• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 【G-UNIT】プレバン「ガンダムエルオーブースター」をシャープ化してメカニカルな仕上げに!【G-UNIT】プレバン「ガンダムエルオーブースター」をシャープ化してメカニカルな仕上...【G-UNIT】プレバン「ガンダムエルオーブースター」を...

【G-UNIT】プレバン「ガンダムエルオーブースター」をシャープ化してメカニカルな仕上げに!

2022.11.15

OZX-GU01LOB ガンダムエルオーブースター【BANDAI SPIRITS 1/144】 月刊ホビージャパン2022年12月号(10月25日発売)

ジェミナス01の強化形態 “高機動L.O.B.” 最新アレンジでHG化!

『新機動戦記ガンダムW』の外伝として1997–98年にかけて展開された『新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』。2020年より「G-UNIT Re:OPERATION」と題した模型展開が再始動、オリジナルメカデザイナー・阿久津潤一氏の手でリファインされたMSが続々登場している。最新キットのHGガンダムエルオーブースターも、両肩の高出力ビーム砲射撃形態が派手にアレンジされたほか、高速飛行モードへの変形にも新たな解釈がもたらされている。『G-UNIT』直撃世代の田村和久による作例は、キットのシャープなディテールを研ぎ澄まし、肉抜きなどを埋めることでよりメカニカルに仕上げている。

▲緑色で塗ったヘルメットの頬当ての内側と、目の後方にあるストッパーをカットすることで、フェイス部をヘルメットの下から差し込めるように後ハメ加工。また、アゴを浮かせた斜めの角度で差し込めるように、ボールジョイント受けの一部をカットした。キットのポリ製首関節は塗装できないので、ポリパーツの周囲を一回り細くカット、プラ板を瞬間接着剤で貼り込んでディテールを彫り込んだ。靴裏の肉抜きは、プラ板を貼り込んで肉抜き埋め&ディテールアップ
▲ガンダムエルオーブースターは、ガンダムアスクレプオスとの戦闘で損傷したガンダムジェミナス01に高速戦闘用ユニット「LINER OFFENCE-BOOSTER」を搭載・強化した形態。小型反応動力炉を内蔵する両肩のリアクターユニットから高出力のスラストビームキャノンを放つほか、新たに高速飛行モードへの変形機能を獲得するなど、走・攻に隙のない性能を備えている
▲肩のリアクターユニットは、翼のように広げられるようアレンジが加わった。さらに開放型バレルから放つスラストビームキャノンも、付属の印刷済PET樹脂シートで迫力のある砲撃姿勢を表現することができる
▲リアクターユニットは、バインダー部の肉抜きをエポパテで埋めたほか、接続部のポリパーツが丸見えだったのでウェーブ「PC-03プラサポ2」とプラ板でポリキャップ隠しのパーツを自作した
▲軽量型アクセラレートサブマシンガンのバレル伸縮機構は、スライドレールの溝から反対側が見えてしまうので、銃の合わせ目部に0.3mmプラ板で仕切りを入れた
▲ポーズの自由度を上げるため、肩アーマーとリアクターユニットとの接続をボールジョイント化。ホビーベース「ロールスイングジョイント(小)」を移植し、受け側はキットの軸穴を3.2mmドリルで広げた。軸受け側の強度補強のため、コトブキヤ「ショートパイプ」を被せている。肩基部は軸が見えてしまうのでプラ板を貼ってディテールを追加。シールド裏に装着するビームサーベル×2は、キットのままではサーベルを外した後のピンが目立つので、作例ではネオジム磁石を埋め込んで脱着可能にした。ふくらはぎの追加装甲裏側の隙間をポリパテで埋めた
▲素組みと比較。安全対策上丸められている各部のエッジをシャープに整形し、若干浅い全身のモールドをナイフで彫り直している
▲バックパックを倒すことで高速飛行モードに変形。さらに今回のHG版では、脚部「エクスパンドクロー」の変形ギミックが追加されている。脚部が差し替えなしで大きく伸長し、つま先もクロー状に変形、機首方向へ向けられるようになりケレン味が増している
▲変形時に開閉するバックパックのバインダーは、先端がしっかり閉じ合わさるようにネオジム磁石を埋め込んだ
▲エクスパンドクローの展開。ヒザ関節から下が大きく開くとともに180度回転。つま先がクローに変形する

 我々おじさんモデラーにとっては懐かしいガンダムエルオーブースターが、最新HGとしてリバイバル! しかも新しく描き起こされたデザインと変形ギミックがめっちゃカッコいい! 今回は肩バインダーの可動軸変更や、開閉部の固定用に磁石を埋め込むなど、細部の完成度を上げる方針で製作していきました。

■製作
 最大の特徴である両肩のバインダーは、肩アーマーとは一軸で接続されているため、ここの接続軸をボールジョイントに置き換えました。これで多少はバインダーのポージング自由度が増えます。また、肩の外側に位置するリアクターユニットは接続用ポリパーツが丸見えなので、ウェーブ「PC-03プラサポ2」とプラ板を使って囲いました。
 胴体の赤い腹パーツは、青い胸パーツの両脇を少し削ることで、下方向から後ハメできるようになります。腰アーマーの裏側はスッキリしているので、見えそうな部分だけプラ板で簡易的に塞いでおきました
 脚部は、ヒザ関節まわりのスネ側パーツ内側の隙間をプラ板で塞ぎました。追加装甲の裏もポリパテで埋めたのちディテールを追加。足首上方に位置する脚部ギミック用の軸は、軸棒が露出しないように、プラパイプを使ってカバーを作成しています。つま先の裏は大きく空間が空いているので、プラ板を使って塞ぎつつ、ディテールも彫っています。
 バックパックの開閉は、固定が突起の差し込み式で塗装が剥がれそうだったため、ネオジム磁石を埋め込み、磁力でパチッと閉じるように改修しています。

■カラーレシピ
 特記のない塗料はGSIクレオス Mr.カラーを使用。
白=クールホワイト90%+RLM75グレーバイオレット10%
青=キャラクターブルー
黄=RLM04イエロー
赤=ハーマンレッド85%+ホワイト15%
紫=マルーン(ワインレッド)80%+ホワイト20%
関節=ガイアノーツ NAZCA メカサフ ヘヴィ
マシンガン=RLM66ブラックグレー80%+ホワイト20%

BANDAI SPIRITS 1/144スケール プラスチックキット “ハイグレード”

OZX-GU01LOB ガンダムエルオーブースター

製作・文/田村和久

HG ガンダムエルオーブースター
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●4180円、2次受注中、2023年1月〜発送予定●1/144、約13cm●プラキット●プレミアムバンダイ販売アイテム

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒ創通・サンライズ

田村和久(タムラカズヒサ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年12月号

ご購入はこちら

ガンダムウェポンズ 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光編

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.6

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー