• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 『メガミデバイス』“近代化改修版” WISM・ソルジャー スナイプ『メガミデバイス』“近代化改修版” WISM・ソルジャー スナイプ『メガミデバイス』“近代化改修版” WISM・ソルジャー...

『メガミデバイス』“近代化改修版” WISM・ソルジャー スナイプ

2021.05.16

WISM・ソルジャー スナイプ Update Ver. with ウィアード・テイルズモーターサイクル形態【コトブキヤ 1/1、1/24】 月刊ホビージャパン2021年6月号(4月24日発売)

 『メガミデバイス』もシリーズ開始からおよそ5年。その間にアップデートも行われ、初期アイテムと最新アイテムでは主にスタイリングが大きく変化した。そんな黎明期のキットをアップデート版をリリースすることで補完するのではなく、アップデート用のパーツを展開して対応する方式を取ったのは、「マシニーカ」という素体で構成した強みともいえる。
 作例はそんなアップデートパーツを用いたWISM・ソルジャー スナイプにオリジナルテイストを盛り込んだもの。「ヘキサギア」などで製作したオリジナルバイクも用意して、コトブキヤが各シリーズで提案するプラモデルの組み替え遊びも大いに楽しんでみた。

▲ 背面に装備を懸架し、メイン武装のロングライフルはキットのランナーを使用して銃身をさらに長く加工しているにも関わらず自立できるのは素体に使われている「マシニーカ」の力

▲ 頭部は「吾妻 楓」(※)。後頭部の関節をシームレスにならしメガミ改造パーツVer.muscuto01朱羅忍者用の耳を取り付けている
 ※© Pyramid,Inc./COLOPL,Inc.

▲ フェイスパーツは3種類製作。髪型を使った都合上フェイスは吾妻 楓のもので瞳デカールはWISMを使用。ハイライトや差し色などをエナメル塗料で加筆した

▲ 本体の組み替え途中経過。脚部はマジカルガールDARKNESSのものを使用し、基本シルエットはWISMを踏襲して製作

▲ WISMのパンツ前部はディテールが入っているのでそれを活かすためにキットのまま。後部は新規。太モモを収めるためボトムスセットを使っている
▲ マジカルガールの靴にWISMのつま先部を接続するのに軸長が足りなかったのでプラパイプで接続部を延長。かかとは朱羅忍者のパーツを使用

▲ ウィアード・テイルズをバイク形態に改修。ライディングができるポジションを考えながらパーツ位置を調整・製作。ダメージ仕上げとして仕上がりの統一化を図った

▲ ステアリング周りにメーターを模したパーツやサイドミラーも配置
▲ 焼き表現を入れればサイレンサーらしくなる

▲ 武装なしの肌素体はメガミデバイスM.S.Gスキンカラーを使用して製作。手足にはネイルをエナメル塗料で入れている

■メガミM.S.Gで近代化改修!
 今回は「メガミデバイスM.S.G」のトップスセットとボトムスセットを使用した“近代化改修作例”というお題で製作させていただきました。せっかくやるなら、ということで、素体にはシリーズ最初期の「WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル」からスナイプを選び、さらに近年のメガミデバイスのパーツを使用してブラッシュアップを狙いました。
 また先日の「コトブキヤコレクションONLINE 2021」でのメガミデバイスとヘキサギア(創彩少女庭園)両企画P様のトークライブが大変楽しかったのでヘキサギアを作りたくなってしまい、製作時点での最新キットである「ウィアード・テイルズ」を組み替えてモーターサイクル形態にしてみました。

■製作について
 まず本体ですが、WISMからかけ離れる組み替えは避けたかったので、胴体、腕、靴、ヘルメットと、武装は長い銃身をつけた以外はキットのまま。トップス部はシルエット以外に変化を持たせず進め、下半身はボトムスセットを組み込む関係上太モモより下を「Chaos & Prettyマジカルガール」から拝借しています。折角脚部を変えたので靴の上部はマジカルガールの物を、かかと部に朱羅のパーツを使用しています。
 頭部には髪型のシルエットが一番近そうな「吾妻 楓」を使用し、前髪をカット、後頭部の関節をシームレスに改修しています。また、どうしても耳をつけたい気持ちを抑えきれずメガミデバイス改造パーツのレジンキットから拝借しました。
 パンツ部は前部をWISM、後部はメガミM.S.G、それぞれをプラ板で繋げてパテなどで均しています。最終的に武装をどうマウントしようかと考えた末に元々の腰基部にアームをつけることとし、さらに前部へ伸びるガンアームを装備させてみました。配色に関してもWISMのカラーリングから大きく変えることは避け、差し色としてオレンジをところどころに使用する程度に留めました。
 そしてオマケというには存在感が強いですが、ウィアード・テイルズにはバンディットホイールやラピッドレイダーを使用し組み替えてバイク形態を製作しました。
 基本塗装が終わったあとになにか物足りなさを感じまして、これはウェザリングを入れるべき、という謎の使命感に襲われたのでチッピングを施しました。いつか作例としてオリジナルの仮想バイクをと密かに思っていたものが形にできたことを嬉しく思います。

コトブキヤ 1/1スケール プラスチックキット“メガミデバイス”WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル & 1/24スケール プラスチックキット“ヘキサギア”ウィアード・テイルズ改造

WISM・ソルジャー スナイプUpdate Ver.
with ウィアード・テイルズモーターサイクル形態

製作・文/Rikka

メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル
●発売元/コトブキヤ●5280円、発売中●1/1、約14cm●プラキット

ヘキサギア ウィアード・テイルズ
●発売元/コトブキヤ●7150円、発売中●1/24、約28cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

© KOTOBUKIYA・RAMPAGE ©Masaki Apsy

Rikka(リッカ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年6月号

ご購入はこちら

メガミデバイスモデリングコレクション

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.15

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー