• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 【粋塗装特集】「シャア専用ザクII」を甲冑風に塗る【粋塗装特集】「シャア専用ザクII」を甲冑風に塗る【粋塗装特集】「シャア専用ザクII」を甲冑風に塗る

【粋塗装特集】「シャア専用ザクII」を甲冑風に塗る

2022.02.03

MS-06S シャア専用ザクII【BANDAI SPIRITS 1/100】 月刊ホビージャパン2022年3月号(1月25日発売)

甲冑風MGザクII

 MGザクIIを使用したちょっと特殊な作例をお届けしよう。こちらは塗装を駆使してシャア専用ザクIIを「甲冑風」に仕上げるというなかなかの難題。本作例を担当したまつおーじは、自身が得意とするキャンディ塗装の技法を駆使して漆塗りのような艶やかで深みのある色合いを塗装で表現。形状的な変化はないが「和」の雰囲気が漂う重厚感のあるザクIIを完成させた。

漆塗り風キャンディ塗装のススメ

「和」らしさを押し出すべく塗装で漆塗りの風味を表現。その手順を紹介しよう。

かかと部分の装甲
▲まずは朱色のパーツ(写真はかかと部分の装甲)から。表面をマジックヤスリで軽く磨いてからサフを吹く
上からプレミアムレッドを吹いて乾燥した時の表面のツヤ
▲上からプレミアムレッドを吹いて乾燥した時の表面のツヤ。まだ少し曇っている
上からクリアーイエローを吹いて完成
▲上からクリアーイエローを吹いて完成
盾の塗装
▲盾の塗装。ボディと同じくプレミアムレッドを吹く
上からクリアーイエローを吹いた状態
▲上からクリアーイエローを吹いた状態。明るさとツヤ感が増していることが分かる
一方向にぼんやりとした線を重ねて描くように模様付け
▲薄めた黒で、一方向にぼんやりとした線を重ねて描くように模様付け。スパイク・アーマーもグラデーションを意識しながら同様に
さらにクリアーイエローを上塗り
▲さらにクリアーイエローを上塗りして完成
胴体部アーマー
▲胴体部アーマーは盾とほぼ同じ手順。クリアーイエロー1回目の状態
黒で模様を入れずにクリアーイエロー2回
▲こちらは黒で模様を入れずにクリアーイエロー2回目を吹いて…

COLUMN 
失敗しても大丈夫

 キャンディ塗装は繊細な作業。少しのホコリやミスが仕上がりに大きく影響してしまうが、多少のミスは削ってしまえば大丈夫。ヤスリやコンパウンドで磨いてクリアーカラーを吹けばリカバー可能だ

表面をマジックヤスリで軽く磨いてからサフを吹いてリカバー
▲パーツを落として指紋が付いてしまった。表面をマジックヤスリで軽く磨いてからサフを吹いてリカバー
乾かしてからコンパウンドで磨く
▲マスキングテープを剥がしたら塗料が生乾きだったようで、テープの跡がついてしまった。乾かしてからコンパウンドで磨く
マジックヤスリ1200番で優しく研磨
2回ほどクリアーカラーを塗り重ねれば目立たなくなる

▲ゴミが噛んだのでマジックヤスリ1200番で優しく研磨。傷は付くが2回ほどクリアーカラーを塗り重ねれば目立たなくなる

完成!

甲冑風MGザクII 立ち
甲冑風MGザクII FRONT
▲シャア専用ザクIIということで全身赤色で固めているが、塗装による質感表現や金色で縁取られた装甲により一気に「和」の雰囲気が漂っている
甲冑風MGザクII SIDE
甲冑風MGザクII REAR
甲冑風MGザクII 上部アップ
▲キャンディ塗装の応用により実現した透明感のある装甲。使用するポイントを絞っているためくどくなりすぎず、効果的なアクセントとなっている
甲冑風MGザクII 斧掲げる
▲シールドの裏側は金で塗装。あまり派手な金にすると下品な感じが出てしまうので、ワンポイント的に留めるのがベスト
甲冑風MGザクII 正座

■難しい…
 今回のお題はMGシャア専用ザクIIを和の甲冑のように仕上げてください、ということでした。参考写真もいただいて引き受けたものの、さてどうしようか。甲冑といってもいろいろな種類があるためどう表現するかめちゃめちゃ悩みましたが、私の中では漆塗りに金縁というイメージが強かったので大まかに装甲はツヤ有りで金縁、フレームはツヤ消しにしようと決めました。塗装がメインの作例ということで、今回は漆塗りの表現や金とのコントラストが肝になると考えました。

■塗っていくうちに
 工作は胴体の装甲に金縁を入れるためのスジ彫りを施して、あとはゲート処理と若干の表面処理程度です。
 さて、メインの塗装について。まずは「漆塗りとは?」というところから考えます。漆は樹液で塗り重ねて色の深みやツヤをコントロールしていますよね。あれ? これって何かに似てる気が…。キャンディ塗装と同じだ! とはいえ単なるキャンディ塗装では漆っぽくはならないので、キャンディ塗装の手法を使いつつ色をメタリックではなくソリッドカラーを塗り、上塗りを茶色や黄色などの樹液っぽい色でコートすることにしました。
 果たして上手くいくのか? と思いながら始めましたが、実際塗ってみるとこれがなかなか面白く、下地の色をクリアーカラーでフィルタリングしたことで反射光の色が変わるといいますか、なかなか面白い感じになりました。誌面で伝わればいいのですが…。

■塗装レシピ
 具体的にはサフを吹いた後、
・黒部分はアルティメットブラックの上にクリアーブラウン。
・胴の濃い赤はローズディープレッドにクリアーイエロー。黄色に振り過ぎて茶色くなったのでさらにクリアーレッドで赤味を追加。
・朱色はプレミアムレッドにクリアーイエロー。
をそれぞれ重ねています。まずまず漆感は出たんじゃないでしょうか。
 当初盾は赤、スパイク・アーマーは黒と決めて塗っていたのですがどうもしっくりこず、盾に黒を塗ってみたところめちゃめちゃいい感じの色味で斑もいい具合。こ、これだ! ということで即採用。プレミアムレッドにクリアーイエロー、薄めた黒で斑をつけてクリアーイエローでさらにコート。うん、いい感じ。もうこの盾が塗れただけで満足ですw。
 金縁はグリーンスタッフワールドさんの金のピグメントをエナメルクリアーに混ぜて塗っています。

■いかがでしたでしょうか
 甲冑というより漆塗りにこだわってしまった感が否めませんが、なかなか面白い表現ができたのではないでしょうか。

甲冑風MGザクII

BANDAI SPIRITS 1/100スケール プラスチックキット “マスターグレード” シャア専用ザク Ver.2.0使用

MS-06S シャア専用ザクII

製作・文/まつおーじ(firstAge)

MG MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●3850円、2007年5月発売●1/100、約18cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒ創通・サンライズ

まつおーじ(firstAge)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年3月号

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.7

ご購入はこちら

HJメカニクス10

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー