• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • “ガネーシャ”スクラッチビルダーがキットレビュー!! 『アリス・ギア・アイギス』「メガミデバイス 兼志谷 シタラ Ver.ガネーシ...“ガネーシャ”スクラッチビルダーがキットレビュー!! 『アリス・ギア・アイギス』「...“ガネーシャ”スクラッチビルダーがキットレビュー!!...

“ガネーシャ”スクラッチビルダーがキットレビュー!! 『アリス・ギア・アイギス』「メガミデバイス 兼志谷 シタラ Ver.ガネーシャ」

2021.05.16

兼志谷 シタラ Ver.ガネーシャ【コトブキヤ】 月刊ホビージャパン2021年6月号(4月24日発売)

『アリス・ギア・アイギス』プラキットシリーズ最大級キット「Ver.ガネーシャ」がついに発売! キット化は早々あり得ない…とほとんどの人が思っていたであろうシタラの専用ギアが7作目にしてキット化されたことは、シリーズの好調が窺えるとともに、今後の展開に大きな期待も持てる事象と言って良い。
 作例は、MOOK「ホビージャパンエクストラ 2019 Autumn」の表紙も飾ったフルスクラッチによるVer.ガネーシャを手掛けた柚Pに担当してもらい、スクラッチビルダー視点におけるキットレビューと製作ポイントをピックアップしてもらった。

▲「ホビージャパンエクストラ 2021 Autumn」の表紙モデルでレジンキットも販売された柚P作・Ver.ガネーシャ。こちらもかなりのボリュームを誇っているが、プラキットは各パーツともにさらに大振りでディテールも豊富。レジンに比べて軽量なプラ素材だからこその恩恵ともいえる

▲左が以前の作例版で、右が今回のもの。今回のキットで肩幅などに調整が入ってバランスが改善されたのが見て取れる。表情もより劇中に近づいた印象。作例の仕上げも赤みを落ち着かせた褐色肌でより自然な雰囲気となっている
▲同じく新規造形の付属品であるシタラ人形もていねいな塗り分けで仕上げてある
▲新規の困り顔。この仕草で楽しみたい
▲装甲の裏面をエナメル塗料で塗り分け。その後ラッカー系でトップコートを吹いておけば、エナメル塗料でスミ入れも可能
▲ガネーシャの塗り分け最大の難所。ハイキューパーツの丸形マスキングを使えば比較的簡単に行える。周りのマスキングにはマスキングゾルを使った
▲腰の合わせ目消し。お腹周りにある帯パーツを一部加工することで合わせ目のラインを変更。目立たなくしてみた
▲インドラダヌスの両側面のモールドは、ドリルとナイフを使って開口。グッとハイディテール感が増す
▲左:肩の後ハメ加工。胴体側に切り込みを入れて肩関節の入り口を作ったら、腕の接続穴が前に来るように肩関節側の軸をその入口に合わせた形状に加工、差し込む 右:正位置に回転させると、関節軸の抜け防止が機能するようになり、組み立て後に抜けなくなる

 こんにちは、柚Pです。前回のカルバチョート&フルスクラッチ・ガネーシャ(ホビージャパンエクストラ 2019 Autumn掲載)に続き、ガネーシャの作例も担当することができました! こんなにシタラちゃんを作れるなんて幸せです。
 さて、今回の作例ですが、シタラ本体を作るのはこれが2回目ということもあり、前回の作例の反省点を活かして、より完璧なシタラに仕上がったのでご覧ください!

■ガネーシャについて
 前回の作例でのガネーシャはフルスクラッチで用意しましたが、今回はコトブキヤのプラキットがあるので比較的楽に作ることができました。このキットは、海老川兼武氏がプラキット用にリデザインした追加ディテールなども入っているということもあり、ゲーム原作を超えたガネーシャとなっています。
 プラキットの作りとしても特筆して手を加えるような箇所が無いので、プロモデラー泣かせの完璧なキットでした…(褒めてる)。
 複雑なカラー配色にもかかわらず塗り分けもほぼ完璧にできちゃうので、無塗装派モデラーの満足度も高いでしょう!
 さらに個人的な感想になりますが、一度ガネーシャのフルスクラッチを経験した身としては、まるで「答え合わせ」をしているような不思議な感覚もおぼえました。「この箇所はこういう解釈だったか〜」みたいな。自分が作ったガネーシャと似たような形状で作られていたら嬉しいし、プラキットのほうが再現性が高いところがあるとちょっと悔しい、ってな感じでいろいろな感情が湧き上がる楽しいキットでもありましたね!

■兼志谷シタラについて
 基本的な作り方は「ホビージャパンエクストラ2019 Autumn」で掲載してもらっていたものと同じことをしています。新規で行った工程もいくつかあり、胴体周りの合わせ目消し、肩関節の後ハメなどがあります。肩関節の後ハメ加工については、SNSで見かけたアイデアを真似して再現してみました。

■塗装について
 コトブキヤの公式通販ページに書いてあるとおり、ガネーシャのパーツ数は全部で401〜600ほどありますので、事前にカラーレシピをしっかり決めておきましょう。
 今回は、モデラー仲間のいぬっこさん(@inukkochansan)にガネーシャの塗装で使用していたカラーを教えてもらい、そのカラーをベースに基本塗装をしていきました。
ベージュ=FS36622グレータン
グレー=ニュートラルグレーIVマホガニー+色ノ源マゼンタイエローで色味調整
ホワイト=ニュートラルグレーI

コトブキヤ ノンスケール プラスチックキット“メガミデバイス”

兼志谷 シタラ Ver.ガネーシャ

製作・文/柚P

兼志谷 シタラ Ver.ガネーシャ
●発売元/コトブキヤ●16280円、発売中●約29cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

© KOTOBUKIYA・RAMPAGE ©Masaki Apsy ©Pyramid,Inc. / COLOPL,Inc.

柚P(ユズピー)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年6月号

ご購入はこちら

メガミデバイスモデリングコレクション

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.15

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー