• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 2022年のギルプリ初め! メイドロイド製作のポイントを直撃【Tony’s ヒロインワークス】2022年のギルプリ初め! メイドロイド製作のポイントを直撃【Tony’s ヒロインワークス...2022年のギルプリ初め! メイドロイド製作のポイントを...

2022年のギルプリ初め! メイドロイド製作のポイントを直撃【Tony’s ヒロインワークス】

2022.02.09

Tony's ヒロインワークス 月刊ホビージャパン2022年3月号(1月25日発売)

メイドロイド ミャオ

メイドロイド製作のポイントを開発担当者に直撃!

 Tony×マックスファクトリーによるプラキット企画『ギルティプリンセス』の情報をご紹介する本コーナー。2022年のスタートはプラモ初めということで、メイドロイドたちの組み立てポイントを、マックスファクトリーの開発担当者が伝授してしてくれたぞ! メイドロイドシリーズも出揃い、これから組み立ててみようという人も、メイドロイドをおかわりしちゃおうかなという人にとっても、すごくためになるコツが満載だ! それでは2022年のギルティプリンセス、スタート!

マックスファクトリー企画部/I.G.坂井

 教えてくれる人 

マックスファクトリー企画部/I.G.坂井

 figmaなどフィギュアを中心に担当している入社9年目。プライベートでもプラモが大好きだが、商品開発はギルプリが初。釣りやキャンプも大好き。

かわいいあの子を傷つけない! パーツは「2度切り」で

 パーツは「2度切り」
▲︎パーツを切り出すときは、まずはゲートを残し気味にしてカットし2回目でゲートを完全にカットする。こうするとパーツを傷つけることなくきれいに切り出せる

頭部組み立てのポイント!

デザインナイフできれいに除去
▲髪の毛のパーツの内側にゲートが残る。ここはデザインナイフできれいに除去しよう。ゲートが残っているときれいに髪のパーツがはまらない
耳と前髪をつける指示になっているが、その前に
▲フェイスパーツにきれいに髪を取り付けることができた。説明書ではこの後に耳と前髪をつける指示になっているが、その前に

耳のフチパーツを先に取り付けよう!

先にフチのパーツ(S1、S2)を基部にはめてから
▲説明書では耳の基部を頭部にはめ込んでから、耳のフチをつけるようになっているが、先にフチのパーツ(S1、S2)を基部にはめてからのほうが圧倒的に組みやすいぞ!
ぴたっと後ろ髪パーツにフィット
▲ご覧の通り、ぴたっと後ろ髪パーツにフィットした。ぜひこの手順で組み立ててみよう

接着推奨パーツには「流し込み接着剤」を使おう!

パーツが取れやすい部分は接着推奨
▲メイドロイドはパーツが取れやすい部分は接着推奨となっている。ここでは「流し込み接着剤」という超便利アイテムを使おう
接着したいパーツとパーツの間に、フタにセットされた筆先をチョンと置くだけ
▲接着したいパーツとパーツの間に、フタにセットされた筆先をチョンと置くだけで接着できるぞ。手も汚すことなくしっかり固定できた!

股間軸のポイント!

上面が大きく、下面がすぼまるように小さくなる向き
▲股間軸のボールには向きがある。正しい向きは上面が大きく、下面がすぼまるように小さくなる向きとなっている
少し上面にスペースができる
▲ボールの位置を正しい向きでボディ内に取り付けると、このように少し上面にスペースができる
股間軸のボールは引き出すことが可能
▲股間軸のボールは引き出すことが可能。これにより可動範囲が大幅に広がる。こちらは引き出した状態。ポーズをつける時におススメ
ボールを定位置に戻した状態
▲こちらがボールを定位置に戻した状態。立ち状態でボディラインを美しく見せたいときはこちら

軸をカットして嵌合を調整

手首や足首関節など固い部分は軸を少しだけカット
▲︎手首や足首関節など固い部分は軸を少しだけカットしてあげると渋みを調整できる。こちらは手首の前腕側の軸1〜2mmほどカットしてみた
2回くらいに分けてカットする
▲︎ペンであたりをつけて、1度で切らず2回くらいに分けてカットすると失敗も少なくなる。よく切れるニッパーを使用することもポイントだ
足首の軸
▲︎足首の軸。こちらは靴側に刺すほうが少し硬いようだ。ここも1〜2mmほど軸をカットした
背中のリボン飾りとサイドスカートを支えるジョイント
▲︎背中のリボン飾りとサイドスカートを支えるジョイント。リボン側に差す軸の嵌合が固いので、同じく1〜2mmほどカット

遊ぶときは股間軸を引き出そう!

股間軸のボールが奥までぐっと入っているとこのようなライン
▲︎素立ちの状態。先ほど紹介した股間軸のボールが奥までぐっと入っているとこのようなラインとなる
太ももが衣服に当たってしまう
▲︎太ももがこのように衣服に当たってしまうので、脚を大きく上げられない
中のボールが股間軸の返しで止まる位置があるので、そこまで引き出す
▲︎下半身をぐっと下に引き出だそう。中のボールが股間軸の返しで止まる位置があるので、そこまで引き出す。パンツのディテールもしっかりと現れた
太ももが前方と上方にしっかりと上がるようになる
▲︎そうすると太ももが前方と上方にしっかりと上がるようになる。これによってさまざまなポーズを楽しむことができるようになる

袖のフリルは肩の軸に通そう

肩のフリルは肩の軸に取り付けたほうが組み立てやすい
▲肩のフリルは説明書では胴体側につけて軸を通す組み順になっているが、こちらは肩の軸に取り付けたほうが組み立てやすい

展示ベースのアームの軸調整

延長パーツを忘れずに使おう
▲付属の台座を使うときは、この延長パーツを忘れずに使おう。ポーズ付けが格段にやりやすくなる

金のマッキーでお手軽ドレスアップ!

袖の金色は「金マッキー」で簡単にドレスアップ
▲成型色で再現されていない袖の金色は「金マッキー」で簡単にドレスアップ。まるでメッキの金のような輝きに!
塗装するときは爪楊枝を袖の穴に通そう
▲塗装するときは爪楊枝を袖の穴に通そう。穴の大きさが一般によく売っている爪楊枝とドンピシャだ
同じ場所を重ね塗りしないようにするときれいに輝く
▲同じ場所を重ね塗りしないようにするときれいに輝くぞ。はみ出してしまったら、デザインナイフの先でカリカリと削ればキレイになる
素組みなら1時間ほどで組みあがる
▲素組みなら1時間ほどで組みあがる! 今回のポイントとともに、ぜひあなただけのメイドロイドを作ってみよう!

メイドロイド・ミャオ

●発売元/マックスファクトリー、販売元/グッドスマイルカンパニー●6800円、発売中●約16cm●プラキット


Tonyイラスト ギルティプリンセス アライグマ ラクエル

年も明けて2022年もギルプリ頑張っていきますよ~って感じでメイドロイドのアレンジ案をいろいろ考えている中、以前のコラム内でそろい踏み登場していたメイドロイド達の中からアライグマメイドのラクエルちゃんをクローズアップして描いてみました。洗濯係で武器は布団叩きを持たせると魔法のステッキみたいで可愛いかなと思ったり。耳と尻尾変えるだけでけっこう印象が変わるのでいかがでしょう?
みなさんも色々試してみてくださいね。

イラスト・文/Tony

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒMAX FACTORY・Tony/Guilty Princess

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年3月号

ご購入はこちら

Tony's ヒロインワークス「シャイニング」シリーズ編

ご購入はこちら

女の子プラモ ペイントの教科書

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー