• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 【30MS】アルカ=カルティー(カルテットフォーム)をバックパックやオプションパーツでカスタマイズ!【30MS】アルカ=カルティー(カルテットフォーム)をバックパックやオプションパーツ...【30MS】アルカ=カルティー(カルテットフォーム)を...

【30MS】アルカ=カルティー(カルテットフォーム)をバックパックやオプションパーツでカスタマイズ!

2022.11.16

アルカ=カルティー(コンチェルトフォーム)【BANDAI SPIRITS】 月刊ホビージャパン2022年12月号(10月25日発売)

 30MS第4弾アイテム「アルカ=カルティー(カルテットフォーム)」を使用したコーディネイト作例をJUNIIIが製作。キット付属のバックパックとオプションパーツセット3(メカニカルユニット)の組み合わせで可変武装をまとった攻撃的なスタイルに仕上げている。

Dressing room Coordinate 08

ALKA=CARTI×TWIN TAIL×MECHANICAL UNIT

▲元々アルカ=カルティーは素体、表情パーツ、アーマーパーツがセットになったオールインワンアイテムになっており、付属するバックパックは変形も可能なカスタマイズ性に優れたパーツ。これを活かしてメカニカルユニットと組み合わせた武装の追加とバックパックの仕様変更でシルエットを変化させている
▲腰に装備されていたバックパックは変形して4脚形態をとることができたが、作例では先端部の交換と装着位置の変更で隠し腕内蔵の大型バックパックとした

 今回のコーデ 

●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●プラキット

30MS SIS-Gc69r アルカ=カルティー(カルテットフォーム)

●3300円、発売中●約14.5cm

30MS SIS-Ac25g ファル=ファリーナ(コンダクターフォーム)

●3300円、発売中●約14.5cm

30MS オプションヘアスタイルパーツVol.5 全4種 ツインテール4[ホワイト1]

●660円、発売中

30MS オプションパーツセット3(メカニカルユニット)

●880円、発売中

▲軽装状態。ランスとシールド、靴部はファル=ファリーナのものを使用。ランスは手首のジョイントパーツとファル=ファリーナ付属のジョイントパーツを組み合わせて手に持っているように見せている
▲腰背面のジョイント穴隠しパーツはダボ穴が干渉するので、写真の白く塗った箇所を削ることで本体にピタっとフィットするようにしている
▲ノーマルモードのアルカ=カルティー。ヘアスタイルパーツをツインテールにしたことで幼い印象になった。スーツのカラーも白基調とすることで全体的に清楚な雰囲気になるようにコーディネートしている
▲軽装状態の別パターン「ビーストモード」。腰にマウントしていた手甲パーツとランス&シールドを交換したのみだが、手甲が鳥足状の靴部とマッチしており、シンプルながら相性のよい組み合わせだ

▲軸穴があるが差し込む軸がないときは、キットのランナーを加工して新たに軸を作ることでパーツ同士を接続することができる。ランナーによって太さが異なるが、3mm径のものを使用するとキットの軸穴にフィットする。ランナーの切り口はヤスリで削って平らに整形しておくと差し込みやすくなる

▲4枚のクローとメカニカルユニットをジョイントパーツでつなぎ、大型クローシールドを製作。外付け装備ではなく、上腕ごと交換するメカアームとしている
▲隠し腕内蔵バックパックの構成。キットを加工することなく先端部の交換だけで行っている。折り畳んだときに手甲パーツがちょうどよく隙間に収まることで、一見すると大型のスラスターユニットにしか見えないようになった
▲バックパックの隠し腕を展開させた状態。装着位置を腰から背中に変更し、つま先パーツ部分を手甲パーツに交換している。側面にあったライフルはジョイントを追加して太モモにマウントさせた

■カスタマイズは楽しい!
「30MSシリーズのパーツを使いシスターズをカスタマイズして楽しもう!」ということでカスタマイズ作例に挑戦です。使うキットの種類が多ければ多いほど自由度が増していき妄想も膨らんでいきます。ちょっと欲張るとパーツ点数が簡単に増して後の作業量が大変になるのは言うまでもありません(…ぐはっ!)。さて、今回はアルカ=カルティー(カルテットフォーム)をベースにして妄想を膨らませます。ベースが人馬一体風なタイプなのでランスを持たせて「騎士風」に仕上げようとしたのですが物足りない感じに…。そこで、メカニカルユニットを足してみたところ「ひねりが足りないな」と思い左腕のアームパーツを崩して大型クローを作ってみました。シンプルなカスタマイズかもしれませんが、意外と頭を使うのでカスタマイズの世界は面白いですね。

■オプションヘアスタイルパーツ
 オプションヘアスタイルVol.5からツインテールを選択。ツインテールはロングタイプのヘアスタイルもあるみたいですが、武装の邪魔にならないショートタイプにしました。付け根で可動できるので、ポーズに合わせて動かすと躍動感が出せるのがいいですね。付け根の可動パーツは髪の色と違う色にすることで、髪を束ねるゴムみたいにしています。

■オプションパーツセット
 腕部、脚部はオプションパーツセット3(メカニカルユニット)にアルカ=カルティーのパーツを組み合わせて製作。腕部は右をノーマルの状態にして武器が持てるように、左は大型クローを装備させてバックパックのボリュームに負けないようにしてみました。脚部はバーニアの位置を太モモからふくらはぎに変更。

■バックパック
 バックパックはキットのパーツの組み替えで製作。取り付け位置を腰から背中へと変更することで隠し腕を前方に展開させやすくしています。

■ランス、シールド
 ランスとシールドはファル=ファリーナ(コンダクターフォーム)のパーツを使用。ランスは同キットのジョイントパーツを使用することで手に持たせたように見せています。ちなみにファル=ファリーナのキットは、たまたま購入していたパーツを使用しているので転用パーツは控えめにしていたりします。

■塗装
 塗料はGSIクレオスのMr.カラーを使用。一部のパーツはマスキングして塗り分けることでパーツ単体が単調に見えないようにしています。
白=クールホワイト
赤=シャインレッド
メタリックレッド=GXメタルレッド
金=スーパーリッチゴールド
髪=ピンク
腹部、太モモ=キャラクターフレッシュ(1)
 フェイスパーツはいちどツヤ消しクリアーでコートしたあと、タミヤ「ウェザリングマスター〈Gセット〉フィギュア用I」のサーモンで頬にグラデーションを行っています。メタリックレッドはゴールドと差別化したかったので他のパーツとともにツヤ消しクリアーでトップコート。ゴールドは吹きっぱなしの光沢仕上げ。髪は半光沢クリアー仕上げで全体が単調にならないよう変化を付けました。

BANDAI SPIRITS ノンスケール プラスチックキット “30 MINUTES SISTERS” SIS-Gc69r アルカ=カルティー(カルテットフォーム)使用

アルカ=カルティー(コンチェルトフォーム)

製作・文/JUNIII

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©BANDAI SPIRITS 2021

JUNIII

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年12月号

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.25

ご購入はこちら

30 MINUTES MISSIONS コンプリーション

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー