• HOME
  • 記事
  • スケールモデル
  • 【タミヤ最新エアモデル作例】欧州を席巻した攻撃機型GR.4“トーネード”が1/32で登場!  可変翼が最大のポイント【タミヤ最新エアモデル作例】欧州を席巻した攻撃機型GR.4“トーネード”が1/32で登場...【タミヤ最新エアモデル作例】欧州を席巻した攻撃機型...

【タミヤ最新エアモデル作例】欧州を席巻した攻撃機型GR.4“トーネード”が1/32で登場!  
可変翼が最大のポイント

2022.02.02

トーネード GR4(パイロット人形付き)【イタレリ 1/32】 月刊ホビージャパン2022年3月号(1月25日発売)

トーネード GR.4 特写

可変翼で欧州を席巻した旋風戦闘攻撃機(トーネード)

 1970年代にイギリス、西ドイツ、イタリアの欧州3ヵ国が国際協同開発した多用途戦闘攻撃機、パナヴィア・トーネード。日本ではあまり馴染みがないが現在もヨーロッパでは根強い人気を持ち、運用国イタリアのイタレリも1/32のラージスケールで完全新金型キットを発売。イギリス空軍の攻撃機型GR.4を再現、52cmにおよぶボリュームに加え、機体のディテール再現、エンジン内蔵、パイロンが連動する可変翼ギミックなど、非常に力の入った内容。さらに国内では、タミヤ製のパイロットフィギュア2体を同梱したオリジナル仕様スペシャル版でリリース!

トーネード GR.4
「デンジャー・マウス」を再現
▲国籍マークがロービジ仕様となった2003年イラク侵攻時の機体「デンジャー・マウス」を再現。キャノピーは開閉可能、キットには乗降用のラダーも付属する
コクピット周り
▲コクピット周りはエッチングパーツなどで精密再現。さらにタミヤオリジナル仕様で3Dスキャンで新規造形したリアルなパイロットフィギュア2体も付属
機体側面のアクセスハッチ
▲機体側面のアクセスハッチ、補助エアインテークは開状態を選択して組み立て。この他、機首の空中給油プローブ、後部のエアブレーキなども開閉が選べる
GBU-10レーザー誘導爆弾4発
▲胴体下にはGBU-10レーザー誘導爆弾4発を搭載。ウェポンはこの他にAIM-9Lサイドワインダー、AGM-88 HARM、スカイシャドウECMポッド、増槽などをセット
実機と同様に可動する主翼 1
実機と同様に可動する主翼 2
実機と同様に可動する主翼 3

▲実機と同様に可動する主翼が本キット最大のポイント。主翼の前進後退に合わせて、下面のパイロンも正面を向くように連動する。胴体のウインググローブ部は軟質素材なので、前進状態でも隙間が空くことはない。なお前進状態で固定する場合は、フラップやスポイラーを開状態とすることが可能だ

尻もち防止のオモリは60g
▲尻もち防止のオモリは60gとかなりの量。必要以上に詰め込むと脚が持たないので、正確な重量でセットしよう
ネオジム磁石を取り付け
▲垂直尾翼を着脱式にするためネオジム磁石を取り付け。垂直尾翼と胴体の両方に取り付けて着脱保持を確実に
エンジン
▲精密なエンジンは機体に搭載すると見えなくなるので、右側の1基は付属の架台にディスプレイすることにした
タイヤ
▲タイヤは軟質樹脂とプラの両方を用意。ディテール重視なら軟質樹脂、経年劣化が心配ならプラを選択しよう
RB199ターボエンジン
▲架台に乗せたRB199ターボエンジン。後端のスラストリバーサーはエッチングパーツも付属し精密に再現される
▲前脚は後付けではなく、機首に挟み込むようにして固定。製作や塗装時の取り扱いには注意が必要だ
機首右側の空中給油プローブカバーの胴体部内側
▲機首右側の空中給油プローブカバーの胴体部内側は、接着前に塗装しておくとマスキングが楽になる
機首上面のカバー部品の接着を後回しに
▲機首上面のカバー部品(13C)の接着を後回しにすれば、バランスを確認後に開口部からオモリを追加できる
トーネード GR.4 横
▲イギリス空軍のトーネードGR.4は1996年から2003年にかけてGR.1を近代化改修し、ユーロファイター タイフーンなどが使用する最新兵装も搭載可能となったタイプ。アフガニスタン紛争やリビア内戦などで実戦も経験したが、2019年に全機が退役している

■イタレリ+タミヤの豪華キット
 イタレリの1/32新製品、トーネードGR.4戦闘攻撃機にタミヤ製のパイロットフィギュアが追加付属された特別版が、タミヤからスケール特別企画として新発売となりました。
 イタレリによるこのキットは、主翼とパイロンの連動ギミックと、凝った細部表現満載で高く評価されていましたが、これにタミヤ製のすばらしいフィギュアが付いてくるのですから、実に豪華な内容といえるでしょう。

■製作
 今回はキットの紹介を中心とするために製作はストレート組みとし、タミヤ製のパイロットフィギュアも機体に搭乗させることにしました。また、パイロットが搭乗しているシチュエーションではあり得ないことは承知の上で、エンジン1基をキットに用意されているドーリー上に載せての展示としました。同様にレーダードームも開状態としキットで再現されている機首のレーダーを見せ、その他のパネル類も開状態にしています。
 主翼は、実機同様に可変翼の動きに連動して翼下パイロンがつねに機軸と平行になるギミックが再現されています。また主翼の前縁スラットとフラップを下げ位置とすることもできます。フラップ下げ位置は見応えはあるものの、せっかくの可変式主翼が展開状態で固定となってしまうので、展開状態での見映えか、ギミックを生かすかのどちらかを選択することとなります。作例ではギミックを優先させ可変状態としました。なお展開状態では翼幅は約43.5cm、かなりの展示スペースが必要となるのでご注意を。
 追加工作として、製作時の取り回しと完成後の移動保管を考慮して、垂直尾翼をネオジム磁石による着脱式としました。簡単な工作ですのでお薦めです。

■塗装とマーキング
 フィギュアにはタミヤカラーでの塗装指示がありますが、機体本体はイタレリによるカラー指定となります。幸いFSナンバーが併記されているので、機体の基本色となるライトグレーFS 36495はGSIクレオスのMr.カラーC338を、脚収納庫などに指定されているグレーFS 36622は同じくC311を。操縦席に使われるFS 36231はC317を使用しました。
 キットには4種類のマーキングが用意されており、デカールの質もよいので、安心して好みの機体を選択してください。作例は、トーンダウンしたラウンデルのバージョンA、ZA542としてみました。
 キットは英国空軍の攻撃機型であるGR.4型なのですが、キットに含まれる不要部品の構成内容を鑑みますと初期のGR.1、ドイツやイタリアで使われた電子戦仕様のECRや、もしかしたらイタリアやサウジアラビアの防空戦闘機型ADVも発売されるかもしれません。これはこれで楽しみです。

トーネード GR.4

イタレリ 1/32スケール プラスチックキット

トーネード GR.4(パイロット人形付き)

製作・文/神増太郎

トーネード GR.4(パイロット人形付き)
●発売元/イタレリ、販売元/タミヤ●21780円、発売中●1/32、約52.1cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

神増太郎(ジンマスタロウ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年3月号

ご購入はこちら

飛行機模型製作の教科書 タミヤ1/48 傑作機シリーズの世界 「レシプロ機編」

ご購入はこちら

航空自衛隊のF-4ファントム ファイナル写真集

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー