• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 『境界戦機』北米同盟軍AMAIM輸送機「V-33 ストークキャリー」ディティールアップ『境界戦機』北米同盟軍AMAIM輸送機「V-33 ストークキャリー」ディティールアップ『境界戦機』北米同盟軍AMAIM輸送機「V-33 ストークキ...

『境界戦機』北米同盟軍AMAIM輸送機「V-33 ストークキャリー」ディティールアップ

2022.02.22

V-33 ストークキャリー【BANDAI SPIRITS 1/72】 月刊ホビージャパン2022年3月号(1月25日発売)

V-33 ストークキャリー 特写

北米同盟軍機動作戦の要をスケールモデル的観点でディテールアップ

 北米同盟軍が使用するAMAIM(アメイン)輸送用の高速ジェットヘリ「V-33 ストークキャリー」がHGシリーズでプラキット化。同時発売のHG 1/72 ブレイディハウンドや2022年3月予定のHG 1/72 ブレイディハウンド(ブラッド専用機)を牽引することができ、HG 1/72 特大型装甲特殊運搬車に続く世界観を広げてくれるアイテムだ。木村直貴によるキットレビューは、現用兵器からのつながりをさらに高めるべくスケールモデル的観点で各所をディテールアップして完成させている。

V-33 ストークキャリー
▲主翼先端にメインエンジンを搭載した垂直離着陸機。AMAIMを1体輸送できるだけあり、キットでも全長は約20cmと大きめだ
V-33 ストークキャリー 前方
V-33 ストークキャリー 機体後部にサブスラスター
▲機首にガトリング砲、胴体左右にミサイルを装備。機体後部にサブスラスターを設けている
銃身をカットして1mmプラ棒に交換してディテールアップ
機首のガトリング砲

▲機首のガトリング砲は銃身をカットして1mmプラ棒に交換してディテールアップしている

キャノピー後ろのブレードアンテナ
▲キャノピー後ろのブレードアンテナは、整形の都合でいったんカットして0.5mmプラ板で大型化&シャープ化した
ミサイル格納庫
▲ミサイル格納庫のハッチが若干ゆるめだったので、断面に伸ばしランナーを貼ってややタイトに調整
メインエンジン
ノズルフィンも可動

▲メインエンジンはユニット自体の回転に加え、ノズルフィンも可動。作例ではメインエンジン両側面に航法灯を追加。ガンプラの余ったホイルシールにハセガワのクリアーフィニッシュを使用して赤青灯を再現

翼前後端が垂直面になっている
▲主翼は翼前後端が垂直面になっているので、上下パーツ接着後に前縁はなめらかなアールに、後ろ縁はシャープなエッジになるよう削り込んだ。エンジンノズルはフィン先端に0.25mm×0.5mmのプラ材を縦に貼って段差を付けている
後部サブスラスター パーツ
V-33 ストークキャリー 裏側

▲後部サブスラスターは一部裏の肉抜きが見えるのでエバーグリーンのモールド入りプラ板でフタをしている。ランディングギアにはブレーキチューブを追加し、脚庫カバーの断面はスジ彫りを入れて外装内装で塗り分けることで薄く見えるようにしている

V-33 ストークキャリー 素組み比較
V-33 ストークキャリー 素組み後ろ

▲製作途中状態&キット素組み(左)との比較。メインエンジン側面以外にも左尾翼の赤灯を追加している。キットは細かくパネルラインが造形されているので、さらに各面にボルトモールドを追加してミリタリー度を高めた

V-33 ストークキャリー 飛行
▲輸送機ではあるが武装も搭載されている。主戦力にはならないが、AMAIMの戦闘を補佐する航空戦力としても運用されるようだ
V-33 ストークキャリー ブレイディハウンド牽引状態
V-33 ストークキャリー ブレイディハウンド牽引状態 後ろ
V-33 ストークキャリー ブレイディハウンド牽引状態 あおり
▲別の記事で掲載のHGブレイディハウンド(製作/JUNIII)を牽引した状態。背面に専用ジョイントを装着し、牽引用アームを差し替えることで牽引状態を再現できる

■渋い!!
 オープニング映像でお馴染みの北米同盟軍輸送機、ストークキャリーが登場しました! HGキットでは特殊運搬車に引き続きの渋いサポートメカ! どんどん世界観が広がり嬉しい展開であります!
 劇中では第7話のゴースト戦で見せたブレイディハウンド空挺作戦がしびれましたね〜。ミサイルやガトリング砲で空中から支援するなど、単なる輸送機ではなく攻撃機としても活躍(最後はゴーストに乗っ取られて悲惨でしたが…)。ということで、オスプレイをジェット化したようなストークキャリーをリアルに製作してみましょう!

■スケールキットを凌駕!
 キットは合わせ目調整も翼の角度調整もいらないほどビシッと決まるスナップフィット。おまけにシャープなパネルラインと透明度の高いキャノピーで、完全にスケールモデル顔負けのデキ! 思わず舌を巻きます。ランディングギアもミサイルハッチもピッタリで、玩具っぽさが微塵もない。スゴイ技術! 恐るべし! やることない〜(泣)。
 唯一、安全基準により厚く成型せざるを得ないと思われる翼端形状をシャープに削り込んでやることぐらいでありましょうか。また、コクピット内部が造形されているので同スケールのフィギュアを乗せています。
 あとは細部であります。ガトリング砲の銃身やブレードアンテナを作り替えたり、航空機ならではのランプ類を設置したり、脚まわりのディテールアップ、ボルトや溝など表面モールドのさらなる充実化、などなど。似たような現用機を参考に手を入れてやりましょう。

■ミリタリー!
 基本色はGSIクレオスのカーキグリーンをベースに、アクリル絵の具の黒+茶+赤で全体をウォッシングして、薄汚れたイメージに仕上げています。マーキングはロービジを意識してグレー系のガンダムデカールを流用。最後にグレートーン+黒+半ツヤクリアーでグラデーション吹きをして、汚しを落ち着かせて完成であります。
 なお、本機の機番号は「01」! 2022年3月発売のブラッド機も製作してドッキングさせる予定です。お楽しみに!

V-33 ストークキャリー パッケージ

BANDAI SPIRITS 1/72スケール プラスチックキット“ハイグレード”

V-33 ストークキャリー

製作・文/木村直貴

HG 1/72 V-33 ストークキャリー
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●3080円、発売中●1/72、約20cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2021 SUNRISE BEYOND INC.

木村直貴(キムラナオキ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年3月号

ご購入はこちら

境界戦機MAGAZINE Vol.1

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2021年12月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー