• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • HGジム・スパルタンを製作! ディテールの追加やモスグリーンの塗装でミリタリーテイストを盛る!HGジム・スパルタンを製作! ディテールの追加やモスグリーンの塗装でミリタリーテイス...HGジム・スパルタンを製作! ディテールの追加やモスグ...

HGジム・スパルタンを製作! ディテールの追加やモスグリーンの塗装でミリタリーテイストを盛る!

2023.01.06

RGM-79S ジム・スパルタン【BANDAI SPIRITS 1/144】 月刊ホビージャパン2023年2月号(12月23日発売)

マニアックな連邦軍陸戦機がまさかのプラキット化!

 バンダイ出版の『MJ(模型情報)』にて、メカデザイナー福地仁氏が手掛けたイラスト連載「FUKUCHI MOBILE SUIT STATION F.M.S」。この連載で誕生したジム・スパルタンが、プレミアムバンダイにて驚きの初プラキット化を果たした。本機は亜熱帯地域用の装備を搭載した陸戦タイプのジム系列機で、連邦軍第17機甲海兵師団のグレイ大尉が搭乗する機体が、一年戦争末期のボルネオにてジオンMS小隊と交戦している。キットはHGジム・スナイパーIIの関節ランナーを一部使用しているが、全外装とほとんどの関節が新造形となっており、ミニガンやヒート・ナイフといった豊富な新装備も相まって非常に満足度の高い逸品となっている。そんなキットのディテールをシャープに彫り直し、モスグリーン塗装で仕上げた作例をご覧いただこう。

▲ジム・スパルタンの初出は1989年発売の『MJ』VOL.119内連載企画「F.M.S」第2回(バンダイ出版刊)。当時から設定画は存在せず、上半身のイラスト1枚のみという露出度ながら、ジム・スナイパーII系列と思しき陸戦機、というビジュアルでファンの想像を大いにかきたてた。近年はゲームにも登場したことでさらに知名度を高めている

▲主に重力戦線での被弾率が高い上半身前面を増加装甲を施し、右肩上部にWAMM(有線式対MSミサイル)を搭載。さらに、頭部にスモーク・ディスチャージャー、背部のM粒子散布ポッド(ミノフスキー粒子散布装置)、ランドセル左側にヒート・ナイフ、銃身下部にハンドガンをマウントした専用武装「ミニガン」を携行するなど、重武装・重装備化が著しい。まさにスパルタンなジムだ

▲三連バレルの回転銃身を備えるミニガンはもちろん新造形。最大2個のマガジンを搭載できるギミックが盛り込まれたほか、銃身下部のハンドガン側のグリップを左右に振ることができる。作例ではそのグリップが細く見えたため、後部に1mmプラ板を貼って気持ち太めに加工

▲両肩上部のジョイントは、右肩にミサイルをマウント可能で、左肩のジョイントはフタパーツで閉じる方式。キットをもうひとつ用意すれば、両肩ミサイル装備にもできる。また、右肩口にはプラ板でVHFアンテナ風のディテールを追加。左肩の丸いパーツは投光器と解釈し、後方にコードを追加した。さらに、キットの首関節はポリ製のため30MMのKPS製首関節を移植し、塗装できるようにしている

▲前後左右すべてのスカートアーマー裏側にプラ板を貼り込んでディテールを追加した
▲素組み(左写真)と比較。右腰の円筒形の部分はパーティングライン処理後に細切りのプラ板を貼ってディテールを置き換えた。緑色は「マスターアーカイブ」のイラストを参考に成型色よりも若干明度を上げている
▲ヒート・ナイフは安全対策上先端が丸められているので、プラ板を貼り足してから鋭利に整形した
▲ジム・スナイパーII系列であることを端的に示している脚部スラスター形状。しかし関節をのぞく全外装はHGスナイパーIIの流用ではなく、新規造形となっている
▲リアスカートアーマーには、アダプターパーツを装備することでミニガンの予備弾倉をマウントできる。靴裏のディテールにも注目。本キット独自のこまかなモールドが新たに刻まれている
▲キットはビーム・サーベル×2のマウントパーツを前腕に装着可能。このサーベルマウントパーツは右肩ミサイルのジョイントと同形状のため、肩にサーベルをマウントして、逆に前腕にミサイルを…なんてディスプレイもできる

 なんと、HGジム・スパルタンとは。かなり意外なチョイスで驚きましたが、ジムスキーの自分としてはただただ大喜びです。詳細な設定は判然としませんが、コマンド系列(ジム・スナイパーII)の陸戦型、局地戦仕様のような外観。あまり類型のないレアなデザインなので工作のテンションは爆上がり。今回は気になる部分もあるのでキットレビューですがちょっと踏み込んで製作しています。

■製作
 関節パーツやボディバランスのベースとなっているHGジム・スナイパーIIはちょうど10年前の2012年発売です。良キットなのですが、今の目で見ると個人的にやや手足が短めかな…と感じておりました。特に前腕と太モモは1、2mmほど伸ばしたいぞと。そこで、キットレビューというオーダーだったのですが独断で若干手足を伸ばしてしまいました。担当編集氏ごめんなさい。ディテールはキットのママということで何卒…。
 胸部は、A23パーツの上部側にプラ板を貼って1.5mm延長、下側のA20パーツは底部を1mm延長しています。フンドシ部のB1-34は1.5mmほどプラ板にて前に出しています。
 前述したように前腕は切断して2.5mm延長、上腕も1mm延長しました。拳パーツは市販パーツを使用しています。太モモも真ん中で切断して3mm延長。関節のC1-5、C2-5パーツの軸棒も3mm延長しています。

■塗装
 塗装は「マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79ジム Vol.2」(SBクリエティブ刊)掲載のイラストを参考にしています。
緑=ガイアカラー ダークグリーン
グレー=Mr.カラー グレー75
赤=Mr.カラー シャインレッド
関節色1=モデルカステン ストーミーシーグレー
関節色2=ガイアカラー ニュートラルグレー3
武器類=Mr.カラー グラファイトブラック
 スミ入れは、タミヤ エナメルジャーマングレイ。ガンダムデカールDX06、ガンダムデカールユニコーンガンダム用、鋼魂デカールを貼り付けたら、ガイアカラーEx-10フラットクリアープレミアムを吹いて完成です。

BANDAI SPIRITS 1/144スケール プラスチックキット “ハイグレード”

RGM-79S ジム・スパルタン

製作・文/不破優

HG ジム・スパルタン
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●2420円、受注終了●1/144、約13cm●プラキット●プレミアムバンダイ販売アイテム

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒ創通・サンライズ

不破優(フワユウ)

関連書籍

ホビージャパン23年2月号

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.9

ご購入はこちら

HJメカニクス13

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー