• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 霊子戦闘機・無限(東雲初穂機) 新サクラ大戦霊子戦闘機・無限(東雲初穂機) 新サクラ大戦霊子戦闘機・無限(東雲初穂機) 新サクラ大戦

霊子戦闘機・無限(東雲初穂機)
新サクラ大戦

2021.06.03

霊子戦闘機・無限(東雲初穂機)【BANDAI SPIRITS 1/24】 月刊ホビージャパン2021年7月号(5月25日発売)

霊子戦闘機・無限(東雲初穂機) 新サクラ大戦

帝国華撃団・花組が全員集結!

 2019年12月に発売されたPS4専用ゲーム『新サクラ大戦』。ゲーム発売後、BANDAI SPIRITSから各主要キャラクターの搭乗する無限が続々と発売されていくこととなる。ホビージャパン誌では2020年9月号にて天宮さくら機、神山誠十郎機、2021年4月号にて望月あざみ機、アナスタシア・パルマ機、クラリス機と作例を紹介してきた。そして今回、帝国華撃団・花組の無限、最後の発売となる東雲初穂機の作例が到着! これまでそれぞれの担当モデラーが思いのままに製作してきた無限と比べても、キットの造形も作例の仕上がりも特徴的なものとなった。シリーズのキット化から約1年の時を経て集結した花組とともに『新サクラ大戦』を大団円でお届けしよう。

BANDAI SPIRITS 1/24 scale plastic kit“High Grade” SPIRICLE STRIKER MUGEN(SEIJURO KAMIYAMA TYPE) 
modeled&described by Blondy51


BANDAI SPIRITS 1/24 scale plastic kit“High Grade” SPIRICLE STRIKER MUGEN(SAKURA AMAMIYA TYPE) 
modeled&described by MATSU-O-JI(firstAge)


BANDAI SPIRITS 1/24 scale plastic kit“High Grade” SPIRICLE STRIKER MUGEN(HATSUHO SHINONOME TYPE) 
modeled&described by Kyosuke OZAWA


BANDAI SPIRITS 1/24 scale plastic kit“High Grade” SPIRICLE STRIKER MUGEN(CLARIS TYPE) 
modeled&described by Akinori YOSHIMURA(JUNE ART PLANNING)


BANDAI SPIRITS 1/24 scale plastic kit“High Grade” SPIRICLE STRIKER MUGEN(AZAMI MOCHIZUKI TYPE) 
modeled&described by FRITSUKU


BANDAI SPIRITS 1/24 scale plastic kit“High Grade” SPIRICLE STRIKER MUGEN(ANASTASIA PALMA TYPE) 
modeled&described by Rikka


霊子戦闘機・無限 東雲初穂機

 さくら、クラリスとともに、ゲーム初期から登場している東雲初穂。祭りとケンカが好きな江戸っ子気質でエネルギッシュな性格、搭乗する無限も身の丈を超す巨大なハンマーを持ったパワータイプのキャラクターである。
 作例では機体色はメタリック塗装、肉弾戦キャラクターであるゆえの汚れを施し、アニメチックなゲーム内の3Dモデルを可能な限りリアルテイストに表現。製作担当のAFVモデラーらしいアプローチを見ていこう。

REAR

FRONT

▲本体は黒立ち上げから深めの赤になるメタリックブラッディレッドでベース塗装

▲各所のゴールドはマスキングで対応。ちなみに肩の装飾は初穂の巫女という設定から紙垂(しで)をイメージしたもの

▲背面やパイプ等はガンメタルを使用。エッジ部分には明るめのライトメタルでドライブラシしてハイライトを入れる

▲ハンマーは全長約16cm。特徴的な色合いの武器なので傷んだ表現を適度に抑え、元のカラーを活かす方向に

▲機体の頭頂部をはじめ各所にチッピングでダメージ感を付ける。シルバーから赤味を加えつつ、3色使い分けムラをつけた

▲足元は泥はねをイメージし、サンディウォッシュでさらに汚し塗装

▲コックピット内部では、パイプ、スイッチ類の塗り分け後に計器類には汎用メーターデカールを貼り付けてクリアーレジンでカバーを作る

 今回製作したのは『新サクラ大戦』の東雲初穂機です。自分が普段作る模型とは全く違うジャンルですが、どこまでミリタリー感を出せるか挑戦してみました。
■組み立て
 説明書通りに組んでいけば問題ないのですが、パーツとの合わせ目やパーティングラインが各所にあるので消していきましょう。腕の関節部分に合わせ目ができますが、関節部分を塗装して後ハメ加工か、マスキングの選択になります。今回マスキングのみで塗装しました。
■塗装
 下地にサーフェイサーエヴォブラック、基本塗装にGXメタルブラッディレッド。ハイライトにはGXメタリックレッドシャインレッドを1:1で塗装し、完全乾燥後クリアーレッドを塗布します。
 その後マスキングをしてゴールド部分の塗装。本体や武器も含めて塗り分けが多いので根気良くやっていきます。乾燥の際、マスキングテープを貼りつけたままドライブースに入れるとテープの跡が残ることがあるので、半乾きくらいでテープを外してドライブースに入れています。
 組み立てると見えなくなってしまいますが、コックピット内メーターパネルには、スイッチ類を塗分けてメーターに汎用の水転写メーターデカールを使用。乾燥後、UVクリアーレジンを流してメーターのレンズっぽくしています。
■ウェザリング
 AMMOのドライブラシペイントからガンメタル、ライトメタル、パンツァーグレイを使います。シタデルカラーのドライブラシ用の筆で、エッジ部分にウェザリングを施しました。
 スミ入れはMr.ウェザリングカラー グランドブラウンを使用。スミ入れの際、場所によっては、ウェザリングカラーでは定着しにくい部分があるので、そこにはタミヤエナメルのフラットブラックレッドブラウンを混ぜてスミ入れしています。
 チッピングにはファレホのガンメタルクロームガンメタルレッドの3パターンを使用。装甲の下地がシルバーと想定して一段剥がれた色にはレッドガンメタルを混ぜた色でチッピング。もう一段剥がれた色にクロームやガンメタルをチッピングしています。

BANDAI SPIRITS 1/24スケール プラスチックキット“ハイグレード”

霊子戦闘機・無限
(東雲初穂機)

製作・文/小澤京介

霊子戦闘機・無限(東雲初穂機)
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン●4950円、発売中●1/24、約13cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©SEGA

小澤京介(オザワキョウスケ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年7月号

ご購入はこちら

森木靖泰デザインワークス [ロボット/ヒーロー篇]

ご購入はこちら

ビギナーでもうまくいく! ガンプラお気楽製作ガイド

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー