• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 二番目の帝騎“KOG-AT” キットレビュー【nishi】二番目の帝騎“KOG-AT” キットレビュー【nishi】二番目の帝騎“KOG-AT” キットレビュー【nishi】

二番目の帝騎“KOG-AT” キットレビュー【nishi】

2021.06.04

ナイト・オブ・ゴールド・A-T Type D2 ミラージュ【ボークス 1/100】 月刊ホビージャパン2021年7月号(5月25日発売)

二番目の帝騎“KOG-AT”「IMS」に降臨…!!

 ボークス『ファイブスター物語』(以下F.S.S.)プラキットシリーズ「INJECTION ASSEMBLY MORTAR HEADD SERIES」(以下IMS)で、主役機「ザ・ナイト・オブ・ゴールド」が1/100でキット化されて間もない中で、2番機にあたる「KOG-AT」を早くもリリース。スケールは1/100。「K.O.G.」と共通部分の多い同型騎ではあるが、頭部や腰周りといった差異はしっかり表現されているし、劇中でエンゲージSR4との激しい戦いを繰り広げたMHということで、半完成品モデル「ABSOMEC(絶対機構)」で確立された機構による可動ギミックを存分に試せるキットともいえる。
 作例はnishiが担当。「K.O.G.」たらしめるゴールドの表現方法について言及しているので参考にしてほしい。また、5月31日発売の姉妹誌「ホビージャパンエクストラ」では『F.S.S.』特集を敢行。誌面では本キットのレビューも行っているのでぜひ一緒にご覧いただきたい。

FRONT

REAR

▲本来後ろに伸びる飾りは短く組むようになっているが、今回は見映え重視で長くしてある。キットにはパーツがそのまま入っているので好みで選ぶことができる

▲テストショットということに加え、フェイスパーツがかなり小さいので、モールドがよりシャープになるように面を調整。すべてのパーツにこの作業を行ったので、クオリティを求めるなら根気が必要

▲1パーツ成型で表現された頭部天面は入り組んだディテールで見ごたえがあるので、しっかり整形しシャープなスミ入れを施しておきたい
▲武器は実剣のみ。納刀状態には本体と同じゴールド仕上げ。抜刀状態は派手さを抑えたシルバーで表現している
▲スターブライトゴールドは、乾燥後のキメ細かい粒子のほかに、削って修正した部分にあとから塗料を重ねても修正部分がほぼ分からなくなるという利点がある。写真のように表面に傷が見える部分に1200番のマジックヤスリを当てて重ね吹きすれば修正完了。基本塗装のゴールドで“捨てサフ”と同じことができてしまうし、今回はサーフェイサーを使わない前提なので、修正した部分の下地を気にすることもない。メタリックは下地の処理を完璧にして傷が目立たないように神経を使うことが定石だが、このゴールドを使うとそれが非常に楽になる
▲スターブライトゴールドの上澄みを取り除いて、Ex-クリアーを足し、クリアーブルーとクリアーグリーンで青金寄りに調色したものを使用。クリアー成分はメタリックの保護にもなるので一定量必要となる
▲肩のレリーフを含めて赤で塗装する部分が結構ある。ゴールドの下地を利用してキャンディー塗装仕上げにすると楽だし映える

▲肩のレリーフには白のラインを入れるというラッカー塗装だけでは難易度が高い塗り分けがある。ここはエナメル塗料の白をエアブラシ塗装して拭き取る方法で簡単できれいに仕上げることができる

■ KOG-AT
 今回KOG-ATの製作を担当いたしましたnishiです。この騎体のキットが製作できるとは思いも寄らず、ここまで生きてきて良かったなと素直に思いました。個人的には“パトラクシェミラージュ”といったほうが馴染みはあるんですけどね。
 騎体に関しての解説は説明書にしっかり記載されていますのでチェックを! 自分も一晩語りたいところではありますが割愛いたします。
■ キット概要
 さてこのキットですが、設定通りほぼ先に発売されたK.O.G.と共通になります。気になる点としてはバスターランチャーの基部がセットされており、K.O.G.のあの仕様が出るのではと容易に想像できるところ。また、このキットを精度を高めきれいに仕上げるには塗装前の下処理が重要になると思いますが、具体的な攻略法はなく、ただただ地道に頑張るしかないといったところです。
■ 塗装
 モールドが埋まったりエッジが甘くなることを避けるためサフレス塗装にしています。サフレスでメタリックを吹くと1000番のペーパー跡でも傷として見えてしまいますので、1500番までの処理が必要となります。ただ、今回使用したスターブライトゴールドが使い勝手の良い塗料でして…詳しくは途中写真とともにご覧ください。
 基本色は、そんなスターブライトゴールドの上澄みのオレンジクリアーをEx-クリアーにクリアーブルーとクリアーグリーンを少し足したものに置き換えて、フィニッシャーズ製の青金まで青くない金色に調整したもの。フレーム色はスターブライトゴールドにビクトリーブラウンゴールドを少し足したものを使用(説明書の配合違い)。肩のレリーフは下地の金色を活かしてクリアーレッドでキャンディー塗装しています。
 A.K.D.マークやそのほかの部分も合わせてあります。
 以上です! またお会いしましょう!

ボークス 1/100スケール プラスチックキット “INJECTION ASSEMBLY MORTAR HEADD SERIES”

ナイト・オブ・ゴールド・A-T Type D2 ミラージュ

製作・文/nishi

IMS 1/100 ナイト・オブ・ゴールド・A-T Type D2 ミラージュ
●発売元/ボークス●9900円、発売中●1/100、約27.3cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⒸEDIT ,All rights reserved.

nishi(ニシ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年7月号

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.21

ご購入はこちら

マクロスモデリング VF-31ジークフリード VS Sv-262ドラケンⅢ編

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー