• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 「サンダーバード2号&4号」『サンダーバード』最新作上映記念企画第2弾!!【桜井信之】「サンダーバード2号&4号」『サンダーバード』最新作上映記念企画第2弾!!【桜井信之】...「サンダーバード2号&4号」『サンダーバード』最新作...

「サンダーバード2号&4号」『サンダーバード』最新作上映記念企画第2弾!!【桜井信之】

2022.01.16

サンダーバード2号&4号【青島文化教材社 1/350】 月刊ホビージャパン2022年2月号(12月25日発売)

「サンダーバード2号&4号」『サンダーバード』最新作上映記念企画第2弾!!【桜井信之】
サンダーバード2号 特写
サンダーバード55ロゴ

サンダーバード2号をパネルシェードで仕上げる

 1965年にイギリスで製作・放送された伝説のマリオネーション特撮作品『サンダーバード』。日本上陸から55年、ついに完全新作が日本語劇場版として、2022年1月7日(金)から劇場上映、1月8日(土)よりオンライン上映がスタートした。その上映を記念したHJの応援企画第2弾。まずは大本命のひとつ、1/350サンダーバード2号の作例をご紹介。桜井信之が撮影プロップに近い、パネルシェード塗装で仕上げている。

劇場上映に合わせて関連情報も満載!

 日本語劇場版上映に合わせ、さまざまな企画が進行中。BS10 スターチャンネルでは庵野秀明氏がプロとして初めて編集に関わった「サンダーバード」のダイジェスト版を、庵野氏編集・構成でHDリマスター版として復活させる「シン・コンプリート・サンダーバード」を2022年1月30日(日)に独占放送。また、1月9日(日)には東京オペラシティコンサートホールにて「サンダーバード55周年シネマコンサート」が行われた。

サンダーバード55周年シネマコンサート

サンダーバード55周年シネマコンサートポスター
▲2022年1月9日(日)、東京オペラシティコンサートホールにて開催!

シン・コンプリート・サンダーバード

シン・コンプリート・サンダーバード 場面写真
シン・コンプリート・サンダーバード場面写真2
▲︎2022年予定、BS10 スターチャンネルにて独占放送決定!

 急告! 

2112月26日(土)より、新宿ピカデリー1階エントランスにて月刊ホビージャパン作例を特別展示中!!


サンダーバード2号機首
コクピット内はディテール

▲コクピット内はディテールが彫刻されている。作例はグレーで塗装したのみだが、充分立体的な見映えを楽しめる

サンダーバード2号
サンダーバード2号 後方
▲︎キットの凸モールドは削り落とし、マスキングを駆使したパネルシェードでパネルっぽく塗装。キットの元ディテールは削り落とす前に撮影し、パネルラインの位置を確認しておき、元ディテールに沿ってシェード塗装を施した
サンダーバード4号
サンダーバード4号 後方

▲4号はキャノピーが透明成型でディテールも秀逸。そのまま仕上げマーキングもキットのものを使用した

コクピット後ろ
中にジャンクパーツで作ったゴチャメカ

▲コクピット後ろはキットのパネルを一部切り欠いて、中にジャンクパーツで作ったゴチャメカを詰めてそれらしくディテールアップした

着陸脚は伸びた状態が差し替え式
▲︎着陸脚は伸びた状態が差し替え式で付属。コンテナポッドを換装および投下するシーンも再現可能。また、アオシマ版からは4号コンテナにスライド式のカタパルトも追加されているので、写真のように劇中通りの発射シーンがリアルに楽しめる
コンテナ底面
コンテナ底面にある滑走用の車輪

▲︎コンテナ底面にある滑走用の車輪は、4号用ナンバー4コンテナにはついていないため、カットしプラ板で埋めている。ナンバー4以外は付いているのが正しいので、誤って削り落とさないように

パネルシェード塗装
▲︎コンテナは表面も凸モールドを削り取りパネルシェード塗装。側面はディテールはなかったが、マスキングでそれらしく塗装している
コンテナ内部
コンテナ内部塗装後

▲︎組み立ててしまうと覗き込まないと見えないコンテナ内部だが、エバーグリーンのプラ材やジャンクパーツでディテールアップ。グレーで塗装しブラウン系のエナメル塗料でウォッシングも行い、きっちり仕上げている

 今回はアオシマのサンダーバード2号&4号を製作いたしました。キットは旧イマイ製のキットで、その金型を引き継いだアオシマが復刻・再販した商品。このキットが出た時の衝撃は今も鮮明に覚えています。とは言え発売から30年近く経過したキットなので、少々のディテールアップを行うことから始めていきます。
 まずはコンテナ内部。完成後はほとんど見えなくなってしまうのですが、やはり手を入れたいポイントでしょう。コンテナ外側のモールドに合わせて内側にキール(竜骨)とキャットウォークをエバーグリーンのプラ棒で増設。さらにレール状のモールドにも情報を加えています。さらにジャンクパーツでコンテナ壁面や後方にも構造物を追加しています。キットにはサンダーバード4号用のカタパルトパーツも追加になっているので、これだけでも外から覗き見た印象は変わってきます。なおコンテナ底面の“コロコロ車輪”。これは古いキットの名残ではなく、オリジナルのプロップにも存在するディテールです。しかし今回はサンダーバード4号用の4番コンテナで製作。このコンテナは海面に投下するタイプなので、非常に悩んだ結果、今回はこのコロコロを埋める決断をしています。
 次は本体です。基本的に凸モールドキットなので、模型セオリーから行けば凸→凹変換するのですが、そこはサンダーバード。細かな凹モールドなど彫り直さずにすべて塗装で再現することにしました。凸モールドを削り落し、合わせ目消しなどを行う前にキット表面を撮影し、後の塗装の参考に残しておきます。
 工作が終わったら塗装です。Mr.カラー18番・ブラックグリーンを下地に吹き、ガイアカラー214番・暗緑色で基本色を立ち上げます。その後ガイアカラー43番・クリアーブラック。Mr.カラー183番・グレートーン。加えて基本色の暗緑色の明度を上げたもの2種でパネルシェードを行います。元の凸モールドやプロップ写真を参考にマスキングを行い、ある面では暗い方向に、ある面では明るい方向にシャドーとハイライトを交互に入れ、本体のパネルラインを再現します。別名“サンダーバード塗り”と言われるパネルシェードですが、サンダーバードキットにこの技法を施したのは恐らく20年ぶりだと思います。新作が上映目前(製作当時)の今、本家サンダーバードキットにパネルシェードで塗装できたのはこの上ない喜びでした。スジ彫りが苦手な人でも意外と簡単にできる技法なので、皆さんもぜひお試しください。

サンダーバード2号4号

青島文化教材社 1/350スケール プラスチックキット

サンダーバード2号&4号

製作・文/桜井信之

サンダーバード2号&4号
●発売元/青島文化教材社●2860円、発売中●1/350●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Thunderbirds ™ and © ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

桜井信之(サクライノブユキ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年2月号

ご購入はこちら

20世紀「模型」少年雑記録

ご購入はこちら

ホビージャパン ヴィンテージ

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー