HOME記事完成品TOY『ダイアクロン』水中活動タイプの「アルゴヴァーサルター<ボイジャー ユニット>」が新たに登場!

『ダイアクロン』水中活動タイプの「アルゴヴァーサルター<ボイジャー ユニット>」が新たに登場!

2023.02.14

1/60 DIACLONE WORLD【タカラトミー】  月刊ホビージャパン2023年3月号(1月25日発売)

『ダイアクロン』水中活動タイプの「アルゴヴァーサルター<ボイジャー  ユニット>」が新たに登場!

 ハード ダイアクロン、タクティカルムーバーシリーズに水中活動タイプが新たにラインナップされた。アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>はタクティカルムーバーの形態変化を活かして、水中で3つのモードで活躍するのだ!! (構成・文/五十嵐浩司)


タクティカルムーバーの水中活動タイプ

アルゴヴァーサルター<ボイジャー ユニット>登場

アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>

 <ボイジャーユニット>とは、2基の水中活動用大型ハイドロジェットを装備し、6基の戦術ミサイルで武装したタクティカルムーバーの拡張ユニットである。アルゴヴァーサルターはボイジャーユニットと結合することで、水中での戦闘や索敵などに特化した機動マシンとなるのだ。

アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>ボイジャーユニット装備
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>ボイジャーユニット装備後ろ

▲ボイジャーユニットを装備したアルゴヴァーサルターのフロント&リアスタイル。背中の大型ハイドロジェット2基と銛型の武器が特徴となっている。また、腰には魚雷を2基装備

アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>ボイジャーユニット取り外し
▲ボイジャーユニットを取り外した状態。魚雷にはグリップが付属し、銃としても使用できる
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>ボレットコア
▲ボレットコア。決戦モードでは胸部、マシンモードではフロントに接続される
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>マシンモード
▲マシンモード。ボイジャーユニットにより、世界でもっとも進んだ潜水艦に変化する
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>マシンモードリア
▲マシンモードのリアスタイル。後部先端にはスクリューが確認できる
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>メックモード
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>メックモード後ろ

▲メックモード。アルゴヴァーサルターの足に取り付けられたアタッチメントがパワークローとして使用される

アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>戦術ミサイル
▲左右3基、計6基の戦術ミサイルを搭載
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>レーダー
▲ レーダーは艦橋に収納可能
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>銛
▲銛はハイドロジェットに収められる
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>足アタッチメント
▲足に取り付けるアタッチメントはハサミ状に開閉
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>魚雷
▲魚雷はグリップが内蔵され、銃としても使える
アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>ダイアクロン隊員
▲ダイアクロン隊員が一体付属

  開発コメント  

 シリーズ初の本格海洋ロマン系マシン、アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>の登場でございます。タクティカルムーバー共通の<ヘッド/コックピットコア+変形四肢フレーム>という基本システムは90年代、未実現のリアルロボ系アニメ企画の際に考案していたアイテム共通の機構システムをベースにしていたりします。
 海洋物の世界観設定の企画でしたので、今回のアルゴは数十年の時を経て実体化させた海洋ロボアイテムということになります。この様な未実現の企画で考案したアイデアは膨大にありますので折を見て少しずつ消化しいきたいですね。

アルゴヴァーサルター<ボイジャーユニット>

●発売元/タカラトミー●8800円、2023年6月予定●約11cm

©TOMY

このイベントが気に入ったらシェアしてください!

五十嵐浩司

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2023年3月号

ご購入はこちら

ダイアクロンワールドガイドNEXT

ご購入はこちら

ダイアクロン ワールドガイド

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー