• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • ガンダムフォワードVol.7掲載「MGジンクス」をチラ見せ!ガンダムフォワードVol.7掲載「MGジンクス」をチラ見せ!ガンダムフォワードVol.7掲載「MGジンクス」をチラ見せ...

ガンダムフォワードVol.7掲載「MGジンクス」をチラ見せ!

2022.02.15

GNX-603T ジンクス【BANDAI SPIRITS 1/100】 月刊ホビージャパン2022年3月号(1月25日発売)

 現在好評発売中のホビージャパンMOOK「ガンダムフォワードVol.7」は、2021年11月に発売されたMGガンダムヴァーチェに合わせて『機動戦士ガンダム00』を大特集! 1stシーズン主要ガンダム4機をはじめ、ストーリー上重要なポジションの太陽炉搭載MSにスポットを当てていく。そちらに掲載される作例の中から、MGジンクスを少しだけ公開するので、興味を持っていただけたらぜひ本書を手に取っていただきたい。

ジンクス トップ画

GNX-603T ジンクス

 ユニオン、AEU、人類革新連盟による国連軍のために開発された疑似太陽炉搭載型MS「GNX-603T ジンクス」。キットはMGガンダムエクシアに次いで2010年に発売されたもので、X字状のバインダーをはじめ、特徴的な形状をシャープに再現。こちらの作例は豆タンクが担当。初登場時のキレイなイメージもカッコいいが、今回はウェザリングを施すことで、終盤の連戦による使い込まれた感を演出している。

ジンクス 前
ジンクス 後ろ

ウェザリング仕上げで終盤の使い込まれたイメージを演出

 パーツの形状は大きく変えず、面の微妙な調整やディテール追加を行っています。若干古めのキットのせいか、ヒケが目立つ箇所もあるので整面を重点的に行いました。それに合わせて全体的にエッジをシャープにしています。頭部は白とグレーのパーツの段差をスムーズにつなげる等、シャープな印象になるように加工しました。胸部は左右ブロックがフラットな形状なので、ダクトやハッチディテールを追加。襟まわりはあまり目立ちませんが、裏にトラス形状を追加しています。
 腕部は装甲を切り欠き、フレーム状のディテールやスジ彫りを追加。脚部はふくらはぎのもっこりした形状が気になったので、スムーズなラインになるよう削り込みつつ、元のディテールにつながるようにスジ彫りを追加しました。太モモからヒザにかけての大型装甲は側面ダクトがぬけているので、スリット状のディテールを追加しています。

ジンクス
▲胸部やヒジ関節など、一部ディテールを追加して情報量を増やした。全体的には整面とエッジ出しを重点的に行い、ウェザリング塗装で各エッジが強調されるようにしている
ジンクス

BANDAI SPIRITS 1/100スケール プラスチックキット “マスターグレード”

GNX-603T ジンクス

製作・文/豆タンク

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ創通・サンライズ

豆タンク(マメタンク)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年3月号

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.7

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2018年3月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー