• HOME
  • 記事
  • 工具・マテリアル
  • 【水性塗料ペインティングLAB.】筆塗りクリアーでメガネもキラキラ! 「創彩少女庭園 小鳥遊 暦」【むっちょ】【水性塗料ペインティングLAB.】筆塗りクリアーでメガネもキラキラ! 「創彩少女庭園 小...【水性塗料ペインティングLAB.】筆塗りクリアーでメガ...

【水性塗料ペインティングLAB.】
筆塗りクリアーでメガネもキラキラ! 「創彩少女庭園 小鳥遊 暦」【むっちょ】

2021.05.10

水性塗料ペインティングLAB. 月刊ホビージャパン2021年6月号(4月24日発売)

【水性塗料ペインティングLAB.】筆塗りクリアーでメガネもキラキラ! 「創彩少女庭園 小鳥遊 暦」【むっちょ】

コトブキヤ 1/10スケール プラスチックキット“創彩少女庭園”
小鳥遊 暦 【令法高等学校・冬服】
製作・文/むっちょ

 安全、安心、環境にも優しくて高性能だけど、まだまだ認知度が低く使っている人も少ない「水性塗料」の可能性をお届けするコーナー。水性塗料に熟知した“水性アクリルボーイ”むっちょがさまざまなジャンルのキットを水性塗料で仕上げます。
 今回も先月号に引き続き『創彩少女庭園』より小鳥遊 暦を水性塗料を使ってさらに可愛くキラキラした雰囲気で仕上げる方法をレクチャーします!

今回使用している塗料・材料

タミヤウェザリングマスターHセット
ベインブレイド・ブラウン(シタデルカラー)
フレイドワン・フレッシュ(シタデルカラー)
オフホワイト(ファレホ)
スカー・ティッシュ(アーミーペインター)

小鳥遊 暦【令法高等学校・冬服】

●発売元/コトブキヤ●6380円、発売中●1/10、約15.3cm●プラキット

 みなさんこんにちは! 水性アクリルボーイのむっちょです! 前回に引き続き、ちょい足し『創彩少女庭園』! 今回はリリース2人目である小鳥遊 暦のキットを、水性カラーを使ってキラキラにしてみました。表情パーツのペイントは前回と同様に行い、このキットの推しポイントであるメガネをしっかりクリアーにして、瞳のキラキラ感がメガネ越しでも伝わるようにちょい足しアレンジ。

■本当に素組みでも楽しめるかわいいキット
 僕はセーラー服よりブレザー派です。縫い目に見えるように分割されている部分が多いので、制服部分のプラ用セメントを使った合わせ目消しは二の腕のパーツのみ。太モモなどの合わせ目消しには「ホビージャパンエクストラ 2021 Winter」で紹介されていた、シアノンDWを使用。

■サフレスちょい塗りとスプレー
 制服のボタン部分や、リボンのストライプなどはシタデルカラーとファレホを使用しました。ハンドパーツはカーディガンと一体になっているので、塗り分けがどうしても必要です。胸元から見えるパーツとブレザーの裾から見えるパーツも同じカーディガンなので、統一感を持たせるためにスプレーを使用。

■レンズをしっかり透明に! 筆塗りクリアー
 イラストのイメージ通りに、前回とほぼ同じ手順で瞳の描き込みを行ったので、レンズ越しでもクリアーに見えるようにメガネパーツには今回、筆塗り用のクリアーを使用しました。
 メイクはチークの色や、リップの濃さなどを意識して、少し大人っぽくなるようペイント。

▲リボンのストライプはデカールもついているが、位置調整に苦戦しそうだったので筆で書き込むことに(オフホワイト)。ササッと線を引き、デザインナイフで微調整した。カーディガンはクリーム色のスプレー(レイスボーン)を使用し、ムラなく、マットな印象に。メガネのフレームのベタ塗り(スクリーマー・ピンク)は表側だけ行った。こちらもよくはみ出すので、模型用三角綿棒で微調整
▲サフレスゴールドにはリトリビューター・アーマーがオススメ。発色と隠蔽力に優れていて、色味もかなりバキっとしているので、キャラクターモデルのワンポイントに使用することが多い。他のシタデルカラーよりも少しだけ値段が高いが、見合った性能を発揮してくれるはず
▲ 今回使用したのはツヤ有りのグロス・バーニッシュ。メカカラーシリーズからはツヤ有り、半ツヤ、ツヤ消しの3種類があり、筆塗り、エアブラシの両方で使えるのでオススメ。写真は旧パッケージだが、シタデルカラーからも同じようにツヤ有り、ツヤ消しの筆塗り用クリアーがある。筆で使用する場合は、水で薄めず原液で、少したっぷりめに塗布し、乾燥させるだけで済むので部分的に質感を変えたい場合などで活躍すること間違いなし!
( グロス・バーニッシュ ツヤ有り)
▲今回チークはタミヤウェザリングマスターHセットのオレンジに変更
▲眉毛や瞳のハイライトの描き足し、口のベタ塗り、リップのハイライト足しを行った。リップを少しだけ濃く色を乗せることで、ちょっと大人っぽい印象に
▲ 今回のワンポイントチャレンジはメガネ。ベタ塗り後に水性のクリアーカラーでツヤ出し。ムラに気を付けながらレンズにも塗布することで、細かいキズや、フレームを塗った時に付いたであろう変な曇りもなくなり、キレイなクリアーに仕上がる

▲顔の仕上がりで印象はガラリと変化。メガネは無塗装のクリアーなのでしっかり塗装しておきたい。

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ KOTOBUKIYA

むっちょ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年6月号

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.20

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.14

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー