• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 『86—エイティシックス—』HG ジャガーノート(シン搭乗機)『86—エイティシックス—』HG ジャガーノート(シン搭乗機)『86—エイティシックス—』HG ジャガーノート(シン搭...

『86—エイティシックス—』HG ジャガーノート(シン搭乗機)

2021.05.03

ジャガーノート(シン搭乗機) 【BANDAI SPIRITS 1/48】 月刊ホビージャパン2021年6月号(4月24日発売)

86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例

細部の作り込みでミリタリー表現を追求する

『86—エイティシックス—』プラキット第1弾はスピアヘッド戦隊隊長を務めるパーソナルネーム〈アンダーテイカー〉シンエイ・ノウゼンが搭乗する「HGジャガーノート(シン搭乗機)」。キットは細かな造形が施されたハイディテール仕様で各部ギミックを再現。格闘用サブアームには高周波ブレードを搭載している。作例は本作がHJ誌プロデビューとなる豆タンクが担当。さらに細部を作り込むことでよりミリタリーテイストを高め、劇中の酷使されたイメージを塗装で再現している。

86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲キットは各部メカモールドや装甲板継ぎ目のリベットなど細かく造形で再現。ガンマウントアームの57mm滑腔砲とコクピット横のワイヤーアンカーは共通だが、シン搭乗機は格闘用サブアームに高周波ブレードを搭載。スコップを持った“首無し騎士”のパーソナルマークはテトロンシールで再現される
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例

▲本体ユニットに片側3ヵ所計6ヵ所設けられたシャックルはキットでは一体成型になっているので削り落として金属線に変更

86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例

▲本体下部の円筒状パーツは中央に合わせ目がくるので片側をカットして接着することで処理

86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例

▲キットの状態でもハッチ裏のケーブルやヘッドマウントディスプレイ、コクピット内フレームのリベットまで再現されているが、モールド追加と丁寧な塗り分けでより造形密度が高められている

86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲コクピットハッチ裏側は縁をフレーム状に段落ち処理し、先端部はボルトなどのモールドを追加
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲搭乗させてしまうと足元がほぼ見えなくなるパイロットのシンフィギュアも丁寧に塗り分けている
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲左が素組みで右が作例。リード線の使用やシリンダーの追加でさらに造形密度が高まっているのが確認できる
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲サブアーム基部の可動部にシリンダー状のディテールを追加
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲キットはワイヤーアンカーの収納と射出状態を差し替えで再現可能な仕様だが、作例は射出状態のリールにリード線を巻き付けて収納状態の固定式として製作
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例

▲脚部のパイピングはキットでは一部を再現しているのみなのでいったん削り落としてリード線で復活させている

86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲脚部装甲は縁を薄く加工
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲キット素組み(左)との比較。キット自体の形状はシルエットから細部造形までとても完成度の高いものだが、さらに細部を突き詰めた工作と劇中をイメージした塗装を施すことでここまでハードミリタリー感を高めることができる
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲脚部は付け根と足首が多重関節になっており、かなりアグレッシブなポージングが可能。本体下部には3mm穴が設けられているので別売りのアクションベースを使用すれば空中アクションでのディスプレイもできる
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例

▲滑腔砲側面の配線はキットのモールドを削り落として金属線に変更。薬莢パーツは後部の縁を削り込みでシャープ化した

86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲滑腔砲は砲身のスライドと排莢ギミックを搭載
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲キットはジャガーノート1体とパイロットフィギュア、スカベンジャー、レーナフィギュアがセット。同時発売の汎用仕様や6月発売予定の遠距離仕様も同じセット内容となる
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例

▲胴体前面にはプラ板を貼って装甲板状のモールドを再現し、各部にボルト穴モールドを追加。前後にあるセンサーはクリアーパーツを埋め込んで光を反射するようにしている。シンのジャガーノートに随伴するスカベンジャーはファイドと呼ばれ、胴体付け根が赤く塗装されているのが特徴

86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例
▲スカベンジャーはやや裏側の肉抜きなどが目立つのでプラ板で埋めつつ、モールドを追加
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例 レーナ フィギュア
86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例 レーナ フィギュア

▲レーナフィギュアは約3.4cmほどの小サイズモデル。設定画を参考に装飾や腕章、ガーターベルトなど細部まで丁寧に塗り分けた

 初の作例を担当させていただきました豆タンクです。よろしくお願いします。『86—エイティシックス—』に登場する機体ジャガーノートのシン搭乗機を製作しました。アニメ放送は開始されていますが、製作時はまだ放送開始前、ということで原作イメージで製作しています。

■製作
 全体のバランスはよいので各部のディテールアップと、酷使されている機体ということでダメージ表現を追加しました。胴体はコクピット内(パイロット含め)を塗装しないと組み立てできないため、合わせ目処理が必要な下部の円筒状パーツを切り離して先に処理できるようにしました。また、胴体各部のシャックルは一体成型になっているので金属線に変更。アンカーとリール部は射出状態と収納状態のコンパチですが、リード線を巻き付けてワイヤーを再現し、収納状態の固定としました。ほとんど見えませんがワイヤーをアンカー基部まで這わせてあります。脚部は設定画にあるパイピングが一部だけの造形になっているので削り落としてリード線で再現し、装甲の厚みが気になったので末端を薄く加工しています。サブアームは動かしたときの内部の隙間が気になるので、可動は制限されますがシリンダー風のディテールを追加しました。滑腔砲は目立つ合わせ目を丁寧に処理しています。抜きの関係で上部のリベット形状が半円になっているので削ってプラ棒で作り直し、パイピングは金属線に置換しました。ほかの細かい形状も設定画を参考に修正しています。装甲は「薄いアルミ」という設定なので、削り込みで表面の凹みを再現してみました。支援機のファイドは裏側の開口部が目立つので腕部はプラ板で塞ぎ、脚部はフレーム風のディテールを追加しました

■塗装
 ジャガーノートの装甲はMr.カラーのダークイエローで塗装。ツヤ消しコート後、ファレホのグレー系、ブラウン系でウォッシング。チッピングをスポンジと描き込みで行いました。フレームはMr.カラーのジャーマングレーに青を少し入れて鉄っぽさを狙っています。こちらもツヤ消し後にシルバー系でドライブラシ、傷の描き込み、ブラウン系でオイル染みや汚れを追加しています。ファイドは筆塗りでオレンジはシタデルカラーのジョケイロ・オレンジ。ほかはファレホのブラックグレーです。こちらもツヤ消し後にグレー、シルバーでドライブラシ後、傷や雨垂れ、オイル染みを入れています。シンとレーナのフィギュアはファレホの筆塗りです。シンの服装はアニメは単色のようですが、原作準拠で迷彩柄としました。

86 エイティシックス HG ジャガーノート シン搭乗機 プラモデル 作例

BANDAI SPIRITS 1/48スケール
プラスチックキット“ハイグレード”

ジャガーノート(シン搭乗機)

製作・文/豆タンク

HG ジャガーノート(シン搭乗機)
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン●2970円、発売中●1/48、約16cm(滑腔砲)●プラキット
[初回生産分限定特典]原作:安里アサト書き下ろし[86—エイティシックス—]特別短編小説

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2020 安里アサト/KADOKAWA/Project-86

豆タンク(マメタンク)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年6月号

ご購入はこちら

ビギナーでもうまくいく! ガンプラお気楽製作ガイド

ご購入はこちら

サンライズ・メカニック列伝

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー