• HOME
  • 記事
  • フィギュア
  • 【ガメラ55周年記念特別企画】イリス降臨、京都決戦【角田勝成】塗装済みソフビ完成品をディオラマで楽しむ! その2【ガメラ55周年記念特別企画】イリス降臨、京都決戦【角田勝成】塗装済みソフビ完成品...【ガメラ55周年記念特別企画】イリス降臨、京都決戦【...

【ガメラ55周年記念特別企画】イリス降臨、京都決戦【角田勝成】
塗装済みソフビ完成品をディオラマで楽しむ! その2

2022.01.06

イリス降臨、京都決戦【CCP】 月刊ホビージャパン2022年2月号(12月25日発売)

イリス降臨、京都決戦

 1965年公開『大怪獣ガメラ』から55年。2021年11月までをガメラ生誕55周年と位置付け、イベント上映や商品展開などが行われてきた、我らが『ガメラ』。55周年を記念した2号連続ディオラマ企画第2弾は『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』のクライマックスシーンを選択。前回に続き、ディオラマビルダー角田勝成が、CCPのAMCシリーズ、ガメラ3(1999)を使った迫力ある情景を製作。躍動感溢れる完成度をじっくりお楽しみいただきたい。

イリス降臨、京都決戦 ディオラマ全体
ガメラ顔アップ
▲︎ガメラは口をさらに大きく開けた状態に改造。口内はエポパテでリアルに造形。下アゴはデザインナイフで削り少し薄く、3本のアゴヒゲもエポパテで再現した
爆発エフェクト
▲︎爆発エフェクトはスチロール球を大まかに切り出し、ライターの火で炙って表面をキャラメルコーティングして、グラデーション塗装で仕上げている
イリス降臨、京都決戦 後
▲︎京都の街並みを切り取ったベースに、商品のポージングを巧みに活用したダイナミックなガメラの構図が映えるディオラマ。サイズは横41cm×縦27.2cm×高さ27cmほどと、コンパクトに納まっている
トミーテック五重塔
▲︎五重塔はトミーテックのジオコレお寺C(五重の塔)を使用。イリスの触手で破壊された様子を表現。飛び出した木材は割箸を砕いて使用している
ジオコレ ホテル
▲︎ホテルもジオコレから。奥の家屋には自転車を立て掛けるなど表現も細やか
イリスの触手スクラッチ
イリスの触手 3種
イリスの触手

▲︎イリスの触手はエポパテとプラ棒からのスクラッチ

 CCPのブランド、AMCシリーズからガメラ3がガメラ2と同時リリースされますね。平成ガメラシリーズファンの私達にとってはまさに夢ようなラインナップ! 商品は全高20cmの大迫力のソフビ製塗装済み完成品。ポージングも今までにない、とても躍動感のあるものです。そこで今回は、この商品ポーズから想像を膨らませて、映画クライマックスシーンの京都を舞台とした、邪神〈イリス〉との激闘をディオラマで再現しました。
 ガメラは、より大きく口を開けたように改造。口内はエポパテで再現。下アゴは少し肉厚に感じたので、デザインナイフで調整。さらに3本のアゴヒゲも再現しました。手や脚は、ディオラマでのポーズに合わせて接着位置を変更。その際に出来てしまった隙間には、間着部の湯口バリを適当な大きさにカットしたものを詰めて塞いであります。さらにエポパテで体表ディテールを再現しました。 
 ディオラマは、いつもの木製パネルにスタイロフォームを貼り付けてベースにします。
 邪神〈イリス〉から狂ったように伸びる触手は、エポパテとプラ棒からのスクラッチ。ガメラの足元の爆発エフェクトはスチロール球を使用。大まかなカタチを削り出したら、ライターの火で炙って表面にキャラメルコーティングを施して表現しました。
 京都の街並みは、トミーテックのジオコレシリーズから、それらしいモノを選んであります。ガレキは石膏を薄く固めた後、砕いて見立てました。邪神〈イリス〉の触手の攻撃と爆発で、思わず退けるガメラをイメージして製作しましたが、いかがでしょうか?
 いつかまた、このCCPガメラシリーズを使用してディオラマを製作してみたいですね。

イリス降臨、京都決戦

CCP ノンスケール PVCモデル “Artistic Monsters Collection” ガメラ3(1999)使用

イリス降臨、京都決戦

ディオラマ製作・文/角田勝成

この記事が気に入ったらシェアしてください!

© KADOKAWA TNHN/1999

角田勝成(カクタカツナリ)

PAGE TOP
メニュー