• HOME
  • 記事
  • スケールモデル
  • 「オールド ミニ」リヴァプールをイメージしたディオラマ作品を3Dプリントパーツを使用し製作「オールド ミニ」リヴァプールをイメージしたディオラマ作品を3Dプリントパーツを使用...「オールド ミニ」リヴァプールをイメージしたディオラ...

「オールド ミニ」リヴァプールをイメージしたディオラマ作品を3Dプリントパーツを使用し製作

2022.06.29

Liver bird【プラスアルファ 1/24】 月刊ホビージャパン2022年8月号(6月24日発売)

 デジタル造形ならではの精密さと正確さが魅力の3Dプリントパーツ。今や模型ジャンルでもすっかり一般化し、ウェブ上の通販サイト等でさまざまなキットに対応したパーツが販売されている。今回はそんな3Dプリントパーツを扱うメーカーのひとつ、プラスアルファから発売されたミニ用トランスキットを使用し、小池徹弥がミニクラブマン1275GTを製作。「ミニといえばイギリス! イギリスといえばビートルズ! ビートルズといえば…」ということで、ザ・ビートルズの出身地として知られる、イギリス・イングランド北西部の都市リヴァプールの港をイメージしたディオラマとともにごお楽しみいただこう。

▲ミニの似合う舞台として小池徹弥が用意したのは、ビートルズの出身地であるリヴァプールの寂れた港。ベースサイズは縦約12cm×横約24.5cm×高さ約18.3cm

▲小池氏のディオラマに欠かせない野生動物。今回はウミガラス(左)とヨーロッパヒメウ(右)の二種をエポパテで製作
▲落書きも雰囲気たっぷりのコンテナはイタレリ製プラキットを使用
▲︎パレットとパレットトラックは「ビシャモン 1/24 ハンドパレットトラックコレクション」に塗装とウェザリングを追加したもの。それにしても最近のミニチュア小物の充実ぶりには本当に驚かされる
▲1969年のビッグマイナーチェンジに伴い、従来とは全く異なるフロントマスクに一新された「ミニクラブマン」。[1275GT]はエンジンを1275cc直4OHVに換装するなど、よりスポーティーに仕上げられた高性能版である
▲こちらがプラスアルファから発売中のトランスキット。ボンネット&フロントフェンダー、フロントグリル、フェンダー、純正小径ホイール、タイヤ、エンブレム等がセットされている
▲ギターを手にする男は靴と頭部以外をエポパテで製作。手前の犬は小池氏の愛犬をイメージしたヨークシャーテリアである

 以前、月刊ホビージャパンの作例でランチアデルタのフロントグリルパーツを使用した「プラスアルファ」さんの新製品であるミニクラブマンのトランスキット(3Dプリントパーツ)を使ってみました。ミニ自体さまざまな人気車種があるのに、実際はキットには恵まれてません。タミヤのミニは生産休止中、そしてこのトランスキットもフジミのオールドミニ用となっているのですが、ベースキットは入手困難となっていますので (2022年現在) 、キットの製作を考えている方はまずはベースキットの確保が重要になります。

■イングランド
 最近はサーキット以外のディオラマ製作も多く、舞台となるさまざまな国を勉強していましたが、実はイギリスはノーマーク。RACラリーが開催されるウェールズ地方しか知見がない! 大変だ。
 仕方なく自分の少ない知識からディオラマ作りをスタートさせます。まず、自分に一番近いイギリス。愛犬の「セラ」君がヨーキー、そう、ヨークシャーテリアなんですw、犬種だけですがw ここからさまざまな英国的要素を組み込んで行きます(ほぼ、ステレオタイプ的な)。 
 英国と聞いて最初に浮かぶのは、「THE BEATLES」。ソレをヒントに想像を拡げて行きます。ビートルズ→リヴァプール。リヴァプール→港商都市だっのですが現在は衰退。観光都市に変化したようなので、旧い使われていない港に設定。ビートルズ=音楽、以前使わなかったギターのプリント品を持ち出してみました。愛犬と愛車とギター一本で、好きな所に行って唄ってる若者が主人公です。
 そこにリヴァプールらしさを表明するために、地域性が分かる鳥二種を置いてみました。ひとつは、ヨーロッパヒメウ。コチラはリヴァプールのシンボル、伝説の鳥、「ライバー・バード」、コチラのモデルになったのがヒメウとされています。
 もう一種はウミガラス。全北区、太平洋、大西洋に広く分布、日本でもオロロン鳥と呼ばれ、生息地が天然記念物のようです。なぜそんな広域に生息する鳥を置いたかというと、この鳥、地方によって亜種(色違い)が多々あるようで、イギリス北部大西洋の種は目の周りに白い色が入っているのが特徴なようなので、今回登場となりました。

■キット
 フジミ製ミニのボディの前半部をカット、プリントパーツを接着しますが、さすが、何のストレスもなく収まります。当然フロントグリルのパーツもです。
 そして、今回気付いたのは、このスケールのパーツはペーパーがかけやすい、ライン消しも楽でした。カラーは青と黄色です。バンパー等メッキパーツはガンダムマーカーのメッキシルバーです。コチラもこのスケールに合っています。
 フイギュアは顔、靴以外および鳥たちはタミヤエポキシパテ製です。 
 以上、リヴァプールからでした(ウソ)。

フジミ模型 1/24スケール プラスチックキット オールドミニ & プラスアルファ 1275GT トランスキット使用

『ライバー・バード』

ディオラマ製作・文/小池徹弥

オールド ミニ
●発売元/フジミ模型●生産終了●1/24●プラキット

1275GT パーツセット
●発売元/PLUSALFA●6380円、発売中●1/24●3Dプリントパーツ

この記事が気に入ったらシェアしてください!

小池徹弥(コイケテツヤ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年8月号

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2021年4月号

ご購入はこちら

ガールズ&パンツァー 山田卓司情景作品集

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー