• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 【創彩少女庭園×FAガール】源内あおが若葉女子高校にやってきた!? キットレビューをお届けします!【創彩少女庭園×FAガール】源内あおが若葉女子高校にやってきた!? キットレビューを...【創彩少女庭園×FAガール】源内あおが若葉女子高校に...

【創彩少女庭園×FAガール】源内あおが若葉女子高校にやってきた!? キットレビューをお届けします!

2022.12.30

源内 あお【若葉女子高校・冬服】【コトブキヤ 1/10】 月刊ホビージャパン2023年2月号(12月23日発売)

FAガールからやってきた新入生を紹介します!

 WF2020[冬]で発表されたコトブキヤの女の子プラモデルシリーズ『創彩少女庭園』。あれから2年と10ヵ月、待望の“新入生”こと、アニメ『フレームアームズ・ガール(FAガール)』の主人公・源内 あおが登場しました。あおちゃんは表情、髪型、ボディ、小物パーツにいたるまで新規造形。成型色はシリーズ最多の16色! カラフルなパーツをパチリと重ねて、きゃっきゃうふふな『創彩少女庭園』ライフを楽しみたいあなたに。Rikkaによるキットレビュー作例をお届けします♪

▲フェイスパーツは通常顔、笑顔、たはは顔、ドヤ顔、デフォルメの5種が付属。髪色や若葉女子高校の制服はアニメの設定より明るめに塗装している
▲髪の毛のディテールが大変細かいあおちゃん。もみあげの一部とポニーテールの根元は可動式。組み立て時は毛先の破損にご注意を
▲ウドラが目印の通学バッグ。指定色部でマスキング塗り分け。ファスナー部は金属色(タミヤラッカーフラットアルミ)を塗装後、後ハメできるようにカットした
▲「結城 まどか【桃桜高校・冬服】」(5940円)や「アフタースクール カフェテーブル」(2420円)と飾れば、待ち遠しい放課後の出来上がり!
▲「コトブキニッパー」片手にドヤ! 写真では未使用だがニッパー専用のハンドパーツが用意されている
▲専用の箱に収まる極小の轟雷はシタデルカラーで筆塗り塗装。設定に忠実で丁寧に塗り分けるには拡大鏡が必須と言えるほど小さい
▲今回はマスキングを駆使しチェック塗装。下地ピンク→0.3mmマスキングで最細ラインをマスキングしチェック部赤塗装→さらに3mmマスキングを最細ラインに被せてピンク塗装→最後にチェックのクロス部を細かくマスキングして赤を塗装する工程で仕上げている
▲テストショットのスカート(左)と作例(右)。製品版ではテストショットと同じく緻密な塗装でチェック模様が再現される

轟雷のお誕生日をお祝い♪

▲あおちゃんと同時発売された「アフタースクール 轟雷お誕生日セット」(2200円)。ちゃぶ台、轟雷+轟雷用箱、バースデーケーキに加え、あおちゃんのロングヘアパーツなどが1セットになっている。劇中シーンが再現できるファン必須のオプションパーツだ。座り姿用腰パーツに差し替えれば、ぺたんこ座りを再現可能。室内シチュエーションで活用したい「靴を脱いだ足パーツ」も

▲轟雷お誕生日セットのロングヘアパーツでアニメにもたびたび登場した“髪を下ろしたあおちゃん”が再現できる

▲「結城 まどか【桃桜高校・夏服】Black Canvas」に付属するスニーカーをコーディネート。なおスニーカーは一部塗装済みパーツとなっている
▲後ろ髪に挟み込む肌パーツは、こめかみ周辺のピンを切り後ハメ仕様に変更。フェイスパーツと一緒に外れるので後頭部と接着した
▲制服の袖やボタンにツヤ消しトップコートを吹き、ガンダムマーカーゴールドの先端で少しずつ色を置きながら塗装していった
▲ラスキウス・アウラ白雪色を塗装後、調色したエナメル塗料のブルーを吹き付け、白部をエナメル溶剤で拭き取っている

コラボ衣装を再現!

▲あおちゃんのボディと「メガミデバイス 金潟 すぐみ」を組み合わせれば、ゲーム『アリス・ギア・アイギス』の『フレームアームズ・ガール』コラボ衣装姿に!? お試しあれ♪

■あおだよ、普通にあおって呼んで
 とうとうこの日がやってまいりました。プラモデル知識ゼロでフレームアームズ・ガール 轟雷を起動したごくごく普通の女子高生、我らがヒロイン源内 あおちゃんが皆様のお手元に届くその時が! アニメ放映当時は真夜中の放映にも関わらずSNSでのリアタイ実況なども盛況だった、あの2017年を思い出します。
 現物のパーツを見た時には「これは一体どうやって印刷してるんだ…」と思いましたが、製品版は複雑なチェック模様のスカートがなんと塗装済みと、女の子プラモデル初心者でも安心です。製作中はパーツが間に合わず、スカートはどちらも鬼マスキング自前塗装での完成となっております。

■え~、めんどくさそう
 さて製作に関しては極めてスタンダードに、後ハメ加工などの工作も後頭部髪の毛パーツに取り付ける肌パーツのピンを数本切り落とした程度しかしていません。むしろその程度で誰でも完成させられる、そこが『創彩少女庭園』の大きな魅力であると思っております。

■やるやる! 私やっぱやる!
 やっていきましょう。塗装は制服の色味をFinisher’sラベンダーをメイン色にすることとし、全体をそこに合わせるように色選択しています。設定画などに比べると彩度が高めのチョイスです。
 中央の薄いブルーはガイアカラーエルドランシリーズライラックを、ホワイト部分はラスキウス・アウラ白雪色、黒いライン・ソックスにはFinisher’sカーボンブラックマットを使用しています。青部は塗装下地に自前のごく薄いブルーサーフェイサーを使い、ほんのりグラデーション塗装しています。髪色も設定画に比べると明るく、ガイアカラーオキサイドレッド、Mrカラー赤褐色で、こちらもグラデーション塗装しています。

コトブキヤ 1/10スケール プラスチックキット“創彩少女庭園”

源内 あお【若葉女子高校・冬服】

製作・文/Rikka

源内 あお【若葉女子高校・冬服】
●発売元/コトブキヤ●8250円、発売中●1/10、約15.9cm●プラキット●原型/西丸芳弘

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©KOTOBUKIYA ©KOTOBUKIYA / FAGirl Project ©Masaki Apsy ©Toriwo Toriyama © Pyramid,Inc. / COLOPL,Inc.

Rikka(リッカ)

関連書籍

ホビージャパン23年2月号

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.24

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.13

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー