• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 45分で組み上がる!? 新基軸のVF-1バルキリーを徹底解説!【PLAMAX】45分で組み上がる!? 新基軸のVF-1バルキリーを徹底解説!【PLAMAX】45分で組み上がる!? 新基軸のVF-1バルキリーを徹底解説...

45分で組み上がる!? 新基軸のVF-1バルキリーを徹底解説!【PLAMAX】

2022.12.01

OPEN THE BOX 気になるプラモを開けてみよう 月刊ホビージャパン2023年1月号(11月25日発売)

45分で組み上がる!? 新基軸のVF-1バルキリーを徹底解説!【PLAMAX】

何個も作りたくなるVF-1

 新旧問わず気になるプラモの箱を開けてみようという本連載。今回はマックスファクトリーのプラモ「PLAMAX」から登場した「1/72 VF-1A/S ファイターバルキリー(一条輝機)」がテイクオフ!! 同社から発売された特大の1/20スケール VF-1の設計思想をベースに、1/72スケールで組みやすさ&コレクション性の向上を目指して完全新規設計で開発された意欲作です。これまでの飛行機模型の組み立てでストレスとなっていた箇所を徹底的に洗い出して導き出されたパーツ分割により、多くの人が短時間でSF飛行機メカの金字塔であるVF-1を組み立てることができます! 2022年のクライマックスはこのVF-1をみんなで作って楽しみましょう。

文/三環しおん

成型色は3色! 細かなパーツは一切なし!!

▲キットは接着剤を使用して組み上げていきます。成型色は3色。細部の色分けはシールを貼って表現します。小さなパーツがないので、組み立てもサクサクなのです

パーティングラインないぜ!

▲ランナーと平行にパーツが取り付けられているのではなく、ランナーからタケノコが生えているように縦方向にパーツが配置されています。この方向で金型から成型することで、キャノピーの中央からパーティングラインを逃がすことができます

細部のカラーリングはシールで楽しめます!

▲キットには薄いシールが付属。スミ入れしてから貼ると、下のスミ入れが透けて見えるほどです。シールを貼って楽しむときは、ぜひスミ入れしてから貼ってみてください

脚収納庫カバーが一体成型!!

▲脚収納庫カバーを展開した状態を1パーツで表現。これによって、飛行機模型の組み立ての大きなストレスのひとつであるカバーの接着から解放されます

お好きな頭部をどうぞ!

▲ファイター形態では裏側になるので目立ちませんが、A型とS型のパーツが付属します

キャノピーフレーム別パーツ!

▲飛行機模型の多くは、キャノピーフレームがクリアーのキャノピーパーツと一体で成型されています。本キットは1/72スケールでもフレームを分割し、組み上がったときの色の情報量のアップ&塗装のしやすさを実現しています

翼の分割に注目!!

▲飛行機は翼が命! パーツのエッジに合わせ目がこないような分割が採用されています

パーツ同士を合わせるだけで美しい翼が完成!!

▲これがPLAMAXの翼だ!! 翼のフチに合わせ目がこないだけで、こんなにも飛行機模型の翼は作りやすくなるんですね

パイロットがいるって嬉しいね!!

▲1/72スケールの一条輝フィギュアが付属!! しかもパーツは2パーツ。海外メーカーのズベズダなどがこの方式でパイロットを分割しており、海外メーカーのアイデアも取り入れているのが分かります

合体だ〜〜!!

▲首から伸びる棒状のフレームに、上半身パーツを合体させるだけ! 形状もディテールも最高です

駐機状態、飛行状態をセレクトできます!!

▲脚庫収納庫は駐機状態、飛行状態をセレクトして組み上げます。2個買ってどっちも楽しみましょう

テンションがPLAMAXになっちゃう

▲脚収納庫をブロックごと機首や脚部に取り付ける瞬間は、このキットのハイライト!! 飛行機模型のすべてがこうなってほしいと思ってしまいます

脚も1パーツだよ!!

1/72スケールの機首コレクション爆誕です

▲機首部分単独で成立する構成になっています。機首、胴体、脚部など大きなユニットごとに製作できるのがこのキットの特徴なので、パーツ整形や塗装も各段にやりやすくなっています

 誰でもがっちりと正確に組める垂直尾翼 

接着面積が半端ない

▲飛行機模型は尾翼を機体に直に貼ったりすることがあり、正確な位置を出すのが難しかったりします。このキットの垂直尾翼は接着面積と的確な接着ガイドを設けているので、誰でもきれいな垂直尾翼を楽しむことができます

本キットの組みやすさを象徴する部分です

▲パーツ同士を合わせて、流し込み接着剤をさっとパーツ同士に流します。これだけでOKです

簡単に的確な位置の垂直尾翼になりました

▲完成!! プルプルしながら正確な位置決めをすることもありません。塗装後にパーツを接着してもよいですね

可変翼もがっちり!

▲可変翼の可動はとってもシンプル。勘合もしっかりしているのプラプラすることもありません

塗装にも嬉しい分割

▲VF-1の中には脚部側面のカラーリングが本体色と異なる機体もあります。ここを分割しておけば、一気に塗装が快適になります。嬉しい分割です

脚部ユニットを胴体に合体だ!

▲折り畳まれた脚部は、組み上げたあとに胴体にがっちりと接着して固定。勘合の具合もよく、仮合わせもできるので、脚部だけ塗装して仕上げてから胴体に組み込むなんてこともできます

最後の仕上げに
機首と胴体を合体!!


45分で美しくてガッチリしたVF-1が完成します

▲がたつくところが一切なし! 誰でもこのようにパーツのずれがない美しいVF-1を組み立てることができます。これだけ組みやすいと、何個も作りたくなること間違いなし!! ぜひ複数個買って、自分だけのVF-1を作ってください

PLAMAX 1/72 VF-1A/S ファイターバルキリー(一条輝機)
●発売元/マックスファクトリー、販売元/グッドスマイルカンパニー●4620円、11月予定●1/72、約19cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©1984 BIGWEST

三環しおん

関連書籍

月刊ホビージャパン2023年1月号

ご購入はこちら

ホビージャパン ヴィンテージ Vol.7

ご購入はこちら

マクロスモデリング VF-31ジークフリード VS Sv-262ドラケンⅢ編

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー