• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • HI-METAL Rより「VF-1S スーパーバルキリー」がテレビ版仕様で君のもとへテイクオフ!!「ダグラム リアルタイプカラー 40th Anniv...HI-METAL Rより「VF-1S スーパーバルキリー」がテレビ版仕様で君のもとへテイクオフ!!...HI-METAL Rより「VF-1S スーパーバルキリー」がテレビ...

HI-METAL Rより「VF-1S スーパーバルキリー」がテレビ版仕様で君のもとへテイクオフ!!「ダグラム リアルタイプカラー 40th Anniv」も詳しく紹介!

2022.08.28

HI-METAL R 最前線!【BANDAI SPIRITS】 月刊ホビージャパン2022年10月号(8月25日発売)

テレビ版スーパーバルキリーVF-1S

新規パーツも追加して配備決定!!

 HI-METAL Rの最新アイテムは2022年で40年を迎える『超時空要塞マクロス』からVF-1S スーパーバルキリー。テレビシリーズ第24話から登場した、大気圏外専用ブースターを装着した機体である。VF-1Sはテレビシリーズ後半の主役機であり、スーパーバルキリーは最終局面のために用意された決戦兵器ともいうべき存在だった。


(構成・文/高柳豊[TARKUS])

▲スーパーファイターのリアビュー。機体背面のファストパックはテレビ版に合わせてカラーリングを変更している
▲スーパーファイター。機体の背面、脚部、腕部に追加パーツを装着している。主翼には第27話で装備した反応弾を計6基取り付けられる
▲ファイターから変形したスーパーガウォーク。ハンドはオプションパーツと交換した状態で、右手にはガンポッドを持たせられる

新規造形パーツでテレビ版デザインを再現!!

 テレビシリーズ『超時空要塞マクロス』と劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』に登場したスーパーバルキリーはデザインが一部変えられている。2016年には劇場版のストライクバルキリーVF-1Sが先んじて商品化されているが、今回はテレビ版として頭部や腕部のマイクロミサイルランチャー、ハンドを新造形。HI-METAL Rとしては初となる胸部のシャッターパーツも付属する。また、成型色も白となった。

▲腕部のマイクロミサイルランチャーは劇場版と先端の形状が変更されているため、新規に造形してテレビ版となった
▲主翼の反応弾は先端のカラーリングをテレビ版にならって赤に変更している。また、コックピットにはテレビ版パイロットスーツの一条輝が乗り込んでいる
▲頭部は新規パーツに変更。厳密には劇場版と設定画そのものの変更はないが、作画タッチの違いをフィードバックしているのだ
▲本アイテム用に作り起こされたシャッターパーツ
▲DX超合金のVF-1からフィードバックされた脇のシャッターパーツ。写真下がパーツを取り付けた状態
▲可動部分はこれまでのHI-METAL Rシリーズを踏襲しており、写真のごとくアクションポーズを決められる。カラーリング、頭部、ハンドなどの付属品を一新して、VF-1S スーパーバルキリーは君のもとへテイクオフ!!

HI-METAL R VF-1S スーパーバルキリー

●発売元/BANDAI SPIRITSコレクターズ事業部●12100円、2023年2月予定●約14cm●設計/T-REX●企画協力/アーミック


ダグラム リアルタイプカラー

オリジナルとリアルの邂逅

 1980年代メカの魅力を濃縮したコンセプトで話題のダグラム リアルタイプカラー。今回はオリジナルのダグラムと形状やカラーリングの比較を行ってみた。結構細かい部分まで変更されているのでじっくりとご覧いただきたい。


(構成・文/高柳豊[TARKUS])

▲肩の装甲。形状そのものが変更され、特に上部が大型化した。肩部分とのジョイントにはリブが増えており、より機能を明確にしている。各部と同様にマーキングも増えている

▲胸部。全体が新規造形された。上部にはメンテナンス用とおぼしくハッチが3ヵ所存在し、インテークカバーが増設された。また、右胸には2灯のライトが取り付けられている
▲足首のカバー。コンバットアーマーにとって、ボディを支える足周りは重要な箇所でもある。リアルタイプは足首の上にカバーを付けることで防御を確かなものにしている

 ダグラムリアルタイプカラーは、イラストレーターの大河原邦男氏によって1980年代に描かれたイラストのエッセンスを元にデザインを再構築、氏によって新たに全身像も描かれた。オリジナルのダグラムとはカラーリングと部分的にデザインを変更することで、別のマシンのごとく見映えが変わっている点にも注目したい。

▲フロントおよびリアビューの比較。カラーリングが異なることは一目瞭然だが、肩の装甲とアームリニアガンが変わったことで、シルエットにも違いが出ていることがわかる。また、全身にマーキングが増えている点も注目したいところだ
▲アームリニアガン。リアルタイプには伝達用のパイプとセンサーが追加され、出力のアップグレードが想像できる
▲ターボザック。カラーリング、マーキングがそれぞれ変更。リニアカノンは塗り分けが代わり、白い帯が追加された
▲大河原邦男氏によって描き起こされた40周年記念イラスト
▲リアルタイプカラーの4面図。側面の新規マーキング箇所を確認できる

HI-METAL R ダグラム リアルタイプカラー 40th Anniv.

●発売元/BANDAI SPIRITSコレクターズ事業部●14300円、2023年2月発送予定●約16cm●設計/T-REX●企画協力/アーミック●魂ウェブ商店販売アイテム

ROBOT FIGURES LAUNCH! 開催中

▲東京秋葉原駅前の「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」で2022年9月11日まで開催中の「ROBOT FIGURES LAUNCH!」にはリアルタイプカラーも展示しているぞ

歴代HI-METAL R展示中!

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ1982 BIGWEST Ⓒサンライズ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年10月号

ご購入はこちら

HI-METAL R 2015-2022

ご購入はこちら

HJメカニクス08

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー