• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 骸!! 船!! 幽体!! 晩夏に楽しむ幽霊船キット!!「“溺れし者”アウルラック」【ウォーハンマー】骸!! 船!! 幽体!! 晩夏に楽しむ幽霊船キット!!「“溺れし者”アウルラック」【...骸!! 船!! 幽体!! 晩夏に楽しむ幽霊船キット!!...

骸!! 船!! 幽体!! 晩夏に楽しむ幽霊船キット!!「“溺れし者”アウルラック」【ウォーハンマー】

2022.09.04

AMAZING WARHAMMER  月刊ホビージャパン2022年10月号(8月25日発売)

不吉な船頭があなたを『ウォーハンマー』のアメイジングな世界へと導きます……。

アウルラックのメイン画像

骸!! 船!! 幽体!! 晩夏に楽しむ幽霊プラキット!!

 英国のミニチュアホビーメーカー「ゲームズワークショップ」が展開する『ウォーハンマー』の魅力をお届けする本コーナー。今回は夏にぴったりの幽霊プラキット「“溺れし者”アウルラック」をお届けする。不気味な船頭が乗る幽霊船に、さまざまな幽体が乗りかかってこようとするミニチュアは、無可動のモデルながら動きを感じる模型となっている。各部の造形の魅力や、この夏に27色が追加された「シタデルカラー コントラスト」で塗るワンポイントテクニックも合わせてご紹介しよう!!

キャラクター解説/傭兵ペンギン 撮影/三環しおん

“溺れし者”アウルラック/生者であった頃、アウルラックは邪悪な船頭で、旅人を騙しては海に沈めていた。彼は死後、罰としてナガッシュの元でナイトホーントへと変えられ永遠に働くこととなり、定命の諸領域を渡りながらナイトホーントの軍勢を増強するための魂を探し出し、その魂を神の元へと誘う役目を担っている。ゲームではそんな設定を反映して、味方のナイトホーントの部隊を自在に移動させる能力を持つ他、船についた衝角や手にしたオールで強烈な攻撃を繰り出す。


ナイトホーントとは/ナイトホーントは『ウォーハンマー:エイジ・オヴ・シグマー』の世界における死の神「ナガッシュ」が、罪深きものの魂を使って作り出した悪霊の軍勢。その姿は多様だが、例えば囚人だった者は鎖に繋がれ、癒し手だったものは手を鎌にされるなどそれぞれが生前の生業や罪を皮肉な形で体現している。そんな呪いによって彼らの魂は徹底的に苦しめられており、永遠に続く戦いの中で罰を受け続けているのだ。


アウルラックの正面全体の画像
アウルラックの背面全体の画像
幽体が宝箱に手を伸ばしている画像
▲ 幽体が向かう先は……なんと宝箱!! たくさんのコインが造形されている
幽体とオールの画像
▲ このミニチュアに動きを与えているのがこの「オール」。幽体を漕いでいるかのような造形になっていて、船が前進しているように見える

BUILD

 アウルラックのミニチュアは船の中央部のパーツがとってもユニーク。そこを中心に右舷と左舷のパーツが貼り合わさり、船体を構成する。幽体は、ベースパーツから船へと飛び掛かってくるような構図で組み立てられる。

ランナーの画像
▲ ランナーは3枚。サイズは小ぶり。パーツ数は28パーツ
船体の中央パーツの画像
▲ これが船体の中央パーツ。1パーツの中に鎖、骨、金属、木、幽体とオードブル状態。非常にユニークなパーツだ
幽体のうねうねのパーツ画像
▲ 『ウォーハンマー』のプラキットの真骨頂とも言える複雑な形状の造形。幽体のうねうねとしたデザインを、プラスチックで見事に表現している
髑髏のパーツ画像
▲ 船の内側に髑髏がびっしり……。隙あらば髑髏が入ってくるのも『ウォーハンマー』の魅力
船体中央のパーツに骨のパーツをつけている画像
▲ 船体中央の骨のようなパーツに、右舷と左舷に貼る骨のパーツがそれぞれの節にぴたりとはまる。まるで吸着するかのような精度
パーツの軸と軸受けの画像
▲ 幽体のパーツは接着箇所がずれないように、大きな軸と軸受けが用意されている。複雑な形状のパーツでも迷うことなく組み立てられる
アウルラックと手にしているオールの画像
▲ 左腕と右拳と一緒に成型されているオール。胴体にパズルのようにぴたりとはまる。オールと胴体パーツから伸びる鎖も寸分違わず合わさる

PAINT

 このミニチュアの特徴である幽体や、アウルラックの不気味な衣服。これを塗るのにとっても良い塗料がシタデルカラーコントラストにラインナップされた。その色とは「ヘックスレイス・フレイム」と「ナイトホーント・グルーム」。白い下地にさっと塗るだけで不気味な雰囲気を表現できるので、ぜひやってみよう!!

 アウルラックとシタデルカラーのヘックスレイス・フレイムとナイトホーント・グルームと下地スプレーのレイス・ボーンの画像
▲ 先日27色が新たに追加されたシタデルカラーコントラスト。その中にラインナップされた「ヘックスレイス・フレイム」と「ナイトホーント・グルーム」は、まさに幽霊の色と言えるもの。これを使用して塗装を楽しんでみよう!!
下地をアウルラック全体に吹き付けている画像
▲ コントラストは白い下地の上に塗る。まずはレイス・ボーンのスプレーをミニチュアに吹き付ける
幽体にヘックスレイス・フレイムを筆で塗っている画像
▲ 幽体にヘックスレイス・フレイムを塗ってみる! 白の下地が透けて絶妙なグラデーションが生まれる
乾燥させたアウルラックの全体とヘックスレイス・フレイムの画像
▲ 乾燥すると不気味な緑の炎のようになる。ひと塗りするだけでこのように幽体のグラデーションが完成してしまう
アウルラックの衣装のようなものにナイトホーント・グルームを筆で塗っている画像
▲ アウルラックの衣服のようなものには、ナイトホーント・グルーム。こちらは不気味な青のグラデーションを表現できる
ヘックスレイス・フレイムとナイトホーント・グルームの色が交わている部分の画像
▲ 2色は相性も抜群なので、コンビで使用してもOKだ!
ヘックスレイス・フレイムとナイトホーント・グルームでの塗装を終えたアウルラックの画像
▲ アウルラックはコントラストとの相性も抜群! 幽体や衣服をコントラストで塗って、細かい所を通常のシタデルカラーで塗ると楽しさ倍増!!
“溺れし者”アウルラックのパッケージ画像

“溺れし者”アウルラック

●発売元/ゲームズワークショップ●7000円、発売中●約11cm●プラキット

ウォーハンマーストアではペイントやゲームのレクチャーも行っているぞ!
ゲームワークショップ日本公式ツイッターをチェックせよ!

ウォーハンマー最新ニュースはWARHAMMER COMMUNITY」にて!

この記事が気に入ったらシェアしてください!

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年10月号

ご購入はこちら

ホビージャパン エクストラ vol.9

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.14

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー