• HOME
  • 記事
  • フィギュア
  • 『Bloodborne The OldHunters Edition』より「時計塔のマリア」がfigma化『Bloodborne The OldHunters Edition』より「時計塔のマリア」がfigma化『Bloodborne The OldHunters Edition』より「時計塔の...

『Bloodborne The OldHunters Edition』より「時計塔のマリア」がfigma化

2021.08.28

figma 時計塔のマリア 【マックスファクトリー】 月刊ホビージャパン2021年10月号(8月25日発売)

『Bloodborne The OldHunters Edition』より「時計塔のマリア」がfigma化

時計塔の麗人が目を覚ます――

 アクションRPG『Bloodborne The OldHunters Edition』のパッケージイラストそのままに、最古の狩人のひとり「時計塔のマリア」をfigma化。永遠なる眠りから目覚めし時、秘密の守り人は再び刃を振るうだろう…。

時計塔のマリアイメージカットの画像

 初登場時は大聖堂の時計塔で物言わぬ死体のように眠っていたマリア。主人公(プレイヤー)である狩人との邂逅を機に目覚め、仕込み武器を駆使する強敵として立ちはだかった。ここでは通常版の内容に加え、武器や椅子が付属する「figma 時計塔のマリア DX Edition」を中心に紹介していく。


マリア 立ち姿の画像
▲ “穢れた血族”とされるカインハーストの出自であり、装束から貴族的な意匠が見受けられる。表情パーツには3D彩色を採用。緻密な造形にリアリティを与えている
マリア 変形した落葉装備
▲ 落葉は劇中同様、刀と短刀の二振りに変形可能
マリアと狩人 内臓攻撃のシーン再現の画像
▲ 「figma 狩人」(8963円)との身長差も忠実。内臓攻撃のシーンも違和感なく再現できる
落葉とエヴェリンの画像
▲ 仕込み刀「落葉」や銃「エヴェリン」が付属する
落葉とエヴェリンを狩人に持たせた画像
▲ 落葉やエヴェリンを狩人に持たせることも可能
血刀を両手に持ったマリアの画像
▲ DX版には血刀エフェクトが付属
DX版付属の豪華な椅子の画像
▲ DX版に付属する豪奢な椅子。専用パーツとしてパッケージイラストのポーズがとれる「座り下半身パーツ」も用意されている

GSCオンライン特典

GSCオンライン特典の台座の画像
▲ 劇中を彷彿させる「Lサイズfigma台座」。GSC公式サイトで予約して確実に入手しよう

figma 時計塔のマリア DX Edition

●発売元/マックスファクトリー、販売元/グッドスマイルカンパニー●12800円、2022年8月予定●約16.5cm●原型/みよしノル、マックスファクトリー、彩色/丸ノ内あすか、制作協力/浅井真紀、アートスピリッツ

この記事が気に入ったらシェアしてください!

© 2021 Sony Interactive Entertainment Inc.

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年10月号

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.19

ご購入はこちら

フィギュアJAPANマニアックス 美少女可動フィギュアの現在

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー