• HOME
  • 記事
  • 工具・マテリアル
  • 卓上にピッタリサイズの「LEDリングライト」&「ライティングベース」で模型を楽しく!【月刊工具】卓上にピッタリサイズの「LEDリングライト」&「ライティングベース」で模型を楽しく!...卓上にピッタリサイズの「LEDリングライト」&「ライテ...

卓上にピッタリサイズの「LEDリングライト」&「ライティングベース」で模型を楽しく!【月刊工具】

2022.03.10

月刊工具 模型の入り口はいつの時代も工具から。 月刊ホビージャパン2022年4月号(2月25日発売)

卓上にピッタリサイズの「LEDリングライト」&「ライティングベース」で模型を楽しく!【月刊工具】

卓上にピッタリサイズのLEDライトで模型を楽しく!

 毎回工具&マテリアルをピックアップしてお届けする好評連載「月刊工具」。今回は最近工具のリリースラッシュが続く童友社のLEDライト2種類をご紹介、手元を照らす光源としてはもちろん、完成品の撮影時には作品を演出する照明にもなる、そんなライトの特徴を見ていきましょう。

074 Product_name Sgot! LED Ring Light & Lighting Base
解説/けんたろう、月刊工具スタッフ


あなたの模型製作の光であれ

凄!ホビー用 LEDリングライト 商品画像

凄!ホビー用 LEDリングライトS

●発売元/童友社●発売中●1738円


!ホビー用 LEDリングライトM

●発売元/童友社●発売中●2178円


凄!ホビー用 LEDリングライトL

●発売元/童友社●発売中● 2728円

impression

LEDリングライトのS、M、Lをならべた画像
▲ LEDリングライトは、リング部分の直径が154mm(S)、202mm(M)、260mm(L)の3種類。S、Mには三脚が、Lには三脚と雲台、スマホホルダーが付属しています(電源はUSBタイプA端子での供給)
LEDリングライトを白色、電球色、昼光色をそれぞれ点灯させた画像
▲ コントローラーの操作で、白色、電球色、昼光色の3パターンに変更することができ、それぞれの色味で明るさを10段階調整可能です
作業中の手元を照らしている様子の画像
▲ 三脚を用いて卓上に置いておけば、手元を照らす照明になります。明るさMAXだと少しまぶしいので、自分に合った明るさに調整しましょう
作品をスマホのカメラで撮影している様子の画像
▲ リング内から撮影することで、作品全面にまんべんなく光を当てた撮影も可能で、完成品はもちろん、作業途中にスマホでちょこっと撮影したいときにも便利です

厚さ4mm!薄型LEDパネル

凄!ホビー用ライティングベースの商品画像

凄!ホビー用ライティングベース A5

●発売元/童友社●発売中●2178円


凄!ホビー用ライティングベース A4

●発売元/童友社●発売中● 3278円

impression

ライティングベースのA4、A5をならべた画像
ライティングベースに電源コードを差し込んだ画像

▲ 形状はまんま板といった見た目で、サイズはA5、A4の2種類。厚みは4mmで、側面のmicro USBの端子にケーブルを差し込んで電源を供給します

ライティングベースの明るさ3段階の比較画像
▲ 電源マークのある部分をタップすることでスイッチオン。電源側両端のLEDが発光し、クリアーの盤面を通じて全体が発光します。押す回数で明るさを3段階で調整することができます

ライティングで完成品撮影を楽しむ!

How to use

ライティングベースにカーモデルを乗せ、リングライトを設置した画像
ライティングベースやリングライトに照らされているカーモデルアップの画像

▲ ライティングベースにカーモデルを乗せて撮影。リングライト(白色)で作品の上からもしっかり光を当てることで、ライトアップされている実車のように。ライティングベースの下からの光がボディに反射して、さまざまな表情が出ているのがポイント

AFVが電球色のリングライトに照らされている様子の画像
電球色のリングライトに照らされているAFVアップの画像

▲ 次にリングライト一灯(電球色)でAFVキットを撮影。片側だけを照らすことで、雰囲気のある写真に仕上がりました

ライティングベースをたてて、作品を設置した画像

▲ 最後はライティングベースを背景に立てての撮影。パンチングプレートのような表面になっているため、それを背景に活用してみました。後ろからの発光でサイバーな仕上がりに

まとめ

 卓上に置くのにぴったりなサイズの光源で、細かな作業をする手元をより鮮明に照らしてくれます。スマホでの写真撮影だけでなく、動画撮影に相性も抜群。模型撮影において照明は重要です!光量もしっかりあるので、模型の撮影でも大いに活躍する万能アイテムです。

この記事が気に入ったらシェアしてください!

© KOTOBUKIYA

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年4月号

ご購入はこちら

模型作りが楽しくなる工具&マテリアルガイド

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.8

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー