• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 模型作例、バッチリミナー!仮面ライダーゴースト オレ魂( Figure-rise Standard)を布感アップ&発光表現追加で製作模型作例、バッチリミナー!仮面ライダーゴースト オレ魂( Figure-rise Standard)を布...模型作例、バッチリミナー!仮面ライダーゴースト オレ...

模型作例、バッチリミナー!仮面ライダーゴースト オレ魂( Figure-rise Standard)を布感アップ&発光表現追加で製作

2022.04.27

仮面ライダーゴースト オレ魂【BANDAI SPIRITS】 月刊ホビージャパン2022年6月号(4月25日発売)

仮面ライダーゴースト オレ魂 特撮カット

 Figure-rise Standardシリーズの新作、仮面ライダーゴースト オレ魂が登場! 素体の上にパーカーを着ているという、独特なスタイリングを見事に再現したキットになっている。
 こちらの作例をえめす@ifritが製作。今回は最大の特徴であるパーカーの形状調整に注力し、布の質感をさらにアップ。
 さらに目玉ギミックとして蛍光塗料を用いた発光状態を実現。ブラックライトを当てると身体の模様が浮かび上がり、劇中のような雰囲気が出るぞ。バッチリミナー!

仮面ライダーゴースト オレ魂 前後
▲パーカーの質感表現は本作例のこだわりポイント。後述の通りシワを増やしたり、塗装で生地っぽさを表現している。ちなみに本キットにはスタンド用の穴を埋めるパーツが標準で付属。見映えを損なわない工夫がなされているのは嬉しいところ
仮面ライダーゴースト オレ魂 武器
仮面ライダーゴースト オレ魂 武器 製作途中
▲ガンガンセイバーは2モード付属。合わせ目を消すために挟み込みのクリアーパーツは中央で切り欠いて後ハメ出来るように加工した
仮面ライダーゴースト オレ魂 横
▲パーツの差し替えで、フードを被った状態と取った状態をそれぞれ再現可能
仮面ライダーゴースト オレ魂 正面 素組み 比較
仮面ライダーゴースト オレ魂 背面 素組み 比較

▲素組み(左)と比較。素体は蛍光塗料での塗装、パーカー部分は形状変更による質感向上といった具合に素組みからのアップデートを図っている。シワが増えたりエッジが柔らかくなっているのが分かるだろうか

仮面ライダーゴースト オレ魂 左側面

▲パーカーの襟や側面の合わせ目は大きく変更したポイント。襟部分を切り欠いてパテで埋め、大胸筋や襟の奥行きを表現。合わせ目の位置を変更して劇中のジャケットと似た縫い目を追加している

仮面ライダーゴースト オレ魂 構え
▲本キットには印を結んだハンドパーツが付属。劇中イメージを再現可能だ
▲ジャケットのシワ感を表現するためにエポパテを使用。細かいシワやフードのたるんだ感じを強調した。その他にも、服の柔らかさを出すためにスポンジヤスリでエッジ部分を丸く削り込んでいる

カイガン!オレ!

▲パーツ一部差し替えでトランジェント形態&パーカーゴーストに分離可能。発光させればさながら劇中の変身シーンのようだ

▲上腕部のベルトにはネオジム磁石1.5mm×1mmを仕込み、差し込み穴はパテで埋めた。これによりパーカーゴースト状態での見映えが向上する
▲もうひとつのこだわりポイントである蛍光塗料とブラックライトを使った発光表現。劇中でも何度か見られた、身体のオレンジのラインやマスクが妖しく光る様子をイメージしている
▲胸部の蛍光クリアーはエナメル溶剤では拭き取れないため、はみ出さないように慎重に筆塗りする必要がある

 オレンジに光らせるラインの塗装手順を紹介

▲まず塗料が入りやすいように、モールドをすべてBMCタガネ0.3mmで彫り直し
▲下地としてシタデルカラーのセラマイトホワイトをざっくり筆塗りする
▲はみ出した部分はアルカリ性洗剤を綿棒に含ませ拭き取ればOK
▲その後、調色で作った蛍光オレンジのエナメル塗料でスミ入れをすれば発光表現の完成だ

■命、燃やすぜ!
 Figure-rise Standard 仮面ライダーゴースト オレ魂の作例を担当させていただきました。よろしくお願いします。
 本作例では、劇中を完全に再現したいと思い、ジャケットのシワからスーツのツヤや変身時の発光まで徹底的にこだわって製作させていただきました!

■改造点
 手始めにまず全身のオレンジ色に光る部分のモールドをBMCタガネで彫り直しました。次に、気になったジャケットの襟部分をデザインナイフやニッパーで切り欠いてリアルな服の感じを表現したり、服の端部分が四角いエッジになっていたので、スポンジヤスリをかけて柔らかく見えるようにエッジを丸くしてみました。さらに服の質感を表現するためにパテを使いシワ感を強調。脇の合わせ目位置を変更し、細く切ったプラ棒を貼り付けたりして劇中のジャケットの縫い目と似た表現にしました。

■発光ギミックや塗装について
 発光表現について、全身をまず黒で塗装し、最初にタガネで彫りこんだモールドにシタデルカラーの白で筆で塗って下地を作り、蛍光エナメルを塗装。ブラックライトで照らすと発光するように仕上げています。頭部のクリアーパーツには蛍光オレンジを薄く塗装しました。
 全身のスーツやオレンジ色の部分や硬そうな部分はクリアーでツヤを出して、ジャケット等の柔らかい部分はツヤ消しして質感を分けてみました。
 ゴーストドライバーやガンガンセイバーはざっくりエアブラシでマスキングして塗装、細かい部分は筆で塗り分けています。

■塗料
黒=ニュートラルグレー5(ガイアカラー)
ジャケットオレンジ=エヴァオレンジイエロー(ガイアカラー)+173蛍光オレンジ(Mr.カラー)
オレンジライン=蛍光イエロー+蛍光レッド(ガイアカラー)
他オレンジ=エヴァオレンジ(ガイアカラー)
銀=Ex-シルバー(ガイアカラー)
発光する青=蛍光クリアー(ガイアカラー)
メタリックブルー=クリアーブルー(ガイアカラー)

■あとがき
 今まで覚えた技術を総動員して製作した気がします…!
 スジ彫り、パテ、マスキング、筆など使用し、自分が納得いくまで作り込み最高にカッコよく仕上げてみました。

BANDAI SPIRITS ノンスケール プラスチックキット “Figure-rise Standard”

仮面ライダーゴースト オレ魂

製作・文/えめす@ifrit

Figure-rise Standard 仮面ライダーゴースト オレ魂
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●3850円、発売中●約16cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ石森プロ・東映

えめす@ifrit(エメスイフリート)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年6月号

ご購入はこちら

S.I.C.HERO SAGA 仮面ライダーディケイド/仮面ライダー鎧武編

ご購入はこちら

S.I.C.HERO SAGA Vol.4

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー