• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • FAガール作例:マガツキ[橘花]【urahana3】FAガール作例:マガツキ[橘花]【urahana3】FAガール作例:マガツキ[橘花]【urahana3】

FAガール作例:マガツキ[橘花]【urahana3】

2021.09.18

フレームアームズ・ガール マガツキ[橘花]【コトブキヤ】 月刊ホビージャパン2021年10月号(8月25日発売)

色調合わせで豪奢なデカールを引き立てる

シリーズロゴ

 FAガール マガツキのバリエーションとして発売された「マガツキ[橘花]」。一部新パーツとデカールを追加し、ベースキットから印象を大きく変えているアイテムである。今回のキットレビューはurahana3が担当。見せ場のひとつであるデカールワークをより効果的にするために、ゴールドの調色に注力している。

マガツキ[橘花]
扉絵
マガツキ[橘花]
フロント
マガツキ[橘花]
リア
マガツキ[橘花]
アクションポーズ
▲キットはFAガール マガツキから成型色を変更、さらに新規造形のショートヘアパーツ、FAガール 迅雷 Indigo Ver.と色違いの手裏剣が追加されている。わずかな変更で、基の凛とした雰囲気から明るく快活な印象に変容させているのが見事
表情パーツ
▲キットにはマガツキから視線などを変えた4種の表情パーツが付属。作例ではさらにFMガール 初音ミクから流用した笑顔パーツも追加した
下地処理
使用塗料

▲艶やかな印象にするため今回は半光沢仕上げ。下地処理として400番から800番のヤスリで丁寧に仕上げている。白い装甲は基本塗装に高い隠蔽力と光沢性を併せ持つボーンペイントのビギニングホワイトを使用。今回のような仕上げにはうってつけだ。最後に白のパールでコート

デカール軟化剤
デカール仕上がり

▲柄のデカールは余白ギリギリでカットすると位置合わせしやすい。このキットのように曲面部に貼る際はデカール軟化剤を活用しよう。調色で色味を合わせたことでデカールの違和感もない

デカール色に合わせた調色
デカールとの比較

▲本作例のテーマであるピンクゴールドの色味。プリズムマゼンタゴールド、GXレッドゴールド、GXクリアピンクを使い、デカールの色味に可能な限り近づけてある

刀構え1
刀構え2
手裏剣構え
ダメージポーズ
刀構え
リア
▲キットは基のマガツキのロングヘア、さらに前立てなしの前髪も付属。頭部はかなり多彩なパターンが楽しめる。手裏剣も増えたことでより「忍者」成分がマシマシとなっている
後ハメ加工
▲腰両側のパーツは赤い部分をカットしておくと腹部の合わせ目を消したあとではめ込める。軽装時はウエストのラインが見どころなので、お腹周りは特に丁寧に仕上げたいところ

 今回は、FAガール マガツキの新バージョンである橘花を製作しました。単なる色替えだけでなく、模様の入ったデカールが目を惹きます。髪型も新造されていて、素体状態のくノ一も元気はつらつとしていて良いですね!
 白いパーツ、ピンクゴールドのパーツは半光沢仕上げにしたかったので、まず下処理から慎重に行っていきます。400番、600番のペーパーヤスリで整面していき、800番相当のスポンジヤスリでヤスリ目を消していきます。半光沢だと処理の甘い部分が目立ってしまいますので、下地処理は丁寧に時間をかけて行います。
 白のパーツはホワイトサフを吹いてから、ボーンペイントのビギニングホワイトで塗装し、その上からムーンストーンパールを吹いてホワイトパール塗装で仕上げました。ゴールドの部分ですが、ここは塗装と模様のデカールの色がぴったり合うように、慎重に調色します。今回はガイアカラーのプリズムマゼンタゴールドをベースにしましたが、この色は現在廃版になっていますので、パールカッパーで代用すると近い色味になるかと思います。これにGXレッドゴールド、GXクリアピンクを足して近い色味になるまで調合していきます。
 模様のデカールは曲面が多く貼りにくい部分も多いので、デカール軟化剤を使いながら貼り込んでいきます。長く漬けてしまうとデカールが溶けてしまいますので、塗ってからすぐに綿棒で拭き取るイメージで、拭き取りつつ押さえつけてパーツに追従させます。
 デカールとゴールドに塗装した部分の色味を揃えることが、このキットを見映え良く作るための鍵になってくると思います。特徴的な模様を活かしながら、丁寧な仕上げで可愛く橘花を作ってあげてください! urahana3でした。

マガツキ[橘花]

コトブキヤ ノンスケール プラスチックキット “フレームアームズ・ガール”

マガツキ[橘花]

製作・文/urahana3

フレームアームズ・ガール マガツキ[橘花]
●発売元/コトブキヤ●7040円、発売中●約16cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ KOTOBUKIYA

urahana3(ウラハナサン)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年10月号

ご購入はこちら

フレームアームズ・ガール モデリングコレクション3

ご購入はこちら

フレームアームズ・ガール モデリングコレクション2

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー