• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 初のプラキット化! プレバンアイテム MG「ガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)」を作例キットレビュー初のプラキット化! プレバンアイテム MG「ガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)」を作...初のプラキット化! プレバンアイテム MG「ガンダムF9...

初のプラキット化! プレバンアイテム MG「ガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)」を作例キットレビュー

2022.05.24

OMS-90R ガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)【BANDAI SPIRITS 1/100】 月刊ホビージャパン2022年6月号(4月25日発売)

奪われたガンダム

 プレミアムバンダイにて展開する「F90 AtoZ PROJECT」にて、オールズモビルに奪取・改修を施された「OMS-90R ガンダムF90 2号機 火星独立ジオン軍仕様」がラインナップ、初のプラキット化となった。関節パーツは共通だが、外装はほぼ総取り替えという仕様を新規型パーツをふんだんに用いて再現。坂井晃によるキットレビュー作例は、可動部のクリアランス調整に注力した仕上げとしている。

ガンダムF90 2号機 火星独立ジオン軍仕様

 オールズモビルの火星独立ジオン軍に強奪されたF90の2号機が独自の改修を施された機体。オールズモビルはミッションパックを持たないので、単体での性能強化が図られ、整備性向上のために保有する整備部品・余剰パーツとの互換性を考慮した結果、外装の8割が変更された。本機にはオールズモビルのスパイであるボッシュが乗り込み、デフの1号機と交戦の末に撃破され、再び連邦軍に回収されている。

▲首関節がやや長めに取られており、角度によって軸が見えるので1.3mmほど短縮。そのままではアゴが引けなくなるので、カバーパーツ上面に角度が付くように削り込んだ
▲右肩アーマー上部の張り出し部分はフレーム部を切り離し、赤いパーツ側に接着して塗装している

▲左肩アーマー側面のダクトは底面がフラットな形状なので、切り取ってコトブキヤM.S.G「プラユニット メッシュプレート」に置き換えてディテールアップ。切り取った元のパーツをガイドにすることでほぼ同じ形状にカットすることができる

▲つま先のダクトモールドは削り落としてウェーブ「U・バーニアフラット[1]」でディテールアップ。側面部はパーツを組み込んで塗装後に取り付けた。足首アーマー正面グレー部の凸モールドはパーティングライン処理のためにいったん削り落としてから0.2mm厚のプラ板で復活させている

▲足首アーマーのインナーパーツはスネとの干渉回避のために大きく削り込んだ

▲キット素組み(左)との比較。各パーツの形状は良好なので、本体はほぼそのまま組み立て。各関節に塗膜ぶんのクリアランス確保のための調整を行い、設定画を参考に赤や黄色は成型色よりも濃いめに塗装している

ガンダムF90との形状比較

 改めてMGガンダムF90(製作/コボパンダ)と形状を比較して、その違いを確認してみる。各部ハードポイントがなくなっただけでなく、ハードポイントがあった部分のアーマーそのもの、ハードポイントがないアーマーの形状も変わっているため共通部分を探すほうが困難と言えるレベルになっている。

▲関節フレームは共通なので、おおまかなシルエットはほぼ同じだが、細部形状がすべて異なっているのが見て取れる
▲頭部はアンテナがなくなり、額のカメラが大型化。マスクはダクトがなくなり、襟には動力パイプが追加。胸部ダクト形状が大きく変わっている
▲バックパックはスラスターノズルのみ共通でビーム・サーベルは片側1本のみに変更された
▲腰部はフロント、リア・アーマーが大型化。サイドは唯一ハードポイントの名残のようにグレネードが装備された
▲肩アーマーは左右非対称になり、左肩はスパイクとアーマーが追加。ジオン系の意匠が盛り込まれている
▲脚部はハードポイントがなくなったぶん細身になり、形状もシンプルになっている。ふくらはぎには可動式のスラスターカバーが追加。左肩のジオン系意匠とは対照的にヒザ関節には元機体にはないが、ガンダムらしさを感じる丸モールドが追加されている
▲ガンダムF90ファンにとっては待望の火星独立ジオン軍仕様のプラキット化。本シリーズが始まったときから期待していた方も多いことであろう。コミックや後のゲームで描かれた火星独立ジオン軍との戦闘におけるラスボス機体であり、先にキット化されている2号機とF90IIをつなぐ存在でもある本機の商品化は現在展開中のシリーズにおいてのひとつの山場とも捉えることができる

■はじめに
 プレミアムバンダイ販売アイテムのMGガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)を担当させていただきました。MGガンダムF90と共通で関節部にABSを使用しているので、スミ入れ時にパーツに負荷がかかって割れないよう調節。ヒジや脇腹、ヒザ、足首などフィッティングがタイトな部分のクリアランスの確保、ディテールが甘く感じた部分の補完などを行いました。

■首
 頭部と胴体が離れている印象だったので首関節を若干短くしました。首関節だけ縮めるとアゴが引けなくなるので、カバーパーツ正面を角度をつけて削り込み調整。加工前は正面から見えていた軸が目立たなくなりました。

■足首
 スネアーマー下部と足首アーマー裏が干渉して塗料剥げや色移りしそうなので、足首アーマーのインナーパーツを削り込んでクリアランスを確保しています。このパーツは完成後、ほとんど見えなくなるので気にせずナイフで大きく削り込みました。

■塗装
 赤と黄色の成型色が設定画と比べてやや薄く感じるのと、ヒジ関節や指がコクピットハッチやグレネードと同じ色なので、そちらに合わせて塗り分けています。ヒザアーマーの塗り分けには水転写デカールが付属していますが、作例は塗装で再現しています。頭頂部のカメラ、ツインアイ、バルカン砲が一体成型されているので、バルカン砲を切り離して頭部に接着。頭頂部カメラ、ツインアイは分割して本体ツヤ消し塗装後に組み込みました。足首まわりに使用しているメッシュホースはトップコートを厚く吹くと白化して柔軟性も低下するので、トップコートを薄く吹くか、吹いた後に組み込むとよいでしょう。

■カラーレシピ
赤=ハーマンレッド
白=クールホワイト
黄=サンシャインイエロー+ビビッドオレンジ+焔朱
関節等=MSグレー ジオン系
腕関節等=ミディアムブルー+MSティターンズブルー1+クールホワイト+オーシャンブルー等

BANDAI SPIRITS 1/100スケール プラスチックキット “マスターグレード”

OMS-90R ガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)

製作・文/坂井晃

MG ガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●4950円、2次受注中、7月〜発送●1/100、約15cm●プラキット●プレミアムバンダイ販売アイテム

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒ創通・サンライズ

坂井晃(サカイアキラ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年6月号

ご購入はこちら

ガンプラカタログ2022 プレミアムバンダイ編

ご購入はこちら

ガンプラカタログ Ver.MG/PG/RG GUNPLA 40th Anniversary

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー