• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 高機動型ザク(地上用)をMGザクII Ver.2.0をベースにスクラッチで製作【機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島】高機動型ザク(地上用)をMGザクII Ver.2.0をベースにスクラッチで製作【機動戦士ガン...高機動型ザク(地上用)をMGザクII Ver.2.0をベースに...

高機動型ザク(地上用)をMGザクII Ver.2.0をベースにスクラッチで製作【機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島】

2022.07.17

MS-06GD 高機動型ザク(地上用)エグバ機【BANDAI SPIRITS 1/100】 月刊ホビージャパン2022年8月号(6月24日発売)

高機動型ザク(地上用)をMGザクII Ver.2.0をベースにスクラッチで製作【機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島】

MGザクII Ver.2.0をベースに高機動型ザクII(地上用)をつくる

 かつてドアンが率いていたジオン公国軍モビルスーツ部隊、サザンクロス隊。彼らが駆るザクは脚部にホバー機能をもつ、陸戦用の高機動型である。ザクIIをベースとしながら、腰アーマーから脚部にかけては、ノーマルのザクIIとは大きく異なる。また、隊員により武装やカラーリング、マーキングが異なるのも特徴のひとつだ。作例は、その中から隊長であるエグバ・アトラー機を選択。特徴的なブレード・アンテナはもちろん腰アーマー、脚部などをスクラッチで製作している。

▲各関節部はMGザクVer.2.0のものを活用しているので、アクション性能はVer.2.0譲り。劇中で見せた派手なホバリングや剣戟ポーズもばっちり決まる

▲頭部はブレード・アンテナのみプラ板で新造。1.6mm、1mm厚のプラ板を0.3mmのもので挟んで削り込み、形を整えている

▲フロント・アーマーはキットをベースにプラ材を貼り付けて製作。サイド・アーマーは3Dモデリングで製作。市販のボールジョイントで腰に接続した

▲腰アーマー基部は、サイド・アーマー基部を3Dモデリングと市販ジョイントパーツで新造。中央ブロックにはプラ板でモールドを追加した

▲ランドセルは胴体との接続面で2mm延長。バーニア・カバーはプラ材とパテで新造。上部ノズルは市販パーツ、ヒート・剣のラックも市販パーツとプラ材の組み合わせ。リア・アーマーはプラ板で新造し接続基部をキットから移植している

▲脚部はスネから下を3Dモデリングで造形。ヒザ関節は塗装まで仕上げてから、マスキングをして新造したスネパーツを組み込んで仕上げた

▲製作途中の全身写真。グレー部分が3D造形パーツ、白い部分がプラ材。MGザクVer.2.0のパーツがどの程度残っているかも確認できる

▲ザク・マシンガンはキットをベースに、バレルを5mmプラパイプで新造したものに置き換え、プラ棒で繋いだ銃身と着脱可能に。ヒート・ダガーはプラ材で新造し、設定通りザク・マシンガンに懸架できるようにした

▲ヒート・剣は、柄を市販のスパイクパーツと3.2mmプラパイプを組み合わせて製作。刀身も3.2mmのプラパイプ。鍔は市販パーツの角モールドとパイプパーツを組み合わせてそれらしく形作った。刃は発光・未発光の両パターンを用意。真鍮線で差し替えできるようにした

 今回は映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』から高機動型ザク(地上用)です。最初、このエピソードだけで映画を作ると聞いた時はちょっと信じられませんでしたが、今回の高機動型ザクの設定画を見て本当なんだと思いました。

■頭部
 ブレード・アンテナをプラ板で工作した以外ノーマルです。厚みは1.6mm、1mmのプラ板を0.3mmのもので挟んだ形になります。

■胴体
 腹部側でプラ板にて幅増し。腰のサイド・アーマーを装着する部分は、先に光造形3Dプリンターで出力したものを現物合わせで位置決めして、ボールジョイントで接続しました。フロント・アーマーはキットのボールジョイント軸を活かし、プラ板を上から貼って製作。リア・アーマーもプラ板の箱組みで、ジョイント部分のみキットのものを切り取って移植しました。
 ランドセルは接着面で2mm延長。内部パーツの下半分は切って、メインノズルを接着する部分をプラ板で作り、上部の小さいノズルを装着する部分はパテで埋めました。ヒート・剣のラックは市販パーツの丸パーツとプラパイプとプラ板で作りました。

■腕部
 変更箇所が少なくて楽です。右腕のシールド上部のスパイクは市販パーツのフジツボ型のパーツやスパイクパーツを組み合わせました。

■脚部
 ヒザ関節は先に仕上げて、色も塗ってマスキングテープで保護して作業を進めました。太モモの動力パイプ穴を埋めなければならないし、3Dプリンターで出力したスネパーツをパネルラインで分割するという器用なことができなかったので、接着して作業するしかなかったです。十字のヒザ・アーマーも独立可動させるつもりでしたが、クリアランスが確保できず断念。いろいろ課題の残す結果になりました。

■オプション類
 ザク・マシンガンのバレルは切って、5mmのプラパイプに替えて先端と着脱可能にしました。蓋付きのサイトスコープとフォアグリップは、ザク・バズーカから拝借。ヒート・ダガーはプラパイプを通してザク・マシンガンに固定できるようにしました。ヒート・剣の柄頭は市販パーツのスパイクパーツを組み合わせ。刀身も柄も3.2mmのプラパイプです。鍔は市販パーツの角モールドとパイプパーツを組み合わせました。

■塗装
 迷彩の色はサンドイエロー、ウッドブラウン、マホガニーとヒザ部分のジャーマングレーです。ザク・マシンガンは、ミディアムブルー50%+ジャーマングレー50%。デカールが設定のものが用意できなかったので、雰囲気をそれとなく近づけただけにしました。

作例を動画でチェック!

BANDAI SPIRITS 1/100スケール プラスチックキット “マスターグレード”MS-06F ザクII Ver.2.0 改造

MS-06GD 高機動型ザク(地上用)エグバ機

製作・文/おれんぢえびす

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©創通・サンライズ

おれんぢえびす

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年8月号

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2022年7月号

ご購入はこちら

HJメカニクス10

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー