• HOME
  • 記事
  • 工具・マテリアル
  • 【水性塗料ペインティングLAB.】「MODEROID シンカリオン E5 はやぶさ MkII」【むっちょ】【水性塗料ペインティングLAB.】「MODEROID シンカリオン E5 はやぶさ MkII」【むっち...【水性塗料ペインティングLAB.】「MODEROID シンカリオ...

【水性塗料ペインティングLAB.】
「MODEROID シンカリオン E5 はやぶさ MkII」【むっちょ】

2021.06.09

水性塗料ペインティングLAB.●むっちょ 月刊ホビージャパン2021年7月号(5月25日発売)

【水性塗料ペインティングLAB.】「MODEROID シンカリオン E5 はやぶさ MkII」【むっちょ】

製作・文/むっちょ

 安全、安心、環境にも優しくて高性能だけど、まだまだ認知度が低く使っている人も少ない「水性塗料」の可能性をお届けするコーナー。水性塗料に熟知した“水性アクリルボーイ”むっちょがさまざまなジャンルのキットを水性塗料で仕上げます。
 今回はグッドスマイルカンパニー「MODEROID」シリーズより、複雑な色分けを誇る『新幹線変形ロボ シンカリオン』キットを水性塗料で攻略してもらいました!

今回使用している塗料・材料

コラックス・ホワイト(シタデルカラー)
コルヴス・ブラック(シタデルカラー)
アヴァーランド・サンセット(シタデルカラー)
テンプルガード・ブルー(シタデルカラー)
ムートグリーン(シタデルカラー)

リトリビューター・アーマー(シタデルカラー)
メカニカス・スタンダード・グレイ(シタデルカラー)
ナルン・オイル(シタデルカラー・シェイド)
スクイッド・ピンク(ファレホ)
ウォーロード・パープル(ファレホ)

 みなさんこんにちは! 水性アクリルボーイのむっちょです! 今回は「シンカリオン E5 はやぶさ MkII」の細かく色分けされたランナーと彩色済みパーツに少し手を加え見映え良くしていくことに。シール部分の補完と少しの塗り足しを水性塗料の筆塗りで行いました。東京仙台間を1時間29分で駆け抜けるはやぶさの、特徴的なカラーリングの再現にもチャレンジいたしました。

■素組みがたのしい はやぶさ MkII

 緑、白、グレーと金の4色のランナーと、あらかじめ彩色の施されたパーツで構成されていて、パチパチと組み立てるだけでも気持ちのいいディテール表現を楽しむことができるはやぶさ MkII。美味しい海鮮と日本酒、せり鍋にホヤ、そして大好きな牛タンとずんだのある仙台。オラオラで無駄無駄のあの漫画の舞台にもなった仙台。そんな仙台まで、東京から1時間半で連れて行ってくれるはやぶさが僕は大好きです。

■はやぶさといえばはやぶさカラー

 はやぶさカラーといいますか、特徴的なターコイズでもなくエメラルドグリーンでもないあの緑は「常盤グリーン(ときわぐりーん)」といい、ピンク、白ともにGSIクレオスから限定生産カラーが出るほどの人気色。ちなみにピンクと白にもそれぞれ「はやてピンク」、「飛雲ホワイト」という名前が付いています。
 それはさておき、シール部分の塗装や、追加の塗り分けをしても、ランナー成型色とパーツ彩色になるべく近いイメージになるようにカラーを漁りました。白の部分はシタデルカラーのレイスボーンがぴったりでしたが、緑、ピンクに関してはなかったので混色して作ることに。緑はシタデルレイヤーカラー2色、ピンクはファレホゲームカラー2色を使用してなんとかそれっぽい色で筆塗りしました。

■急に登場ミニチュアペイントテクニック

 角(兜?)や胸のゴールドも成型色で表現されてはいるものの、アクセントとしては少し寂しさを感じたのでペイントすることにしました。しかし、メタリックカラーを広い面積に対してフラットに筆塗りするのは少し時間とテクニックを要求されるので、シタデルカラーを使って軽くレイヤリング(明るいカラーの重ね塗り)。パーツの上にそのままウォッシングするように、薄くゴールドを重ねて塗ることで、ムラ感とメタリック感をいい感じにサクっと演出してみました。

▲コラックス・ホワイトをベタ塗り。少し青みがかった白で、かなり発色もいいカラーなのだが、プライマーなし、クリアーコートもなしのプラ直塗りだと3、4回の重ね塗りが必要になってくる。濃度も高い、水かラーミアン・メディウムを使って薄く均一に伸ばしてしっかり乾燥を挟みながら根気よく、を意識して塗るのがコツ
▲塗り分け&スミ入れ完了。水性エマルション塗料は、乾燥後にツヤ消しになって塗料の食いつきもいい反面、はみだしの修正は乾く前の時間勝負! みたいになりがちなので、半ツヤトップコートを下地に吹いている。するとガタガタになった線を軽く削ることもできるので、精神衛生上も良い。スミ入れはシャバシャバに薄めたコルヴス・ブラックで行った
▲常盤グリーンはテンプルガード・ブルーにムートグリーンを少しだけ足したもの。はやてピンクは、スクイッド・ピンクにウォーロー・パープルを混ぜてそれらしくした。水性エマルション塗料は調色カラーのストックが苦手なので、その都度作ることになる。ウォーターパレットの上で作業をすればパレット上の塗料がなくなるまでしっかり使い切ることができるのでオススメ
▲ゴールドには成型色の上からナルン・オイルをウォッシングし、リトリビューター・アーマーで溝に溜まったところを残すようにして薄く重ね塗りした。ササッと筆を乗せて動かすだけで目に見えて色が変わっていく様子が楽しい
▲頭パーツはシールの貼付もないので、塗り分けの必要があるが、使うカラーはここで紹介した色と同じ手順を踏むだけ。少し丁寧に作業すればオーケー。が、目の周りを塗る時にがっつり塗りつぶしてしまったので、アヴァーランド・サンセットを使用してリカバリー

シンカリオン E5 はやぶさMkII

●発売元/グッドスマイルカンパニー●3900円、発売中●約13.5cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒプロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

むっちょ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年7月号

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.14

ご購入はこちら

トランスフォーマー ビーストウォーズ ビーストジェネレーション

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー