• HOME
  • 記事
  • フィギュア
  • 【グッスマ20th Anniversary】 第8回「セイバー・リリィ ~全て遠き理想郷(アヴァロン)~」【グッスマ20th Anniversary】 第8回「セイバー・リリィ ~全て遠き理想郷(アヴァロン...【グッスマ20th Anniversary】 第8回「セイバー・リリ...

【グッスマ20th Anniversary】
第8回「セイバー・リリィ ~全て遠き理想郷(アヴァロン)~」

2022.02.08

グッスマ20th Anniversary 月刊ホビージャパン2022年3月号(1月25日発売)

グッスマ20thロゴ

 グッドスマイルカンパニーの創立20周年をお祝いする連載企画。グッスマ20年の歴史の中で、思い出に残るベストアイテムを、グッスマスタッフに訊いていこうという「グッスマスタッフ大投票! グッスマベストアイテム10」。第8回は『Fate/stay night』より、「セイバー・リリィ」の1/7スケールフィギュアを撮り下ろしにて紹介しよう。

セイバー アルトリア リリィ 全て遠き理想郷 特写

グッスマスタッフ大投票! グッスマベストアイテム10

セイバー・リリィ ~全て遠き理想郷(アヴァロン)~

セイバー アルトリア リリィ フィギュア

 『Fate/stay night』より、騎士王のもうひとつの姿「セイバー・リリィ」の1/7スケールフィギュア。宝具「全て遠き理想郷(アヴァロン)」を掲げ、カリバーンで切り込む様を躍動感たっぷりに切り取っている。もう1本の宝具エクスカリバーも付属し持ち替え可能。また、鞘を持たない手も用意されている。

セイバー アルトリア リリィ フィギュア パッケージ
▲メタリック加工が施された高級感あるパッケージ。前方のエッジ部分に窪みがあり、よいアクセントとなっている。箱の大きさは横26cm×高さ26.5cm×奥行21cmほどとなっている

●発売元/グッドスマイルカンパニー●13037円、2009年9月発売(初販)、2012年1月(再販)、2016年12月(2次再販)●1/7、約23cm●原型/河原隆幸

グッスマスタッフに訊いてみた

グッスマスタッフにセイバー・リリィ ~全て遠き理想郷(アヴァロン)~のことを訊いてみた!

セイバー アルトリア リリィ フィギュア 後ろ

発売当時は未だ入社しておりませんでしたが、ワンホビ9.5でこのフィギュアに一目惚れしたことでグッスマの門を叩く切っ掛けになりました!「セイバー」と言えば勇猛果敢なイメージが強いキャラクターですが、そのキャラ性を崩さず、年相応の少女の可憐さも同居し「カッコいいのに可愛い!! 何だこのフィギュア凄すぎる…!!(語彙力)」と衝撃を受けたことを今でも覚えております。数多のFate系フィギュアの中で、今なお屈指の名作と呼び声高いフィギュアだと思います。 (企画担当 チャン・シュウ)

当時、とても注力していた商品でプレッシャーを感じつつ開発をしていた記憶があります。原型師河原隆幸氏の彫刻を製品に限りなく忠実に再現できるよう髪の毛の1本1本にこだわりました。また、バランスも絶妙で少しずれただけでも印象が違うので、量産の組み付けにも気を使いました。現在の目で見ても古くならない魅力があるように感じます。(製造担当 T)

どのアングルからみても完璧で躍動感がありますが、一番の押しポイントは上半身、特に凛々しくて美しい「顔」だと思っています。プロモーションを考えるうえで、社内でもその推しポイントが共通認識としてあり、上半身アップの画像を使った巨大タペストリー(約2m×1m)を作って複数の店舗で飾ってもらいました。その当時、いわゆる「美少女フィギュア」のプロモーションとしては恐らく初の試みだったのではと思います。大型イベントでも、自社ブースの一番目立つ壁面(高さ9m)にこの商品の上半身画像をドーンと掲出して、注目を集めていたのを覚えています。(宣伝担当 M)

セイバー アルトリア リリィ フィギュア 俯瞰
セイバー アルトリア リリィ フィギュア ドレス 半透明素材
▲翻ったドレスの一部は半透明素材で表現されている
セイバー アルトリア リリィ フィギュア ベース
▲ベースは大理石風。右足部分は大理石が抉れた様子を表現している
セイバー アルトリア リリィ フィギュア 顔アップ
▲宝具「全て遠き理想郷(アヴァロン)」を放つ、美しくも凛々しく引き締まった表情。透き通るような肌に体の動きによって揺れる髪、そして硬質な甲冑のメタリック表現など、派手なポージングの中にも微細な見どころも多い
セイバー アルトリア リリィ フィギュア カリバーン エクスカリバー
▲カリバーン、エクスカリバーと鞘が付属。左手は鞘を持たない平手も用意されている。カリバーン、エクスカリバーはともに柄の先端パーツを取り外し右手に持たせる仕組み

次回予告

次回はどんなアイテムが選ばれるのか…お楽しみに!!

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2002-2006 TYPE-MOON

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年3月号

ご購入はこちら

フィギュアJAPANマニアックス 美少女フィギュア35年史

ご購入はこちら

フィギュアJAPANマニアックス フィギュアをつくるということ

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー