• HOME
  • 記事
  • 工具・マテリアル
  • 水性塗料でカンタンに筆塗りを楽しもう!「水性塗料筆塗りの教科書」をご紹介!水性塗料でカンタンに筆塗りを楽しもう!「水性塗料筆塗りの教科書」をご紹介!水性塗料でカンタンに筆塗りを楽しもう!「水性塗料筆...

水性塗料でカンタンに筆塗りを楽しもう!「水性塗料筆塗りの教科書」をご紹介!

2022.05.16

水性塗料ペインティングLAB. 月刊ホビージャパン2022年6月号(4月25日発売)

水性塗料でカンタンに筆塗りを楽しもう!「水性塗料筆塗りの教科書」をご紹介!

水性塗料筆塗りの教科書

●発行元/ホビージャパン●3520円、発売中●A4判

これ1冊でメジャーな水性塗料で筆塗りを楽しむことができます!!

 安全、安心、環境にも優しくて高性能だけどまだまだ認知度が低く使っている人も少ない「水性塗料」の可能性をお届けするコーナー。今回はそんな水性塗料の魅力が満載の1冊「水性塗料筆塗りの教科書」をご紹介しましょう。
 水性ホビーカラー、アクリジョン、タミヤ アクリル塗料、ファレホ、シタデルカラーと言った国内で流通しているメジャー水性塗料を、筆塗りで楽しもうというヒントが満載の本書。匂いが少ない水性塗料と、塗装準備がお手軽にできる筆塗りはとても相性が良いので、ぜひ本書を片手にプラモの筆塗りを楽しんでみてください。ここでは本書の中身を特別にお見せします!


1.水性塗料筆塗りが楽しくなる便利グッズを多数紹介!!!

 プラモを塗装するための筆は、膨大な数がラインナップされています。その中のリコメンドをご紹介。さらに水性塗料筆塗りが快適になる便利グッズを多数ご紹介しています。

▲形状や毛の種類でどんな違いがあるのか、解説しています
▲サーフェイサーやエナメル塗料、油彩系塗料など、水性塗料をサポートしてくれるマテリアルは多数あります!!

2.水性ホビーカラー&アクリジョン!!

 GSIクレオスが販売している水性ホビーカラーとアクリジョンを紹介。筆塗りらしい重厚な仕上がりのスピットファイアMk.Vが、水性ホビーカラーで塗り上がっていく様子や、最新の水性ウェザリングペイントを使用した汚し塗装もご紹介。
 アクリジョンは、GSIクレオスのスタッフに直々に塗り方を教えてもらいました!!

▲水性ホビーカラーのポテンシャルを思う存分引き出した、清水圭によるスピットファイアMk.V(エアフィックス 1/72)の作例
▲きの助による水性ウェザリングペイントを使用した汚し塗装How to
▲GSIクレオスのスタッフがアクリジョンの筆塗りをレクチャーしてくれるぞ!! オフィシャルな筆塗り方法をしっかりと読むことができます

3.タミヤ アクリル塗料

 GSIクレオスの水性ホビーカラーとともに、国内の模型量販店で、もっとも手に入れやすい水性塗料。本書では、もっともスタンダードな塗り方で、フィギュアと戦車模型を仕上げています。タミヤ アクリル塗料の筆塗り入門にぜひ参考にしてください!!!

▲難しいことは一切せず、ベタ塗り&スミ入れで良い感じになっていく様子をご紹介します。作例製作は武蔵が担当
▲水性ペインティングLABのメインモデラー・むっちょは、初めての戦車模型に挑戦!! 1/48 イージーエイトの塗装は、多くの人の参考になること間違いなし!!

4.ファレホ

 ボークスが国内総代理店を務めるスペイン生まれの水性塗料「ファレホ」。キャラクターモデルからスケールモデル、ヒストリカルフィギュアなど全模型ジャンルをカバーできる豊富な色数を誇ります!!!

▲ボークスのファイブスター物語「IMS 1/144 V・サイレン・ネプチューン」のプラキットを使用して、成型色を活かした部分塗装仕上げに挑戦! ボークススタッフが直接レクチャーしてくれました
▲日本のミニチュアペインターでも最高峰のテクニックを持つぷらシバが、美女ガレキを塗り上げる!!! セクシーペイントをご堪能あれ!!!
▲月刊ホビージャパンでも多数の筆塗り作例を手掛けているモデラー・ふりつくが、フィオーレの肌色のチェンジに挑戦。少ない手数でお手軽に肌色の変更とグラデーションを実現しています。美少女プラモ塗装の参考になりますよ

5.シタデルカラー

 英国のミニチュアホビーメーカー「ゲームズワークショップ」の高性能水性塗料「シタデルカラー」。各塗料の特徴や、シタデルカラー・システムを活用したHow toをご紹介します!!

▲ギルティプリンセスのミャオを、シタデルカラーを使用してアリスカラーに筆塗りでチェンジ!! 製作/ふりつく
▲シタデルカラーの特性の他に、塗装がとっても楽しくなる無料アプリ「シタデルカラー・アプリ」もご紹介
▲使用する塗料と使用する順番を明記し、自然なグラデーション塗装を誰でも楽しめる「シタデルカラー・システム」。それを活用して、ミニチュアが塗り上がっていく様子をご紹介。製作/てんちよ
この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⒸMAX FACTORY・Tony/Guilty Princess

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年6月号

ご購入はこちら

水性塗料筆塗りの教科書

ご購入はこちら

女の子プラモ ペイントの教科書

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー