍮線によるディテールを追加し巨大感を演出
▲胴周りのメガ粒子砲はLED&光ファイバーを使用し発光。巨大メガ粒子砲にはミライトをセットして後ハメできるように、プラパイプなどを組み込んで加工している
▲脚部にはLED電飾用の配線を通すため、5mmのプラパイプを中に通して固定。ベース裏に電池ボックスを設置し、ベース背面のスイッチで発光する

▲機体背面や下面のバーニアはビルダーズパーツHD1/100 MSバーニア01やコトブキヤのバーニアパーツに置き換えディテールアップ。背面バーニア内部はメタリックシールで光を受けて反射するように演出。脚根元はジャンクパーツで“ゴチャメカ”感を表現している

▲ベースは手元にあったディオラマベースの上面に石粉粘土を敷き、水性のニスで目止めして赤色で塗装。ビグ・ザムの巨大メガ粒子砲により、地球連邦軍の建物が吹き飛び、溶けたH鋼が剥き出しになっている様子を表現。H鋼はH型プラ棒を熱で捻じ曲げて再現している。ベースは直径16.5cmほど

■はじめに
 今回の依頼は「当時ものキットの大型メガ粒子砲にミライトを使った作例を」とのことでしたので、作例の方向性としては決まっていたのですが、いかんせんオラザクで物凄いビグ・ザムを目にしてたので、仕上げをどうしようかと正直とても悩みました。全体をいじってアレンジを追加しつつ、可動軸をしっかりと仕込もうかな…とか。しかし、いざキットを組んでみると形状を含め全体の感じは悪くない。これを可動で魅せる! といっても、そもそも可動部分が少ないビグ・ザムをいじったところで表現力が増すとも考えにくい。そもそも形状をいじってアレンジしてしまったら、昔懐かしい良きキットの味がなくなってしまう! ので、今回はモールド追加とディテールアップを行い、ビネット風に仕上げることとしました。
 コンセプトは“最終決戦地ア・バオア・クーにてガンダムに破壊されることなく数年にわたり使用され、地球連邦軍基地を破壊し続けてたとしたら…”です。ただ、ご覧のごとく『スター・ウォーズ』風に仕上がったところは野田の作風ってことでご勘弁ください(笑)。

■本体
 上半身に見られる窓部分は、いったん切り離して窓に当たる部分を開口し再接着。大型メガ粒子砲だけ光らすのも何でしたので、追加で胴周りのメガ粒子砲もLED&光ファイバーを使用し発光させます。また、劇中でも描かれたモノアイ発光表現として、ピンクのLEDをセットし、目っぽい部分が“ボヤっと”光るようにしました。

■塗装
上部=ガンダムカラーグリーン(4)
襟部=ニュートラルグレーⅤ(ガイアカラー)
脚部=ガンダムカラーグリーン(15)
ヒザ部=ガンダムカラーグレー(11)
バーニア=グラファイトブラック(Mr.カラー)
内部=プライマリーメタリックレッド(ガイアカラー)
 上記塗料にて各部を塗り分けた後に、ガルグレーを薄く溶いた塗料で所々ランダムに塗って褪色させます。エナメル塗料のフラットブラックと黄サビを使用し雨垂れを書き込み、全体をツヤ消しにて仕上げたら、バーニア周りにジャーマングレーにてすす汚れを書き込んだら完成です。

BANDAI SPIRITS 1/550スケール プラスチックキット

MA-08 ビグ・ザム

製作・文/野田啓之

ビグザム
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●440円、1981年9月発売●1/550、約11cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©創通・サンライズ

野田啓之(ノダヒロユキ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年6月号

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2022年1月号

ご購入はこちら

ガンプラカタログ2016

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー