• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 「ビャクチ(最終決戦装備)」の追加装甲&武装をスクラッチ!『境界戦機フロストフラワー』登場作例「ビャクチ(最終決戦装備)」の追加装甲&武装をスクラッチ!『境界戦機フロストフラ...「ビャクチ(最終決戦装備)」の追加装甲&武装をスク...

「ビャクチ(最終決戦装備)」の追加装甲&武装をスクラッチ!
『境界戦機フロストフラワー』登場作例

2022.06.08

KM-01 ビャクチ(最終決戦装備)【BANDAI SPIRITS 1/72】 月刊ホビージャパン2022年7月号(5月25日発売)

最後の戦い

 五稜郭突入に際してありったけの武装に身を包んだビャクチ(最終決戦装備)。本機に備えられた拡張性の高さをフル活用して全身のマウントラッチに武装や増加装甲を装備しており、その姿はまさに最終決戦装備と呼ぶに相応しい雄々しさとなっている。
 各種武装はもちろんコボパンダによるスクラッチ。プラ板やプラパイプなどの組み合わせで、これまでのビャクチ武装バリエーションの集大成となる姿を精度高く再現している。

▲新たに追加されたのは背部ウェポンマウントの超熱振式戦闘湾曲刀と180mmグレネードランチャー。右腕のアサルトライフル、左腕マウントラッチの200mm戦闘杭射出機と脚部増加装甲
▲太モモ増加装甲は本体に合わせてプラ板を貼り付け、ある程度形状出しを行ったあとに整形している。フックは洋白線を使用。スネ横増加装甲はプラ板積層で3mm厚のものを製作した

180mmグレネードランチャー

▲グレネードランチャーは砲身部分はプラパイプの組み合わせで放熱孔はドリルで開口。機関部はプラ板の箱組み。丸モールドは市販パーツを使用

200mm戦闘杭射出機

▲パイルバンカーの杭は2mmプラ板から製作。スライド可動できるように溝を作ったプラ板を左右合わせて削り出して形状出し。基部はプラ板積層からの削り出しで、プラ板で製作した各部パーツを組み合わせている

超熱振式戦闘湾曲刀

▲湾曲刀はHGメイレスケンブの戦闘直刀を60度のお湯に浸けて少しずつ曲げることで反りを再現。鍔はプラ板を使用している

アサルトライフル

▲アサルトライフルは携行機関砲をベースに砲身やマガジンはプラ板で製作。ピカティニーレールはプラ棒の削り出しで、ストライクハイダー先端部はプラパイプにデザインナイフで切れ込みを入れてから鉄ヤスリで削り込んで整形した

▲最終決戦装備の武装一覧。これまでビャクチの武装は火器が中心で、近接戦闘用武装は軽装装備のマチェットのみであった(ドリルとクローアームはあくまで工作用で、パイルバンカーも元々は隔壁破壊用として用意したもの)。本格的な近接戦闘用装備は湾曲刀が初となる
▲増加装甲で防御力を高めて敵陣深く突入し、回避よりも攻撃することを優先した装備になっている。対多数の密集戦になることを想定してアサルトライフルの銃口にはストライクハイダーを装備。振りかぶり動作が必要ないパイルバンカーも結果的に高い効果を発揮した
▲キット素組み(左)との比較。武装追加によって圧倒的に力強いシルエットになっているのが見て取れる。肩の増加装甲は、最後に刀を装備することを見越して鎧武者をイメージしたものになっている

▲最終決戦装備は右腕にアサルトライフル、左腕に携行機関砲を装備させるので、左武器持ち手はHG境界戦機ウェポンセットに付属のものを使用。肩のマウントラッチは可動軸が仕込まれているので、増加装甲とパイルバンカーが干渉することなく装備できる

■最後のフル装備
 物語もいよいよ終盤。今回は追加装甲や武装をプラ板等で自作しました。最終決戦仕様というだけあって、自作するパーツ量も多いですが頑張っていきます!
 肩に装着するグレネードランチャーはプラパイプの組み合わせとプラ板の箱組みで再現しました。放熱孔はペンで下書きして地道にドリルで開口しています。
 アサルトライフルはキットのライフルの基部を使いつつ、プラ棒の削り出しでピカティニーレールを自作しました。先端のストライクハイダーはプラパイプにデザインナイフで切れ込みを入れつつ、鉄ヤスリで形を整えています(一発勝負、リテイク3回)。
 大型武装となるパイルバンカーは2mmプラ板を使って自作しました。杭の部分が可動できるように、溝を作ったプラ板を左右合わせにし、形を削り出していきます。バンカーの各部パーツは削り出した基部パーツに合わせてプラ板を積層しつつ再現しました。
 武器各部のディテールはスピンブレードやBMCタガネで彫り込んでいます。丸モールドは市販パーツやプラパイプを削り出したものを接着しています。
 湾曲刀はHGメイレスケンブの直刀を60度くらいのお湯に浸けて、慎重に曲げることで刀の反りを付けています。
 太モモの増加装甲は、仮組みしたビャクチの太モモに合わせるようにプラ板を貼り付けて、ある程度形を出したあとでバラバラにして左右を合わせるようにプラ板を切り出しました。フックパーツは加工しやすい洋白線を使用しています。スネ横の増加装甲は、プラ板の積層で3mm厚のブロックを作り、それを削り込んで形状出し。最後に接続用の3mm軸を埋め込んでいます。

BANDAI SPIRITS 1/72スケール プラスチックキット“ハイグレード”メイレスビャクチ 使用

KM-01 ビャクチ(最終決戦装備)

製作・文/コボパンダ

HG 1/72 メイレスビャクチ
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●2640円、発売中●1/72、約14cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2021 SUNRISE BEYOND INC.

コボパンダ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年7月号

ご購入はこちら

作りたくなる!境界戦機プラモデル製作指南書

ご購入はこちら

境界戦機MAGAZINE Vol.1

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー